アンニョンハセヨ? バレンタインデーにチョコレートを渡したり、もらったりした方はいらっしゃいますか? 前回の記事「チョコレートに添える韓国語のメッセージは」をご覧になって、実際カードを書いてみた方はいらっしゃいますでしょうか。きっと、喜ばれたのでは! と思います。お陰で恋が実りました、なんて方がいらっしゃったら、嬉しいですね。

さて、イベント尽くしの韓国は、バレンタインデーでは終わりません。そこで今回は、バレンタインデーと切っても切れないあるイベントについて、取り上げたいと思います。

まずはホワイトデー、そして……

キャンディーの花束
韓国風にアレンジした花束のようで……実はキャンディーの束!
3月14日は、韓国も「ホワイトデー(韓国語で화이트 데이/ファイトゥデイ)」です。どうやら日本の文化が入っていった模様。やはり日本と同じく、バレンタインデーにチョコレートを贈ってくれた女性へ、男性からお返しをする日。または、好意を持つ女性に、男性からプレゼントを贈る日です。

ホワイトデー前になると、繁華街やショッピングモールのファンシーショップや雑貨屋さんなどに、中高生の男の子達がグループで贈り物を買いに来ている、なんて微笑ましい光景にも出会います。贈るもの、贈り方は、やはり‘豪華で大きく!’という韓国文化ならでは。大きな花束を渡したり、派手にラッピングしたプレゼントを渡したり。または、前回の記事で紹介した「花かご(꽃 바구니/コッバグニ)」に、お花、香水、ぬいぐるみ、クッキー、キャンディー、チョコレートなどなど、思い思いのプレゼントを入れ(盛り?)、渡したりします。そう、そして、この日もバレンタインデーと同様、大きなプレゼントを持った仲の良さそうなカップルを見ることができますよ。

日本は、バレンタインデー、ホワイトデーと続くとイベントは一段落。しかし、韓国では4月14日にあるユニークなイベントが待っているのです。それは……、次のページで!