アメリカの出入国管理制度は、同時多発テロ事件以降、強化される一方。日本人留学生や長期滞在者にも、さまざまな影響を与えています。 これまでの動きを振り返ると共に、今後数ヵ月の間に予定されている重要な変更を確認してみましょう。

短期滞在者も入国時の指紋スキャン&顔写真撮影の対象に

写真のタイトル
この秋からは、観光でアメリカを訪れる人もUS-VISITプログラムの対象

アメリカでは、2004年1月5日から「US-VISITプログラム」と呼ばれる新しい出入国管理システム(※)が導入されました。対象者が入国する際には、顔写真や指紋が電子的にデータベースに記録されます。

※US-VISITプログラムに関する日本語情報は、米国国土安全保障省(Department of Homeland Security)ウェブサイトで公開中
 ⇒日本語パンフレット(PDFファイル)
 ⇒日本語音声ビデオ(画面をスクロールすると"Japanese"があります)

当初の対象は、非移民ビザを取得して入国する外国人(一部例外あり)。アメリカに入国する日本人の9割以上は、ビザ免除プログラム(Visa Waiver Program)による短期の観光・商用渡航者で、対象者はこれまで少数派でした。そのため、プログラムの内容をよく知らない人から、留学生や長期滞在者が奇異な目で見られることもあったようです。

アメリカ政府は、このUS-VISITプログラムの対象を2004年9月30日までに、ビザなしで入国する90日以内の短期滞在者にも広げる方針を発表しています。
 ⇒米国国土安全保障省ニュースリリース(英語)

これにより、日本人入国者のほとんどが、入国審査の際に指紋スキャン&顔写真撮影されることになります。出国を記録するセルフサービス端末機の導入も進行中。状況は刻々と変化しています。アメリカに渡航予定がある人は、常に最新情報のチェックを忘れずに!

非移民ビザ申請に新たな規定! 面接時には生体情報を収集>>