ページ: <1> →  2

海外生活経験者に「出発前の準備へのアドバイス」を聞いてみると、↓みんなが口を揃えて言うことが3つある。

 ■語学力を磨いておく
 ■お金を貯めておく
 ■日本のことを知っておく

最初の2つは、誰もが多かれ少なかれやっているのだが、「もっと努力してしっかりやっておけばよかった」いう反省だ。言葉やお金の準備をせずに出かける人はいないから、準備中の人だって、言われなくてもやっているだろう。

3つ目の「日本を知る」に関してはちょっぴり事情が違う。「出発前には、そんなことが大切だなんて夢にも思わなかった」という人が多いのだ。海外に目が向いている時期に、日本に興味を持てというほうがムリなのかもしれないが、現地で生活してみると、授業のプレゼンテーションなどで日本を紹介することもあれば、普段の会話の中で「日本はどう?」と質問されることもある。ごく普通のコミュニケーションの中で、日本のことを聞かれる機会が次々と何度もやってくるのだ。

外国人に日本のことを説明できる?

「日本人なんだから、日本の説明なんて簡単!」と思う人は、どこの国のものでもいいからガイドブックを開いてみよう。人口、面積、気候、通貨といった基本情報に加え、歴史、文化、政治、経済、宗教、民族、習慣・マナー、祝祭、食、治安など、その国を理解するためのさまざまな手がかりがたくさん載っているはずだ。果たして、日本について質問されたとき、それらの項目すべてに対して自信を持って答えることができるだろうか? 外国人相手に分かりやすく日本のことを説明するのがどれくらいタイヘンなことか、実際にやってみればすぐ分かる。たとえ自分が理解していることでも、だ。

「知らない」ではすまないことも……

旅行で訪れるだけでも、ガイドブックに載っているようなことを聞かれることはある。これが生活するとなると、税金や雇用、年金や保険など暮らしに関わる制度や、外交や環境問題など時事的なこと、歌舞伎や能に代表される伝統芸能まで、ありとあらゆる事柄が話題にのぼる。「日本のことならダイジョウブ!」と胸を張って答えられる日本人はどれくらいいるのだろう?

「よく知らないの。ごめんね」と笑ってすませることができればいいけれど、そうはいかないこともたくさんある。たとえば歴史。残念ながら、大事なことがすっぽり抜け落ちているのが、日本の教育の現状なのだ。わたしもそうだったけれど「いかに自分の国のことを知らないか」ということを海外で思い知らされる日本人は後を絶たない

次のページへ続きます→