アドゴニー・ロロ
アドゴニーさんと一緒にパチリ!
今回は、「さんまのSUPERからくりTV」などで活躍していたベナン共和国出身の外国人タレント、アドゴニー・ロロさんに話を伺いました。

アドゴニーさんは中国の大学院で4年間演劇の勉強をしていたという面白い経歴を持つ方です。そんなアドゴニーさんに「なぜ中国に留学しようと思ったのか?」「なぜ日本に来ようと思ったのか?」そして、「なぜ芸能界に入ることになったのか?」などを聞いてみました。

ガイド:アドゴニーは何ヶ国語がしゃべれるの?

アドゴニー:ベナンは母国語がたくさんあるから、それもいくつか話せるんだけど、母国語以外にちゃんと話せるのは5ヶ国語かな。フランス語、英語、スペイン語、中国語、そして、日本語。

それ以外にはあちこち行ったことある国の挨拶程度とか。。(笑)

ガイド:5ヶ国語ってすごいと思うんだけど、どこで学んだの?

アドゴニー:ベナンはフランス語圏だから、私たちの教育はすべてフランス語。

それで、中学からは英語、高校からはスペイン語を学びました。もちろん、学校で学んだのは文学だから会話じゃないんだけどね。

大学まではフランス語圏だったんだけど、大学を卒業してから中国の大学院に留学したので、そこで最初の1年間、語学学校で一生懸命中国語を学びました。

ガイド:外国語を話せるようになる秘訣はなんだと思う?

アドゴニー:一言で言えば、心。

オープンマインドでいることと思います。オープンマインドにしないと外国語は心に入ってこない。相手を知りたいと思うこと。そして、お互いに認め合うことが大切です。それがないと、外国語を話せるようには絶対ならないと思う。

あとは、新しい文化を知りたいという好奇心を持つこと。

次のページではアドゴニーさんが中国に留学していたときのことを聞いてみます。