「留学しよう!」と思ってから、実際に留学を実現するまでは、みなさんが思っている以上に準備期間が必要です。通常の語学留学であれば、それほど面倒ではありませんが、大学等への進学の場合は最低でも6ヶ月、通常は1年以上の準備が必要と言われています。

大学が要求する各種テストの受験なども必要で、そうした対策も考慮すると、さらに準備期間は遡ります。

ここでは、語学留学と海外大学留学について、それぞれの留学準備・留学までの流れについて紹介します。どのような手続きが必要なのか、概略を把握し、きちんとした計画を立てることから始めましょう。

もちろん、留学は目的ではなく、将来のビジョンに対しての手段ですから、まずは自身の目標となるものを見定めることも忘れてはいけません。

語学留学

留学までの流れ
3ヶ月未満の短期語学研修で、学生ビザの取得を要さない場合は、2~3ヶ月前から検討を始めてもスケジュール的には問題ありません
私立の語学学校への留学の場合は、自身の希望と合う学校を見つけることが最初のハードルで、学校が決まり、申込みを済ませれば、その後は学校からの指示で、ビザを取得したり、ホームステイの手配をしたりと、スケジュールに沿って準備を進めることができます。

入学日が限定的であるコースは少なく、ひと月の間に数回の入学日が設定されているため、渡航の時期を気にする必要はありませんし、渡航日の4~6ヵ月前から検討始めれば問題はありません。

ただし、公立の語学学校の場合(州立大学付属など)で、自身での手続きを行う場合は、学校オフィスとのやり取りに時間がかかる場合が多いため、もう少し余裕が必要です。

海外大学留学

大学留学は語学留学に比べると、かなり準備が煩雑になります。何を学ぶのか、どの学位の取得を目指すのか、また現在の英語力や予算など、希望・条件によって学校選びが異なるため、より早くからの準備が必要です。特に情報収集を始めるのに、早すぎるということはありません。

以下に、大学進学を目指す場合の大まかな流れを紹介します。入学する月、願書締切り日、付属の英語コースを経ての入学であれば、その英語学習期間など、大枠でのスケジュールをを把握に努めてください。

海外大学留学の流れ
1. 情報・資料の収集、検討
2. TOEFL、IELTSなどの各種試験を受験
3. 志望校をリストアップ
4. 必要書類を揃え、出願
5. 入学許可の出た大学の中から進学先を決定
6. パスポートやビザの取得
7. 渡航のための準備