温泉入浴指導員・温泉利用指導者

財団法人日本健康開発財団のウェブサイト
講習期間も受講料も講座内容も段違い
ラストは……ガーン! 今までのと全然毛色が違う! 財団法人日本健康開発財団の実施する、「温泉入浴指導員」と「温泉利用指導者」。厚生労働大臣認定の「温泉利用プログラム型健康増進施設」の認定要件として配置が義務付けられている資格なだけあって、普通にまじめな学問的な内容となってますね。

【温泉入浴指導員 試験情報】
  • 受講資格 特に制限なし

  • 受講料 36,750円

  • 受講日程 5月、7月、9月、11月、1月、3月(各2日間)

  • 受講申込 受講日の一週間前頃まで

  • 受講内容 健康学、温泉医学、入浴指導、救命実習など
【温泉利用指導者 試験情報】
  • 受講資格 保健師又は管理栄養士の資格を有する者、4年制体育系大学及び医学部保健学科卒業者など

  • 受講料 168,000円

  • 受講日程 2008年実施:2008年10月9日(木)~10月16日(木)(8日間)

  • 受講申込 2008年実施:2008年9月26日(金)まで

  • 受講内容 健康学、生理治療学、温泉医学、救急法など
温泉利用指導者は温泉入浴指導員の上級資格的な位置付けで、学歴や業務経験によって受講制限があったり、講習期間が8日間にも及んだり(以前は11日間だった!)と、あまりお手軽には手を出せなそうなプログラムに仕上がっています。どちらかというと医療・福祉系の資格ですね、これは……。

あとがき

全体的にあまりムフフな感じの仕上がりではなかったですが(笑)、他の受講者・受験者との交流が深められそうな催し的な側面の強い資格が多かったですね。資格を通じて、それ以上の何かとても大切なものが得られそうな……と言うとかっこつけすぎですかね。ということで、今回はこのへんで。


【関連ガイドサイト・チャネル】

【関連記事】
■旅行とか系の記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。