【防火管理者の義務】

ところで、これまで、ビル火災などが発生しても、防火管理者がここまで断罪される例は少なかったと思います。
新宿では、この火災以前にも44人が死亡する火災が起きており、警視庁としては防火管理に対する考え方を厳しくしはじめているのかもしれません。

私自身も現在の職場で防火管理者になっています。自営消防隊の隊長でもあり、定期的な防災訓練の指揮や、職場における避難誘導旗やヘルメット・避難対象者リストの更新など、さまざまな防火管理業務をこなしています。それでも、いざ災害が起こると、本当に死傷者が出ないかどうかはわかりません。
今回の歌舞伎町の例は、あまりにもずさんな管理であったのは事実でしょうが、それにしても、防火管理者の負う義務はきわめて重いと感じています。
巷には、マンションの住人が自ら住まうマンションの防火管理者として持ち回りで防火管理者になっている例もあるのではないでしょうか?もちろん無報酬で。そういった場合、今回のような義務があることを肝に銘じておく必要があります。

もっとも、防火管理者としての役割を理解し、ちゃんと手を打っていれば重い罪に問われるようなことは無いでしょう。何より、それがうまく行っていれば、火災が起こりにくく、避難誘導もスムーズに行くため、被害者も少なくてすむでしょう。防火管理者を引き受けている方は、もう一度自らが立てた防災計画を見直し、いざという時にあわてないですむようにした方がよさそうです。

【関連記事】

講習無料「防火管理者」とは?


<1ページ目へ>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。