「梅雨」は中国語?

日本の暦の中には中国から伝わったものがたくさん溶け込んでいます。
十干十二支や二十四節気、陰暦、中秋の名月や七夕など。それらは中国語読みもできますし、日中共通の文化として話題にしたり、違いを比較して楽しんだりすることができます。

関連記事:「節分」は中国で通じる?

それでは、「梅雨」はどうでしょうか?

いつからいつまでが梅雨?

そもそも「梅雨」とは、いつの時期を指すのでしょうか?

天気予報で「●●地方が梅雨入りしました」などと言われますし、時候のあいさつで「梅雨明け宣言が待たれます」という言葉も交わされますね。
そういうわけで、梅雨前線の登場や気圧配置を基に「梅雨の時期は気象庁が決めている」というのが一般的なイメージでしょう。

気象現象としての「梅雨」は、気象予報士の方にお聞きすれば厳密な定義を教えてもらえると思います。

しかし、ここで話題にしているのは暦の話ですので、気象現象としての梅雨についてはひとまず置いておきましょう。
暦の上では二十四節気を基に、梅雨の時期が決まっています。

芒種の後の壬の日が梅雨入り
小暑の後の壬の日が梅雨明け


参考:二十四節気についてfromこよみのページ

暦の上で決められている梅雨の時期には、他の説もあります。けれどそれほど大きな時期のずれはなく、いずれも陰暦の5月頃、現在の6月頃です。

さみだれ=五月雨=梅雨

中国語の話から逸れますが、日本語の「五月雨」と書く「さみだれ」は陰暦5月頃に降る長雨のことで、つまり梅雨と同じものなのです。

五月雨という言葉は、古くは古今和歌集に見ることができます。(これより古い時代にも使われていたかもしれませんが、現時点では調べきることができませんでした)

「さみだれ」という和語があったにも関わらず、現代で「梅雨」という言葉が一般的に使われるようになった背景には、中国語の影響がありそうです。

結局、「梅雨」は中国で通じるの?