゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。
 
 
1・できるだけ大きく粒のそろった栗を使います。ぬるま湯に1時間ほど浸けて皮(鬼皮)を柔らかくしておきます。   2・柔らかくなった栗の皮を平らな底面から包丁でむきます。指と栗にキズをつけないように注意してください。
 
 
3・鍋に水(1500cc)を入れ重曹を溶かしてから栗を加え中火にかけます。   4・沸騰しアクが出てきたら取り、中火で10分ほど茹で火を止めてしばらく冷まします。
 
 
5・ボールにぬるま湯を入れ指先で栗の渋皮をこするようにして取り除きます。渋皮の黒い筋は竹串などでキズをつけないように丁寧に取り除きます。   6・鍋に栗がかぶるくらいの水でひと煮立ちしてから火を止めしばらく置きます。まだまだ赤い煮汁です。もう一度鍋に水と栗を入れ火にかけひと煮立ちして火を止めます。煮汁が透明になるまでこれを3~4回繰り返します。渋皮の薄い皮も丁寧に取りのぞき、栗も柔らかくなったかを確認します。
 
 

7・鍋に栗がかぶるくらいの水を入れ、栗の半分の砂糖とブランディーも加え落とし蓋をして弱火で20分ほど煮ます。残りの砂糖も加え弱火で20分ほど煮ます。一晩そのままにして栗に味を染み込ませます。

  8・翌日再び同じように弱火でコトコトと20分ほど煮てしばらく置き味を染み込ませます。これを3~4回くらい繰り替えします。煮汁もずいぶんと煮詰まってきます。 次の日も同じように繰り返します。ポイントは弱火で煮立たせないで味を染み込ませます。
 
9・栗を取り出し煮汁が少しとろりとするまで煮詰めます。   10・保存容器に栗のシロップ煮を入れ冷蔵庫で保存します。手間はかかりますが手づくりの味覚が楽しめるマロングラッセ風栗菓子のでき上がりです♪
 
゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:...:*::・'゜☆。.:*゜'・:*:.。
 
 
 
(C)Oct.2005 Copyright Tamiko Kuroda