ゴールデンウイークから始まる五月・・・東京はもう初夏のよそおいを感じさせてくれる季節ですが、山里はようやく本格的な春の訪れの時期となります。
唐松が芽吹いて、山全体がぼんやりとした黄緑色に染まるこの時期、いちばん嬉しいのは、数々の山菜に巡り合えることです。
ところが山菜はいきなり山に入って、これは食べられる!これは食べられない!と見分けるのには経験が必要です。
そんな中で、ヨモギは一番身近で、山里に分け入らなくても、普段の生活圏でも手軽に手に入る山菜のひとつです。
万葉集に出てくる草摘みはヨモギを摘むことですし、乾燥したヨモギは漢方薬として薬局でも手に入ります。若い方には馴染みがないと思いますが、お灸に使うモグサもヨモギの葉なのです。
このヨモギを使って、ヨモギ餅や草モチと呼ばれる和菓子を作ってみましょう。

゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
※ヨモギの下ごしらえ※
 
スーパーのビニル袋一杯に摘んで約300グラムのヨモギとなります。16個のヨモギ餅を作るのには、これくらいのヨモギが必要です。
ヨモギに混ざったゴミをていねいに取り除き、柔らかい葉だけを選び、よく水洗いしてザルにあげておきます。
  5月頃に摘む新芽は、ほとんどアクもなく沸騰したお湯に塩一つまみとヨモギを入れて1~2分間茹でたら、すぐに冷水にとって冷まします。
大きく育ったヨモギは重曹を加えてアク抜きをします。
     
 
堅くしぼってから細かく刻んでおきます。これでヨモギの準備はOKです。    

※お餅の作り方※
 
上新粉250gに、熱湯200ccを少しずつ加えながらよく練り合わせます。   練り合わせた上新粉を小判形にまとめます。
     
 
蒸し器にフキンを敷き、小判形に練り上げた上新粉を10分間蒸します。蒸し上げたらボウルに張った水にさらして、やけどをしない程度まで冷まします。    

゚ '・:*:.。.:*:・'゚ ☆。.:*:...:*::・'゚ ☆。.:*゚ '・:*:.。
(C)May.2002 Copyright & Photo. Tamiko Kuroda