自分に合ったクレンジングを選びましょう

自分に合ったクレンジングを選びましょう

美肌をつくる最大のポイントは、トラブルに負けない強い素肌をつくること! 1日のメイクや皮脂汚れを落とし、肌を素の状態に戻す夜のクレンジングはとても大切な作業です。みなさんは普段どのようなクレンジング剤を使っていますか? 最近ではさまざまなタイプのものが発売されているので、どれが良いのかと迷っている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、クレンジングの種類と効果的な使用方法についてお話します。
 

5タイプの中から、自分に合ったクレンジングを選ぼう!

クレンジングの種類は主に以下の5タイプに分類されます。

■オイルタイプ
肌へのなじみがよく、濃いメイク汚れも素早く落ちる高い洗浄力が特徴。しかし洗い流した後にヌメヌメ感が残るため、ダブル洗顔が不可欠。

■ジェルタイプ
とろんとしているので肌に伸ばしやすく、なじみやすい。しかし油性のマスカラは落としにくいので専用クレンジングとの併用が有効。

■ミルクタイプ
さらさらとした使い心地で油分を落とし過ぎず、使用後の肌はしっとり。洗浄力は弱めだが肌への負担が少ないので、乾燥肌や敏感肌の人に特に適している。

■クリームタイプ
肌に伸ばしやすく液垂れしないので、マッサージクレンジングに適している。拭き取るタイプと洗い流すタイプがあるが、どちらも肌に負担が少なく使用後の肌はしっとり。

■シートタイプ
さっと拭き取るだけで洗顔も不要なので、場所を選ばずに使えて便利。水なしで気軽に使えるが、拭き取りによる摩擦が生じるため肌に負担がかかりやすい。

それぞれのクレンジングの特徴は理解できましたか? 気になったものは実際に使い、自分の肌との相性をチェックすることが大切です。季節によって変わる肌質や、その時のメイクの状態によって使い分けするのが賢い方法です。間違ったクレンジングは肌を痛め、トラブルの原因となります。

クレンジングの基本をしっかりと身に付け、健康でクリアな肌へと導きましょう!
 

基本は下から上へ、円を描くように
力を入れずにやさしくがポイント!

クレンジングを下から上へと馴染ませることで、毛穴の奥に入り込んだメイクや皮脂汚れをしっかりと浮き上がらせることができます。しかしその時はあくまでもやさしく。お肌に負担を掛けるゴシゴシ洗いは摩擦によって肌を痛めてしまい、トラブルを引き起こす原因となるので注意しましょう。

それではクレンジングの基本ステップをマスターしましょう!
まずは顎先から。皮ふを伸ばしながら隅々まで。

まずは顎先から。皮ふを伸ばしながら隅々まで。

Step1:まずは顎先からスタート。口の周りはくぼみも多いので、皮ふを伸ばしながら下から上へとクレンジング。細かい部分やデリケートな部分には、力の入りにくい薬指を使うのがベター。
 
基本は下から上へ。内から外へ優しく円を描きながら。

基本は下から上へ。内から外へ優しく円を描きながら。

  Step2:口角の溝から頬、小鼻から頬にかけては内側から外側へ円を描きながら、頬を持ち上げるようにクレンジング。下から上へがマッサージ効果となり血行が促進され、リフトアップにも繋がります。
 
皮脂汚れの溜まりやすい小鼻は念入りに!

皮脂汚れの溜まりやすい小鼻は念入りに!

  Step3:鼻からおでこにかけてのTゾーンは、最も肌トラブルの起こしやすい場所。汚れが溜まりやすいので落とし忘れのないように。しかし、ゴシゴシ洗いは厳禁です。おでこの皮膚は下がり気味なので、下から上にが効果的。
 
くすみがちな目元や口元は特に優しく、丁寧に!

くすみがちな目元や口元は特に優しく、丁寧に!

  Step4:ポイントメイクは最後に落とすのが重要。リップメイクは唇の縦の溝に沿って下から上へ優しく円を描くようにして、汚れをしっかりと浮き上がらせます。特に肌に負担のかかるマスカラは、肌への広がりを防ぐために一番最後に落としましょう! しかしクレンジング前に専用のリムーバーで汚れを落としておくことが最も理想です。

Step5:顔全体の汚れを浮かせたら、それぞれの製品に合った処置をします。洗い流す場合は、自分の肌温度よりも少し低い温度のお湯で洗い流します。拭き取る場合はコットンでもよいですが、お湯で濡らして固く絞ったタオルを使うのがオススメです。

クレンジングの基本ステップはマスターできましたか? 続いては素肌力をよりアップさせるポイントを紹介します。
 

ポイントメイクは専用リムーバーで先にオフが鉄則!

ポイントメイク専用のリムーバーをコットンにたっぷりつける

ポイントメイク専用のリムーバーをコットンにたっぷりつける


しっかりクレンジングしたはずなのに、アイメイクやリップメイクが肌に残っているのを発見したことはありませんか? 試しにクレンジング後、目の周辺を綿棒でなぞってみてください。目で見えていなくても汚れが残っている可能性が……。

目の周りの皮膚は薄く、とてもデリケート。メイクの汚れを落としきれずにいると日を追うごとに色素沈着が進み、くすみの原因となってしまいます。その原因をつくらないためにも、落としにくいポイントメイクは専用のリムーバーを使って丁寧に落としましょう!ちょっとしたクレンジング前のひと手間がよりクリアな肌へと導くのです。

頑固なマスカラ汚れには、リムーバー液をたっぷりとしみ込ませたコットンを使います。まつ毛を上下から挟んで、優しく拭き取ります。目の際などの細かい部分には綿棒を使うのがオススメ。アイシャドウやアイラインの溝に入り込んだ汚れも簡単に落とすことができます。ラメやグロスなど落ちにくいリップメイクも、専用のリムーバーを使って丁寧に落としましょう。リムーバー液をたっぷりしみ込ませたコットンを唇に押さえ、なじませた後に優しく拭き取るのがポイントです。

クレンジングで最も重要なのは、クレンジング剤や落とした汚れを一切肌に残さないこと! 毎日のケアでしっかりと汚れを落とすことを心がけましょう。健康でクリアな肌を保つことが、トラブルを寄せ付けない素肌力をアップさせるポイントなのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。