梅雨時期のヘアケア
梅雨時期に広がる髪。「湿気のせいだから仕方がない」とあきらめないで!
「湿気のせいだから、髪がまとまらないのは仕方がない」と、ヘアケアを放棄してしまったあなた。あきらめるのは、まだ早いですよ! きちんとヘアケアすれば、梅雨時期だってまとまる髪になれるんです。今回は、梅雨時期でも美しい髪で過ごすためのヘアケアのヒントをご紹介します。

キューティクルがはがれた部分から水分が浸入

前回の梅雨対策の記事で、髪が広がる原因は“毛髪のダメージ”であることをご紹介いたしました。キューティクルがはがれている部分から水分が入り込み、毛髪が膨張してうねりを起こし、全体が広がってしまう、というわけです。

反対に、梅雨時期に髪がぺたんとなるのが悩み、という方もいらっしゃいます。これは、毛髪が水分を吸収して重くなるために起きる症状で、髪のコシ・ハリがない方に多く見られます。

いずれも、キューティクルがはがれている部分から、毛髪の内部に水分が入ることが原因です。

水分を含んだ髪は伸びてしまう!

毛髪の適切な水分量は、12~13%が理想とされています。毛髪は35%ぐらいまで水分をためこむことができるため、湿気の多い梅雨時期は水分過多となってしまうというわけです。「髪が潤っているのだから、乾燥するよりも良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、毛髪が水分を含むことで起きやすいダメージもありますので、注意が必要です。

そのダメージとは、水分を含んだ毛髪は伸びるということ。水分を30%含んだ状態(=シャンプー時などの濡れている状態)の毛髪は、力をかけると1.5倍も伸びることがわかっています。毛髪は伸びると細くなるため、枝毛・切れ毛になりやすく、ダメージが進行してしまいます。そうなると、ますます髪がまとまらなくなる、という悪循環に陥ってしまうのです。

梅雨時期もブラッシングは欠かさずに

ただし、髪のダメージを気にして、梅雨時期にブラッシングを控えるのはかえって逆効果です。ブラッシングは、水分と皮脂をまんべんなく髪に広げる効果がありますので、髪の広がりを抑えることができます。合わせて、頭皮を刺激することで、皮脂の分泌や血行を促進し、健康な毛髪を生み出す頭皮にしてくれます。1日に数回、目の粗いブラシでやさしくブラッシングする習慣をつけましょう。

次ページでは、梅雨時期のドライヤーの使い方についてアドバイスいたします。