抜け毛予防
髪と頭皮を正しく手入れして、抜け毛の原因を防ぎましょう
「抜け毛」とは、抜けた後の毛のことを指します。頭皮から毛が抜ける状態を脱毛と言います。つまり、「抜け毛予防」とは、異常な抜け毛を予防し、脱毛させないためのケアというわけです。

まずは、抜け毛の原因となる頭皮のトラブルをあげてみましょう。

■フケ・かゆみ
頭皮の皮脂の分泌量が多くなると、皮脂に含まれる過酸化脂質が増加します。それが頭皮を刺激し、かゆみを引き起こします。頭皮をかくことで炎症がおき、フケの発生につながります。ちなみに、つめは頭皮以上に清潔ではないので、「頭をかく」という行為自体、控えた方が良いでしょう。

■細菌の繁殖
フケが多く発生すると、それを栄養源とする細菌(フケ菌)が繁殖します。その細菌が原因となって、さらに炎症が起き、頭皮のコンディションが悪化します。異常を感じたら、ひどくなる前に皮膚科に行きましょう。素人判断で薬を使うと、さらに悪化してしまうことがあります。

■乾性肌
逆に、洗髪のしすぎなど、何らかの原因で頭皮の皮脂が減りすぎると、肌と同じように「乾性肌」になってしまいます。そうなると表面の角質が剥がれ、頭皮内部の水分が蒸発してしまい、バリア機能が低下します。細菌や微生物が頭皮の中に入り込み、腫れなどの原因となります。

上記のほかに、アトピー性皮膚炎やアレルギーが原因で起こる皮膚炎も考えられます。これらも病院で適切に対処してください。

また、脱毛には季節的な要因も考えられます。通常、洗髪やブラッシングなどで自然に抜ける髪の毛は1日120本ぐらい。私どもの抜け毛調査によると、3月~8月にかけて、抜け毛が若干多いことがわかりました。動物と同じように、人間にも換羽(毛?)期があるのかもしれませんね。

上記のような頭皮のトラブルを起こさないためには、やはり頭皮を清潔にすることが一番です。髪と頭皮を正しく手入れして、頭皮トラブルが起こらないように心がけてください。

次ページでは、日ごろからできる頭皮のお手入れ方法をご紹介します。