生の桃を皮ごと使った夏向きアイスティー。まずは、できるだけ完熟した甘い桃を選び、アボカドを処理するように実の周りにぐるりと包丁を入れ、両手でひねるようにして種をはずします。片側に残った種は包丁などでくりぬきましょう。

使う茶葉は、セイロンやダージリンなどさっぱりとしたものが向いていますが、アールグレイなどの香り付きのものでもおいしくできます。

香りの出てしまった桃には、紅茶の香りがついています。そのままかじってもおいしいですが、ヨーグルトと一緒に食べたり、牛肉の煮込みに加えるとコクと甘みが出ておいしく使えます。

------○-●-○-●-○-●-○------
フレッシュピーチのアイスティー
serves 4
  • 完熟の桃 1個半
  • グラニュー糖 大さじ3(お好みで増やしても)
  • レモン 1/2個分
  • 紅茶の茶葉 好みのものを大さじ2
  1. 桃はガーゼなどでやさしくこするようにして流水の下でうぶ毛を取る。
  2. 周囲にぐるりと深く(種に刃先が当たるまで)切り込みを入れ、両手で左右を持ってひねるようにして種を取りのぞく。片側に残った種は、包丁でくりぬく。4等分の大きさにしてピッチャーに入れる。
  3. レモン汁とグラニュー糖を桃の上からふりかけ、500ccの沸騰したお湯で出した紅茶を注ぐ。あら熱が取れたら冷蔵庫で冷たく冷やす。
~BGM for Peach Tea~
時間がゆっくりと流れるデザートタイムに。

F. Chopin
Berceuse in Db, Op.57
(ショパン/子守歌)

【関連サイト】
フルフルゆらゆら揺れる、やわらか杏仁プリンもいかが?→→

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。