香りと柔らかさが特長で、春野菜の煮ものには欠かせない素材、新ごぼう。新ごぼうの目印は、みずみずしくて、長めの茎がついていることです。表面にひび割れなどがなく、あまり太すぎないものが良い新ごぼうの見分け方です。


新ごぼうはたわしで優しく洗って土を落としたら、包丁の背で皮をこそげ落とさなくてもそのまま使えます。水にさらしてアクを抜きますが、さらしすぎると香りがみんな飛んでしまいます!流水でさっと流す程度で大丈夫です。


さて、新ごぼうを使ってごぼうづくしのメニューを作ってみましょう!定番のキンピラ、和風だし仕立ては薄めに仕上げ、香りを大切に。ピーナッツオイルで風味を付けるサラダは新じゃがいと一緒に。土の香りが引き立ちます。ポタージュスープは冷たくしてもおいしい!汗ばむくらい暖かい日に。