★ひと鍋で3度楽しむおもてなし鍋~湯葉なべ~★

私のイチオシ鍋料理と言えば、この湯葉なべを置いてはありません!大きな土鍋を囲むのももちろん嫌いではありませんが、できれば一人分用の小さな鉄鍋(温泉旅館などでお馴染み。固形燃料タイプ。)がオススメ!おもてなしにもぴったり、ゲストもびっくり!のメニューです。実はこのお鍋、1度で3回楽しめるお得なお鍋なのです。

1)豆乳を沸騰させ、表面が固まったところをすかさず引き上げ
  できたてほやほやの湯葉をいただきます。

2)残った豆乳にだしを加え、野菜鍋として

3)最後の仕上げにたまご入りおじや

湯葉を食べ終わったあと、味付きのだしを加えて加熱すると、魔法のようにモロモロとした柔らかいお豆腐状のものが浮いてきます。これは、塩分にふくまれるにがり成分によるもの。野菜と一緒にすくって召し上がってくださいね。最近は豆乳も様々なタイプが出ていますが、引き上げ湯葉を楽しむ為にはなるべく濃いものを使いましょう。

私がオススメする豆乳は、京都の久在屋さん、とようけ屋さんのもの。久在屋さんの雅セットの中に、豆乳が入っています。

★京の地豆腐「久在屋」

そしてとようけ屋さんの黒豆豆乳はその名前の通り、黒豆を原料としたできたて豆乳。1本200円ですが、地方発送の場合、注文は合計額1500円以上で、とのこと。一緒に注文するなら、緑色の大豆で作られた青入道豆腐、や黒豆豆腐、甘湯葉やつまみ湯葉が私のイチオシです。

★京豆腐とようけ屋山本

詳しい「湯葉なべ」の作り方、そして使い終わった鉄鍋のお手入れ方法については次のページで。

NextPage→
【1/2