世界中のパワーエリートから高く支持されているデルタ航空のビジネスクラス「ビジネスエリート」。食事、シート、機内エンターテインメントなどエアラインのサービスの評価ポイントはいくつかに分かれますが、デルタ航空はどの部分がどう優れているのか? 2009年5月から週11便に増便された同社の主力路線、成田からアトランタへの便を利用し、実際にビジネスクラスのサービスを体験してみました。

── Page Index ──
【P.1】 空港での優先チェックインで旅がスタート
【P.2】 出発時間までは「デルタ・スカイクラブ」で
【P.3】 2006年春に乗務員のユニフォームを一新
【P.4】 客室を再設計し全シートを窓側か通路側に
【P.5】 新型シート搭載の777-200LRを順次導入
【P.6】 アトランタ国際空港を大規模リニューアル
【P.7】 デルタにとって「アジア」は重要マーケット
【P.8】 おすすめメニューをクルーがアドバイス
【P.9】 自由な社風が社員たちを“やる気”に



優先チェックインで旅がスタート

photo-1
ノースウエスト航空との合併で世界へネットワークを広げたデルタ航空

従来のビジネスクラスのサービスをワンランクもツーランクもグレードアップさせたというデルタ航空「ビジネスエリート」の旅は、到着した空港での優先チェックインからスタートします。

成田空港第1ターミナルに着くと、デルタ航空のカウンター前には専任のグランドスタッフが待機していました。ビジネスクラスの乗客一人ひとりに対して、搭乗手続きや荷物の預け入れなどを慣れた手つきでサポートしてくれます。さらに到着地であるアトランタ空港での入国手続きや、預けた荷物を受け取って空港を後にするまでの流れ、その他の注意点などについてもきめ細かくアドバイスされ、まさに至れり尽くせりのサービスでした。

担当のグランドスタッフは「最近はオンラインでのチェックインを済ませてこられる方も増えてきましたね」と話します。空港へ出発する前に自宅やオフィスのPCでデルタ航空のWebサイトにアクセス。そこでオンラインチェックインを済ませておけば、空港に到着してからの手続きが簡素化し、よりスムーズに旅を始めることができでしょう。その手順を、以下に簡単に説明すると──。

≫≫≫ 次のページは「デルタ・スカイクラブ」