ハロウィンは手作りキャンディーバッグで子供たちを喜ばせよう

キャンディーバッグ画像中央
キャンディーバックとしてはもちろん、飾り用にも。厚紙や空き箱、身近なものでハロウィンをもっと楽しく

ハロウィンの夜に、子供達がお菓子を詰め込む袋も、ハロウィン仕様に手作り。ちょっぴりユニークなコウモリ型と、空き箱を利用したタイプとをご紹介します。イロイロ作って、デコレーションに利用してもいいですね。

<目次>

ハロウィンの夜は、楽しい手作りバッグで

子供夏工作材料
空き箱も、リサイクル。身近な素材でハロウィンを楽しもう
難易度:★★☆☆☆
【準備するもの】
■厚紙
■空き箱
■接着剤や両面テープ
■はさみ
■リボンやモール など

コウモリ型か空き箱バックかで、準備するものは違ってきますので、詳しくは以下の手順を参考にしてください。小さなお子さまが作られる場合は、パパやママと一緒に、ケガをしないよう気をつけてくださいね。

 

コウモリのキャンディーバッグを作ろう

子供夏工作犬手順1
 
【手順1】
厚紙をコーン状にします。今回ガイドは、一辺が約32センチの厚紙で作りましたが、大きさはお好みで。内側はテープで固定し、表側はきれいに仕上げるために両面テープで張り合わせました。
 
子供夏工作犬手順2
 
【手順2】
コウモリの翼を作ります。大きさの目安は、タテ9.5×ヨコ25センチほど。出来上がったら、手順1で作ったコーンに両面テープで貼り付けます。
 
子供夏工作犬手順3
 
【手順3】
色紙で作った、目や口を貼ります。コーンの周りの長くとがった箇所は、画像のように、耳風に切りそろえます。モールやリボンで、持ち手を作って出来上がり。持ち手はテープで貼るか、または、厚紙に小さな穴を開けて通します。
 

空き箱を利用したキャンディーバッグ

子供夏工作犬手順1
 
【手順1】
空き箱の底に貼る厚紙を準備します。厚紙に空き箱の底の周囲を描き、それより5ミリほど大きめにカット。次に角を画像のように切っておきます。
 
子供夏工作犬手順2
 
【手順2】
手順1で準備した厚紙を、両面テープや接着剤で、箱の底に張り合わせます。
 
子供夏工作犬手順3
 
【手順3】
周囲にも厚紙を貼っていきます。全て貼り終われば、絵の具で色を塗っておきます。
 
子供夏工作犬手順3
 
【手順4】
絵の具が乾けば、お好みでハロウィンのモチーフを貼り、持ち手用にリボンを付けて出来上がり。リボンはテープで貼っても、穴を開けて通しても。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。