各著明な方の読者の多いメルマガで告知をお願いしました。当然皆さんボランティアです。

「もっと儲かりまっせ」の栗本さんや、「小さな会社の儲けのルール」の栢野さん。「インターネットは儲からない」の橘川さん、「売れる事業の選び方・始め方」の宇治川さん。お客さんを買う気にさせる法」の長谷川さん。「日経SmallBiz【 経営よもやま話 】の久米さんなどなど、これはかなり破壊力がありました。

最終学歴が高卒な無名な33歳である作者の処女本が、予約でベスト10入りしたわけですから前代未聞でしょう。

しかも丸坊主の博多在住(笑)

それから、四国のわらし仙人の薦めで、書店さまへ、FAXでの案内を掛けました。

後は本屋に寄れば、担当の方に丁寧に挨拶。しつこいセールスは厳禁。タンポポのように爽やかに。好青年を演出。

そうこうしてると、売れましてね、アマゾンから予約の段階で500冊オーバーの注文!イーエスブックは総合1位。

それで出版社もだんだん本腰が入ってきちゃって・・・

ズバーンと日経新聞の1面に広告、そしてよく4日後またまた日経に半五段で広告。それで紀伊国屋さんやブックファーストさんで、平積開始!

とんとん拍子ですね。おかげでアマゾンの総合ランキングに通算26日ランクイン中です。

質:これからネットで通販をはじめられる方へ、少ない経費で成果を出してゆくためのアドバイスを。

あせりは禁物。一発勝負も厳禁。

でも投下した広告費に比例して上がるのが売上。

テストテストで成果を確認しながら、精度を高め、命中率がある範囲を超えれば、今度は銀行からでもバーンと資金を調達してズドーンと勝負を掛けちゃってください。

その際に、広告が媒体に出たら、弱気は禁物。印刷が終わったら、新聞に掲載されたら、売れまくるイメージ。

電話の注文が引っ切りなしで鳴りまくるイメージ。あまりに莫大な宅急便のラベル打ち出しで、プリンターがぶっ壊れるイメージ。あまりの注文メールのために、メールサーバーがぶっ飛ぶくらいのイメージ。

と猛烈にポジティブに考えて、スタッフに夢を語ってください。


【関連サイト】
通販勝ち組が教える!「売れるしくみはこうつくれ」
■岡崎太郎さんのitmホームページ


よろしければガイドメルマガにお申込みください。特選コラム、藤田からの熱いメッセージをお届けします。損はさせません!(もちろん無料)
あなたの一票にもご参加いただけるとうれしいです!!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。