ホームページにアクセスしたら「DNSエラーです」と表示されました。この意味分かりますか?また、オンラインマークを取得しているWebサイトって、どんな意味があるか分かりますか?インターネットを使ったビジネスなどを行う場合、このような基本的なことを知っている必要があります。最近は○○検定がはやっていますが、ドットコムマスターは「インターネット検定」と言われ、インターネットの基礎から高度な知識まで、体系立てて身につけることができます。今回は、いきなりこのような高度な資格に挑戦するのではなく、まず自分の実力を判断し、弱い箇所を補強できるドットコムメイトについてご紹介します。

3つのステップ

ドットコムマスターには検定内容により、シングルスター、ダブルスター、トリプルスターの3段階があります。さらに、シングルスターよりも基礎的なことを検定する、ドットコムメイトがあります。ドットコムマスターは主に、インターネットの利用者やビジネスマン向けの資格ですが、ドットコムメイトはこれからパソコンやインターネットを使っていこうという方の実力を判定するものです。この検定を通じて自身のスキルを認識し、足りない知識を補っていくために役立ちます。つまり、ドットコムマスターへの橋渡的な検定だと言えますので、これから本格的にインターネットを使っていこうという方や学生、主婦などの方に最適でしょう。

ちなみに、バーチャルモールで有名な楽天では、新入社員の内定者には入社前にドットコムマスターを取らせるそうです。インターネット関連会社ならではのことですが、ネット関連以外の会社でもドットコムマスター取得を推奨しているところがあります。これからIT社会へ出られる方などは、まずはドットコムメイトから初めて、ドットコムマスターを目指してください。

ドットコムマスターとの関係
itkeiei
ドットコムメイトはWebから受検できる!

ドットコムメイトの特徴

このドットコムメイトには、次の特徴があります。

・インターネットを楽しく、安全に利用するための基礎知識を客観的に判定します。
・Web上で、いつでも気軽にチャレンジできます。
・判定結果により、弱みを補う学習ポイントがわかります
・ワンランク上の資格検定「.com Master ★」へのステップアップに活用できます。
(ドットコムマスターWebサイトより引用)
まずはメイトを受検して自分の弱いところを把握して、そこを重点的に克服することがいいでしょう。また、IT上級者を目指すためにドットコムマスターに挑戦する方は、試験対策にもなります。メイトはWebサイトから申込、Webサイトで受検が出来ますので気軽に受検することができますので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ドットコムメイトの概要


ドットコムメイトの勉強方法

ドットコムメイトを受検しよう!と思った方のために、テキストと教育プログラムをご紹介します。

・テキスト
.com Mate(ドットコムメイト)学習テキスト【改訂版】 価格 2,940(税込)
発売:NTT Com チェオ株式会社
インターネットを楽しく安全に楽しむために必要な基礎的知識が網羅されています。これからインターネットの勉強をしようという方のために、技術的知識やネットマナーなどが分かりやすく書かれています。まずはこのテキストで勉強してドットコムメイトを目指してください。

・教育プログラム
.com Mate(ドットコムメイト)e-ラーニング 価格 8,400(税込)
販売元:NTT Com チェオ株式会社
インターネットに接続されたパソコン上で実践的な問題を解きながら、知識を得ることができるeラーニングです。模擬テストやレッスンの評価を受けることが出来るので、繰り返し勉強することによりレベルがあがります。自宅で勉強できるので、仕事で忙しい方でも利用できるでしょう。

テキスト・eラーニング詳細


ドットコムメイトの申込方法

ドットコムメイトの受検申込手順は次の通りです。
(1)受検するパソコンの動作環境チェック
(2)電子メールアドレスの登録
(3)申込手続き案内メールの送付
(4)申込フォームの記入・登録
(ここでログインに必要なパスワードをご自身で設定する)
(5)クレジットカードによるオンライン決済、またはコンビニエンスストアでの支払い
(6)申込受領通知メールの送付
(受検番号とログインページのURLはメールに記載される)
(7)申込完了
(8)ログインして検定開始

実際に申し込方は、次のURLから始めてください。
実施要領と申込

今回は、ドットコムマスターを受検する前の、実力テストであるドットコムメイトについてご紹介しました。次回はドットコムマスターについても紹介していきますのでお楽しみに。

関連リンク
ドットコムメイトとは
ドットコムマスターを取ろう
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。