業界ニーズと検定の位置づけ

それでは次に、本検定とそれに対する企業や業界のニーズの対応を見てみます。

(1)シングルスターのスキルと職種
シングルスターの技術的スキルに加えて、対人スキル、インストラクションスキル、プレゼンテーションスキル、デザインスキルなどがあれば、IT関連販売員やインターネット設定サービス員、コールセンター要員、IT講習インストラクタ、Webデザイナなどの職種に対応できるでしょう。

(2)ダブルスターのスキルと職種
ダブルスターの技術的スキルに加えて、営業スキル、技術開発スキル、企画スキルなどがあれば、セールスエンジニア、システム管理者、SE、プログラマ、ネットワーク管理者、システムインテグレータなどの職種に対応できるでしょう。

(3)トリプルスターのスキルと職種
トリプルスターの技術的スキルに加えて、営業スキル、技術開発スキル、企画スキルがあれば、企業ネットワーク設計、上級SE、システム管理責任者、ネットワーク管理責任者などの職種に対応できるでしょう。
また、本検定のカリキュラム詳細は、こちらにありますので、受験のときの参考にしてください。

検定受験について

検定の受検方法には、コンピュータ版インターネット検定と、定期開催インターネット検定の2種類があります。

<コンピュータ版インターネット検定>
・グレード
 .com Master ★(ドットコムマスターシングルスター)のみの
・資格名
 .com Master ★ 2005
・検定日
 随時
・受験時間
 2部構成
 第1部 40問 60分
 休憩 30分
 第2部 60問 90分
・検定会場
 アール・プロメトリック株式会社の公認テストセンター
(平成16年12月現在で全国200ヵ所以上)
・申込
 こちからお申し込みください。

<定期開催インターネット検定>
第10回インターネット検定は、9月1日から10月31日が受付期間です。締切が迫っていますので、受験される方は、
"target="_blank">こちらをご覧下さい。

いずれにしても、インターネットの普及にともなり、企業でのネット活用ニーズは高まっています。ぜひ、ドットコムマスターを取得し、ネット利活用のスキルを向上させ自身のキャリアアップに役立ててください。

<関連リンク>
ドットコムマスター
ドットコムマスターを取ろう
ドットコムマスター受験体験記
ドットコムマスターに合格したら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。