横浜ならではのおすすめ土産

横浜へ来たら、横浜ならではのお土産を買いたいもの。数あるお土産品の中から“間違いない”逸品をご紹介します。実際にガイドも手土産にし、好評を得たものばかりです。※価格はすべて2016年4月現在

<目次>

絶対に喜ばれる、横浜の逸品スイーツ5選

気のきいた手土産にしたい、横浜ならではの“逸品”スイーツをご紹介します。

・ホテルニューグランド「クッキー」
ホテルニューグランド「クッキー(Sサイズ2000円、Lサイズ3800円、いずれも税別)」。上品なロイヤルブルーの缶入りundefined※画像はSサイズ(2015年10月1日撮影)

ホテルニューグランド「クッキー(Sサイズ2000円、Lサイズ3800円、いずれも税別)」。上品なロイヤルブルーの缶入り ※画像はSサイズ(2015年10月1日撮影)

昭和2年の開業当時から愛されている、ホテルニューグランドのクッキー。約60年前に現行のクラシカルな“ニューグランドスタイル”になったそうです。ちょっぴりハードタイプで、噛むごとに味わいが口いっぱいに広がります。
販売場所:本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」店頭サービスカウンター
URL:ホテルニューグランド
※くわしい内容は公式ガイドブログへ→ホテルニューグランド伝統・名物クッキーの販売が復活

  • 横浜かをり「桜ゼリー」
横浜かをり「桜ゼリー(2個入り810円~税込)」。八重桜の色が美しい逸品(2016年4月18日撮影)

横浜かをり「桜ゼリー(2個入り810円~税込)」。八重桜の色が美しい逸品(2016年4月18日撮影)

ホテル・洋食洋菓子発祥の地といわれる「山下町70番地」に建つ、横浜かをり。レーズンサンドが看板商品ですが、この桜ゼリーもおすすめ。店名の通り、香り高く、桜の彩りも美しい逸品です。
販売場所:本店(関内)、横浜タカシマヤ、そごう横浜店など横浜周辺のデパート、オンラインショップなど
URL:横浜かをり

  • 霧笛楼「横濱煉瓦」&「横濱白煉瓦」
霧笛楼「横濱煉瓦、横濱白煉瓦(各1個200円税別)」。レンガを思わせる箱に入っています(2016年4月18日撮影)

霧笛楼「横濱煉瓦、横濱白煉瓦(各1個200円税別)」。レンガを思わせる箱に入っています(2016年4月18日撮影)

元町の老舗フレンチレストランが発売する、お土産用フォンダンショコラ。チョコレートケーキにクルミソースなどがしみこんだ、上品な甘さです。ホワイトチョコ&ラズベリーのさっぱりした味わいで、しっとりした食感の半生焼菓子「横濱白煉瓦」とのセットがおすすめ。
販売場所:元町仏蘭西菓子店(元町)、横浜のデパート、横浜のお土産ショップ、オンラインショップなど
URL:横濱元町 霧笛楼

  • Eiko Morita「モトマチ塩プリン」
「モトマチ塩プリン(1個320円税別)」。プレーンのほか、シナモン(350円税別)や季節商品もあり(2012年4月11日撮影)

「モトマチ塩プリン(1個320円税別)」。プレーンのほか、シナモン(350円税別)や季節商品もあり(2012年4月11日撮影)

元町にあるフランス菓子・料理教室「Eiko Morita(エイコモリタ)」が発売するプリン。選び抜かれた卵とコクのある牛乳を使ったなめらかなプリンにフランス産の塩が入っています。土日祝のみオープンするサロン・ド・テ(13:00~18:00)で購入可。
販売場所:店舗(元町)、その他イベント時、オンラインショップ ※要問い合わせ
URL:Eiko Morita

  • 香炉庵「花元町」
元町・香炉庵といえば、どら焼き・生菓子が人気商品ですが、その和菓子の名店が作った1週間日持ちするお菓子が「花元町」。横浜港の浮玉がモチーフとなっていて、6種類のあんが楽しめる一口サイズのもなかです。6個入り800円~税別。
販売場所:本店(元町)、そごう横浜店(地下2階)、新横浜店(キュービックプラザ新横浜2階)東京駅グランスタ店(JR東京駅構内地下1階)、オンラインショップなど
URL:香炉庵

みんなで食べたい、横浜の定番スイーツ6選

会社で、友だちと、みんなで食べたい横浜の定番スイーツです。

  • メイドインヨコハマ「横浜シルクアーモンド」
「横浜シルクアーモンド(大箱150g1188円税込)」。ほどよい甘さでついつい食べてしまうおいしさundefined※小箱(50g432円)、筒(75g648円)、A5版海図ボックス入り(200g1836円)もあり(画像提供:エクスポート)

「横浜シルクアーモンド(大箱150g1188円税込)」。ほどよい甘さでついつい食べてしまうおいしさ ※小箱(50g432円)、筒(75g648円)、A5版海図ボックス入り(200g1836円)もあり(画像提供:エクスポート)

開港時、絹貿易で栄えた横浜ならではの「シルクパウダー」を使ったお菓子。香ばしいアーモンドがシルクパウダー&ミルクパウダーで包まれています。ほんのり甘くて何個でも食べられちゃうおいしさ。
販売場所:エクスポート各ショップ、横浜のお土産店、オンラインショップなど
URL:メイドインヨコハマ

  • 重慶飯店「大月餅」
重慶飯店「大月餅(黒餡、クルミ入り、栗入りなど600円~税別)」。ほどよい甘さの餡は誰にでも好かれる味わい(画像提供:重慶飯店)

重慶飯店「大月餅(黒餡、クルミ入り、栗入りなど600円~税別)」。ほどよい甘さの餡は誰にでも好かれる味わい(画像提供:重慶飯店)

中華街の定番お土産といえば、月餅(げっぺい)。近年は個別に配りやすいミニサイズもありますが、大きいサイズの月餅をみんなで切り分けて食べれば、楽しさも美味しさも倍増! 中国では、丸い月餅は家族が集まる中秋節に食べられる“縁起物”です。
販売場所:各店舗(横浜中華街ほか)、横浜のデパート、量販店、横浜のお土産ショップ、オンラインショップなど
URL:重慶飯店

  • ありあけ「ありあけ横濱ハーバー」
「ありあけ横濱ハーバー(5個入り825円税別)」。バッグ型のパッケージには横浜ゆかりの画家・柳原良平氏が描いたイラストが使われています(2016年4月18日撮影)

「ありあけ横濱ハーバー(5個入り825円税別)」。バッグ型のパッケージには横浜ゆかりの画家・柳原良平氏が描いたイラストが使われています(2016年4月18日撮影)

横浜土産の定番「ありあけのハーバー」。港町ヨコハマらしい、船を象った形とクリのツブツブ感がたまりません。2015年11月~、原材料のホイップクリームが北海道十勝産の生クリームに変更されておいしさ&しっとり感がアップ! ブラックココアを使った「黒船ショコラ」とのセットもおすすめ。また、地元企業やスポーツチーム、イベント等とタイアップした期間限定ハーバーもお見逃しなく。
販売場所:本店(日本大通り)および各店、横浜のデパート、量販店、横浜のお土産ショップ、オンラインショップなど
URL:ありあけ
※リニューアルについては公式ガイドブログへ→ありあけ横濱ハーバーがさらに美味しくリニューアル

  • 横濱フランセ「横濱ミルフィユ」
横濱フランセ「横濱ミルフィユ(6個入り600円税別)」。横浜の風景がデザインされたパッケージが人気(2016年4月18日撮影)

横濱フランセ「横濱ミルフィユ(6個入り600円税別)」。横浜の風景がデザインされたパッケージが人気(2016年4月18日撮影)

サクサクのパイ生地に「いちごクリーム」「ミルククリーム」「まっちゃクリーム」をサンドした横浜限定のミルフィユです。通常の「ミルフィユ」は全国で販売されていますが、こちらはパッケージや包み紙が港町横浜をイメージしたデザインになっているので、横浜ならではのお土産として人気。
販売場所:神奈川県内各店舗(横濱ミルフィユがない店舗もあります)、横浜のお土産ショップ、オンラインショップなど
URL:横濱フランセ

  • 馬車道十番館「ビスカウト」
馬車道十番館「ビスカウト(5枚入り750円税別)」。文明開化を象徴する「ガス灯」の模様がレトロなイメージ(2016年4月18日撮影)

馬車道十番館「ビスカウト(5枚入り750円税別)」。文明開化を象徴する「ガス灯」の模様がレトロなイメージ(2016年4月18日撮影)

サクサクした心地よい食感と素朴な味わいが人気のビスケット。レモン・チョコレート・ピーナッツの3種類のクリームがサンドされています。横浜発祥・ガス灯のレリーフが横浜のイメージにピッタリです。
販売場所:各店舗、横浜のデパート、横浜のお土産ショップ、オンラインショップなど
URL:馬車道十番館

  • えの木てい「横濱ローズサブレ」
えの木てい「横濱ローズサブレ(5枚入り620円税別)」。バラが描かれたパッケージも魅力(2016年4月18日撮影)

えの木てい「横濱ローズサブレ(5枚入り620円税別)」。バラが描かれたパッケージも魅力(2016年4月18日撮影)

横浜市の花・バラをかたどったサブレ。生地にはバラの花びらが入っていて、ほんのりバラの香りが。サクサクとした食感がたまりません。かわいらしいパッケージなので、女性へのプチギフトにもおすすめです。
販売場所:店舗(山手)、そごう横浜店(B2階)、タカシマヤフードメゾン新横浜店(3階)、横浜のお土産ショップ、オンラインショップなど
URL:えの木てい

次ページでは、スイーツ以外のグルメ系横浜土産と横浜グッズを紹介