デートにも! 横浜のおすすめ洋食店を厳選して紹介

横浜のおすすめ洋食屋さん 

横浜で食べたいレトロな洋食メニュー!

いち早く西洋文化を取り入れてきた港町・横浜には、昭和の香りが残るレトロなレストランから、洋食メニューを提供するホテルのレストラン、ショッピングモールの気軽なお店まで、さまざまな洋食店があります。「デートで行きたい」おすすめ洋食店を厳選して紹介。

<INDEX>
横浜の超定番! 老舗洋食店
  1. 洋食キムラ
  2. センターグリル
  3. グリル・エス

横浜のホテルでいただく洋食メニュー

  1. ホテルニューグランド コーヒーハウス「ザ・カフェ」
  2. ニューオータニイン横浜「THE sea」

横浜のショッピングモールにある気軽な洋食店

  1. 横濱たちばな亭
  2. KITCHEN JO'S
  3. ハングリータイガー

 

横浜の超定番! 老舗洋食店

横浜の数ある老舗洋食店の中から、「ここははずせない!」「定番」と呼ぶにふさわしい、看板メニューがあるお店を紹介します。
 

洋食キムラ:やわらかなハンバーグと自家製デミグラスソースの相性バツグン

洋食キムラ「ハンバーグセット(1320円税別)」(2015年5月23日撮影)

洋食キムラ「ハンバーグセット(1320円税別)」(2015年5月23日撮影)


昭和13年創業、3代続く洋食店「洋食キムラ」。看板メニューは「ハンバーグセット」で、貝殻型の鉄皿にのって、グツグツと音を立てながら運ばれてきます。スパイスやタマネギがたっぷり入ったハンバーグは、ほろほろとやわらかいのが特徴。表面を仮焼きした後、一晩寝かせてから本焼きするという、手間がかけられています。横につく卵は「貝殻に真珠」をイメージしているのだとか。

自家製デミグラスソースと混ぜながら食べると、マイルドな味わいに。セットでは、ライスかパンが選べますが、私はホカホカのパンを選ぶことが多いです。お皿に残ったデミグラスソースをパンにつけて食べるのが好きなので。
ややダークな昭和レトロなインテリア(2015年5月23日撮影)

ややダークな昭和レトロなインテリア(2015年5月23日撮影)

昭和13年創業の洋食キムラ。看板のデザインは「河童」で、芥川龍之介の小説がモチーフになっているそう(2015年5月23日撮影)

昭和13年創業の洋食キムラ。看板のデザインは「河童」で、芥川龍之介の小説がモチーフになっているそう(2015年5月23日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区野毛町1-3
営業時間:11:30~14:30、17:00~21:30 日・祝は11:30~20:30 ※L.O.は各30分前
TEL:045-231-8706
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)
アクセス:京急日ノ出町駅より徒歩約8分、JR桜木町駅、関内駅より徒歩約9分
地図:Googleマップ
URL:洋食キムラ(Retty)
※キュービックプラザ新横浜 9階レストラン街にある新横浜店でも、本店と同じ味が楽しめます。⇒キュービックプラザ新横浜
 

センターグリル:ケチャップ味+太麺の懐かしい味のナポリタンを

野毛・柳通りに昭和21年にオープンした「センターグリル」。2018年3月、隣接する建物とくっついて広くなりました!(2018年3月30日撮影)

野毛・柳通りに昭和21年にオープンした「センターグリル」。2018年3月、隣接する建物とくっついて広くなりました!(2018年3月30日撮影)


昭和21年、野毛・柳通りにオープンした洋食店。看板メニューは「ナポリタン」と「オムライス」です。

ナポリタンは、直径2.2mmの太麺を使用。ゆでた後に一晩寝かせることで、もちもちの食感になるのだとか。甘いケチャップ味で、懐かしさを感じます。
 
センターグリル「スパゲッティナポリタン(720円税込)」(2015年9月12日撮影)

センターグリル「スパゲッティナポリタン(720円税込)」(2015年9月12日撮影)


もうひとつの「オムライス」ですが、2種類あるのでご注意を。中が白いごはんの「オムライス」と、チキンライス(ケチャップ味)の「特製オムライス」です。白いごはんをふわふわ卵で包んだ「オムライス」、他ではなかなかお目にかかれないと思いませんか。

この「オムライス」とチキンカツ、サラダがワンプレートになっているメニューが「浜ランチ」です。メニュー名は「ランチ」ですが、終日提供されています。
 
センターグリル「浜ランチ(1050円税込)」(2015年9月12日撮影)

センターグリル「浜ランチ(1050円税込)」(2015年9月12日撮影)


2018年3月、隣接する建物とくっついて、本館が拡張! レトロな雰囲気はそのままに、1階、2階の席数が増えました。これに伴い、新館は閉店となりました。きれいになった「センターグリル」に足を運んでみてください。
 
拡張した2階の様子(2018年3月30日撮影)

拡張した2階の様子(2018年3月30日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区花咲町1-9
営業時間:11:00~21:00(L.O)
TEL:045-241-7327
定休日:月曜(祝日の場合は営業)
アクセス:横浜市営地下鉄 桜木町駅、京急 日ノ出町駅より徒歩約5分、JR桜木町駅、関内駅より徒歩約9分
地図:Googleマップ
URL:米国風洋食レストラン センターグリル

 

グリル・エス:ビッグサイズのオムライスをレトロな空間で

60年の歴史を感じさせる、グリル・エスの外観(2012年3月20日撮影)

60年の歴史を感じさせる、グリル・エスの外観(2012年3月20日撮影)


昭和29年創業、レンガの壁が印象的な馬車道の洋食店。こちらで人気なのは、ランチタイムに提供されている「オムライス」。卵4個、ごはん300gを使った、ビッグサイズです。角切りのロースハム、小エビ、マッシュルーム、グリーンピース。ケチャップがたっぷりとかかっています。厚みのあるふんわり卵がたまりません。
 
ビッグサイズのグリル・エス「オムライス(1200円税別)」(画像提供:グリル・エス)

ビッグサイズのグリル・エス「オムライス(1200円税別)」(画像提供:グリル・エス)


食べきる自信がない方は「小さ目で」とオーダーすれば、対応してもらえます。このほか、ランチタイムには、「ドライカレー」や「ハヤシライス」、「スパゲッティー イタリアン(ナポリタンのこと)」などがあります。

オムライスなどは、ディナータイムには単品ではオーダーできませんので、ランチタイムがお得です。
 
グリル・エス「サーロインステーキ(200g、5000円税別)」(画像提供:グリル・エス)

グリル・エス「サーロインステーキ(200g、5000円税別)」(画像提供:グリル・エス)


看板に書かれているのは「ステーキ&グリル」ということで、看板メニューは「ステーキ」。国産牛サーロインと牛フィレのA5ランクのお肉が使われています。「いつか食べてみたい」と思いつつ、なかなかチャンスがないのですが。
 
時間が止まったようなレトロな空間(画像提供:グリル・エス)

時間が止まったようなレトロな空間(画像提供:グリル・エス)


【DATA】
住所:横浜市中区相生町5-89
営業時間:月~金曜11:30~13:45(L.O)、17:00~21:30(L.O) 土曜・祝日11:30~13:45(L.O)、17:00~20:45(L.O)
TEL:045-681-2581
定休日:日曜、祝日の月曜
アクセス:みなとみらい線馬車道駅5番出口より徒歩約3分
地図:Googleマップ
URL:グリルエス(Retty)

 

ディナータイムなら……横浜のホテルでいただく洋食メニュー

横浜のホテルならではの洋食メニューの数々を紹介します。
 

ホテルニューグランド コーヒーハウス「ザ・カフェ」:クラシックホテルで発祥メニューを

昭和2年の開業当時の姿を残す、ホテルニューグランド本館(画像提供:ホテルニューグランド)

昭和2年の開業当時の姿を残す、ホテルニューグランド本館(画像提供:ホテルニューグランド)


日本の洋食メニューの定番となっている、「スパゲッティ ナポリタン」「シーフードドリア」「プリン ア ラ モード」は、ホテルニューグランドが発祥。80年以上続く、クラシックホテルならではの発祥メニューは、本館1階コーヒーハウス「ザ・カフェ」で食べることができます。
 
コーヒーハウスundefinedザ・カフェ「スパゲッティ ナポリタン(1800円税・サ料別)」(画像提供:ホテルニューグランド)

コーヒーハウス ザ・カフェ「スパゲッティ ナポリタン(1800円税・サ料別)」(画像提供:ホテルニューグランド)


「スパゲッティ ナポリタン」は、第二次世界大戦後、進駐軍の持ち込んだケチャップをヒントに、2代目総料理長の入江茂忠氏が考案したメニュー。ケチャップはあくまでも“ヒント”で1滴も使われておらず、ソースはフレッシュトマトなどで作られています。やわらかめのスパゲッティとの相性は抜群。具材はボンレスハム、フレッシュマッシュルームで、ホテルメイドの上品な味わいです。
コーヒーハウスundefinedザ・カフェ「シーフードドリア(2300円税・サ料別)」(画像提供:ホテルニューグランド)

コーヒーハウス ザ・カフェ「シーフードドリア(2300円税・サ料別)」(画像提供:ホテルニューグランド)


「シーフードドリア」は、体調を崩した宿泊客のために、喉の通りのよい食事をと、初代総料理長のサリー・ワイル氏によって創作されたメニュー。バターライスに小海老のクリーム煮をかけて焼き上げてあります。ホワイトソースは、とってもなめらか。「お客さまのために」という思いから生まれた、ホテル伝統のメニューです。
 
コーヒーハウスundefinedザ・カフェ「プリン ア ラ モード(1350円税・サ料別)」(画像提供:ホテルニューグランド)

コーヒーハウス ザ・カフェ「プリン ア ラ モード(1350円税・サ料別)」(画像提供:ホテルニューグランド)


「プリン ア ラ モード」は、第二次世界大戦後、GHQに接収されていた時期に、ビッグポーションを好むアメリカ人将校夫人たちを喜ばせたいと、当時のパティシエが考案したメニューです。自家製プリン&アイスクリーム、フルーツ、生クリームが一つのお皿に盛りつけられています。現在も、開業当時から使われているコルトンディッシュで提供されています。

【DATA】
住所:横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド本館1階
TEL:045-681-1841
営業時間:10:00~21:30(L.O. 21:00)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅1番出口より徒歩約1分
地図:Googleマップ
URL:コーヒーハウス ザ・カフェ
※横浜タカシマヤ8階 ローズダイニング内の姉妹店「ル グラン」でも、ホテル発祥メニューが提供されています

 

ニューオータニイン横浜「THE sea」:ニューオータニスタイルの下町洋食メニュー

約3mの高さがあるガラス窓の向こうには横浜の景色が一望(画像提供:ニューオータニイン横浜)

約3mの高さがあるガラス窓の向こうには横浜の景色が一望(画像提供:ニューオータニイン横浜)


2010年にJR桜木町駅前に開業したホテル、ニューオータニイン横浜。横浜が一望できるロケーションにあるレストラン「THE sea」では、ニューオータニスタイルにアレンジした洋食メニューがアラカルトで楽しめます。
 
THE sea「煮込みハンバーグ ビーフシチュー添え(2000円税・サ込、パンまたはライス付)」(画像提供:ニューオータニイン横浜)

THE sea「煮込みハンバーグ ビーフシチュー添え(2000円税・サ込、パンまたはライス付)」(画像提供:ニューオータニイン横浜)


「煮込みハンバーグ ビーフシチュー添え」では、しっとりジューシーなハンバーグと、ほろほろに煮込まれた柔らかいビーフ、2つの食感が愉しめる贅沢なメニュー。肉や野菜、ワインなど素材の旨みたっぷりのシチューとからめてどうぞ。

上記の洋食メニューは、ランチタイム<11:30 ~ 14:30(L.O.14:00 )>、ディナータイム<17:30~22:00(L.O.21:00)>にオーダー可。イベント時には通常メニューが提供されない場合もあります。

【DATA】
住所:横浜市中区桜木町1-1-7 ニューオータニイン横浜3階
TEL:045-210-0781
営業時間:7:00~22:00、Barタイムのみ金・土曜・祝前日は~23:00(L.O.閉店1時間前)
定休日:無休
アクセス:JR桜木町駅北改札・東口直結
地図:Googleマップ
URL:下町 DINING & CAFE THE sea

 

ランチを求めて立ち寄りたい、横浜のショッピングモールにある気軽な洋食店

気軽に立ち寄りたい、商業施設内にある洋食店を紹介します。
 

横濱たちばな亭:オムライスのカリスマがつくる、とろとろオムレツ

 

横浜赤レンガ倉庫2号館1階にある、フードコート形式で気軽に楽しめる洋食店。35万食超のオムライスを作り続けている、「オムライスのカリスマ」紺野賢一店長のもと、熟練スタッフがひとつひとつ作りあげる「洋食屋さんのオムレツライス」が一番人気。じっくり煮込んだデミグラスソースとトロトロ卵のマッチングがたまりません。ガラス窓の向こうで繰り広げられる調理パフォーマンスを、上の動画でご覧あれ。

 

横浜観光名所のひとつ、横浜赤レンガ倉庫。横濱たちばな亭は2号館1階にあります(2014年10月14日撮影)

横浜観光名所のひとつ、横浜赤レンガ倉庫。横濱たちばな亭は2号館1階にあります(2014年10月14日撮影)

横濱たちばな亭 横浜赤レンガ倉庫店「洋食屋さんのオムレツライス(880円税別)」(2015年9月16日撮影)

横濱たちばな亭 横浜赤レンガ倉庫店「洋食屋さんのオムレツライス(880円税別)」(2015年9月16日撮影)

フードコート形式になっているので、いろいろなメニューが気軽に楽しめます(2015年9月16日撮影)

フードコート形式になっているので、いろいろなメニューが気軽に楽しめます(2015年9月16日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区新港1-1-2 横浜赤レンガ倉庫2号館1階
TEL:045-650-8752
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線馬車道駅、日本大通り駅より徒歩約6分
地図:Googleマップ
URL:横濱たちばな亭
 

KITCHEN JO'S:大人の「お子さまランチ」を楽しもう

JR桜木町駅直結「シァル桜木町」にある洋食店「KITCHEN JO'SundefinedCIAL桜木町店」(画像提供:アメリカンハウス)

JR桜木町駅直結「シァル桜木町」にある洋食店「KITCHEN JO'S CIAL桜木町店」(画像提供:アメリカンハウス)


2014年7月にJR桜木町駅に直結する場所にオープンした商業施設「シァル桜木町」。野毛側にあるレストランエリア「停車場ビュッフェ」のひとつで、横浜・元町生まれの洋食店です。オムライスやナポリタン、ハンバーグなどが懐かしい銀のプレートで出てきます。
 
人気メニューがワンプレートになっている「元町プレートランチ(1200円税別)」(2015年9月18日撮影)

人気メニューがワンプレートになっている「元町プレートランチ(1200円税別)」(2015年9月18日撮影)


特におすすめしたいのが「元町プレートランチ」。ランチタイム限定メニューで、一番人気のオムライス(巻き)、ケチャップ味で太麺のナポリタン、サクサク&ジューシーなチキンカツ、コロコロのポテトサラダがワンプレートに盛り付けされています。まるで「大人のお子さまランチ」。ボリューム満点です。

ランチタイム以外には、巻きオムライスとフライなどがセットにできる「コンビネーションメニュー」がおすすめ。また、「巻きオムライス」だけでなく、とろとろ卵がのせてある「特製オムライス」もあり、こちらはデミソースかカレーソースが選べます。

駅直結なので、気軽に立ち寄れるのが便利です。
 
「KITCHEN JO'SundefinedCIAL桜木町店」はJR桜木町駅の野毛側にあります(画像提供:アメリカンハウス)

「KITCHEN JO'S CIAL桜木町店」はJR桜木町駅の野毛側にあります(画像提供:アメリカンハウス)


【DATA】
住所:横浜市中区桜木町1-1-84 シァル桜木町1階「停車場ビュッフェ」(野毛側)
TEL:045-228-9925
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
アクセス:JR桜木町駅直結
地図:Googleマップ
URL:KITCHEN JO'S CIAL桜木町店
 

ハングリータイガー:ラグビーボール型ハンバーグはハマっこのソウルフード

テーブルでカットされ、ジュウジュウと音と立てている約60秒間、大きな紙ナプキンを手で持ち上げてブロックするのが昔からのお約束です(画像提供:ハングリータイガー)

テーブルでカットされ、ジュウジュウと音と立てている約60秒間、大きな紙ナプキンを手で持ち上げてブロックするのが昔からのお約束です(画像提供:ハングリータイガー)


「ハマっこのソウルフード」と称される、ハングリータイガーのハンバーグステーキ。1969年に横浜・保土ヶ谷に誕生した同店では、当時から、牛肉100%でつなぎを一切使っていない、ラグビーボール型のハンバーグを高温の炭火でじっくり焼いてから鉄板で運び、テーブルの上で半分にカットして仕上げ、ソースをかける、というスタイルを貫いています。
 
「オリジナルハンバーグステーキ(220g、レギュラーセット<パンまたはライス、ドリンク>1690円、スペシャルセット<スープ&サラダ、パンまたはライス、ドリンク>2240円、単品1350円undefinedいずれも税込)」(画像提供:ハングリータイガー)

「オリジナルハンバーグステーキ(220g、レギュラーセット<パンまたはライス、ドリンク>1690円、スペシャルセット<スープ&サラダ、パンまたはライス、ドリンク>2240円、単品1350円 いずれも税込)」(画像提供:ハングリータイガー)


ハンバーグをひと口ほおばると、しっかりとしたお肉の食感が楽しめます。220gもあるので、ガッツリと「お肉が食べたい」時におすすめ。付け合わせは、ジャガイモ、インゲン、ミックスベジタブル、そしてソテーされたオニオン。さっぱりとした甘めのソースも昔から変わりません。
 
赤と黒を基調とした、ハングリータイガー横浜モアーズ店の店内(画像提供:ハングリータイガー)

赤と黒を基調とした、ハングリータイガー横浜モアーズ店の店内(画像提供:ハングリータイガー)


横浜モアーズ店では、店頭で整理券を発券するほかに、WEBで順番待ちの受け付けができます。目安の待ち時間までお店の前で並ばなくても、ショッピングなどをしながら待つことができますので、利用してみてはいかがでしょう。→順番受付

【DATA】
住所:横浜市西区南幸1-3-1 横浜モアーズ8階
TEL:045-311-9977
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:元日のみ休業
アクセス:横浜駅西口より徒歩約1分
地図:Googleマップ
URL:ハングリータイガー

横浜駅近から野毛、みなとみらい、馬車道まで、デートで行きたい、横浜の洋食店を紹介いたしました。週末に出かけてみては。

【関連サイト】
横浜の絶品・肉厚ハンバーガー3選!(2018年2月)
中華風カレーも!横浜のおすすめカレー店6選(2018年4月)
横浜のグルメ
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。