横浜に絶品パンケーキの新店が続々オープン!

横浜には近年パンケーキ・ホットケーキが食べられるカフェレストランが続々オープンしています。今回は2016~2018年に登場した絶品パンケーキのお店をご紹介。

<INDEX>
2017年~2018年にかけてオープンした新店 2016~2017年にオープンしたお店

2017年~2018年オープンのパンケーキが美味しいカフェレストラン

2017年~2018年にかけて登場した、横浜で美味しいパンケーキ、ホットケーキが食べられるカフェ、レストランを6軒紹介します。
 

【元町】FLIPPER'S(フリッパーズ)横浜元町店

元町ショッピングストリートに都内で人気の「FLIPPER'S(フリッパーズ)」が登場(2018年1月29日撮影)

元町ショッピングストリートに都内で人気の「FLIPPER'S(フリッパーズ)」が登場(2018年1月29日撮影)


横浜・元町ショッピングストリートにスフレパンケーキ専門店「FLIPPER'S(フリッパーズ)」が2018年1月25日にオープン! 下北沢・自由が丘・吉祥寺・代官山・名古屋に続き、国内6店舗目となります。

「奇跡のパンケーキ プレーン(1000円税別)」……ふわふわとした口どけが特徴。オリジナルメープルバタークリームと一緒にどうぞ(画像提供:FLIPPER'S)

「奇跡のパンケーキ プレーン(1000円税別)」……ふわふわとした口どけが特徴。オリジナルメープルバタークリームと一緒にどうぞ(画像提供:FLIPPER'S)


看板メニューは「奇跡のパンケーキ」。“最高の一皿”をコンセプトに、こだわりの素材を使用し、シンプルながらも素材本来の力を生かした製法で、新食感&新体験のスフレパンケーキです。オーダー後にメレンゲを立て、銅板の上でじっくり15分~20分ほど蒸し焼きに。ふわふわながら弾力があり、舌触りがきめ細かく、しっとりとした食感がたまりません!

期間限定メニューも見逃せない! 画像は「奇跡のパンケーキ 紅の夢アップルパイ(1400円税別)」。横浜元町店のオープンを記念した、2018年2月28日までの期間限定メニュー。スフレパンケーキ(3枚)の上に、赤い果肉の希少なりんご「紅の夢」と、ほどよい酸味が特徴の「紅玉」の2種類のリンゴのコンポート、バニラアイス・シナモンクリーム・パイがトッピング(2018年1月29日撮影)

期間限定メニューも見逃せない! 画像は「奇跡のパンケーキ 紅の夢アップルパイ(1400円税別)」。横浜元町店のオープンを記念した、2018年2月28日までの期間限定メニュー。スフレパンケーキ(3枚)の上に、赤い果肉の希少なりんご「紅の夢」と、ほどよい酸味が特徴の「紅玉」の2種類のリンゴのコンポート、バニラアイス・シナモンクリーム・パイがトッピング(2018年1月29日撮影)

カウンター席、テーブル席、ソファ席など全50席(2018年1月29日撮影)

カウンター席、テーブル席、ソファ席など全50席(2018年1月29日撮影)

テイクアウトカウンターでは、パンケーキパイ プレーン(250円)、パンケーキパイ ショコラ(350円)、奇跡のプリン(420円)、横浜元町店限定ソフトクリーム(280円)、コーヒー、紅茶(各300円)、タピオカミルクティー、タピオカ豆乳ほうじ茶(各420円)などを販売。※いずれも税別(2018年1月29日撮影)

テイクアウトカウンターでは、パンケーキパイ プレーン(250円)、パンケーキパイ ショコラ(350円)、奇跡のプリン(420円)、横浜元町店限定ソフトクリーム(280円)、コーヒー、紅茶(各300円)、タピオカミルクティー、タピオカ豆乳ほうじ茶(各420円)などを販売。※いずれも税別(2018年1月29日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区元町1-20-102
TEL:045-227-5076
営業時間:11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日:不定休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅 5番出口より徒歩約2分
URL:FLIPPER'S(フリッパーズ)
※さらに詳しい情報は⇒オールアバウト公式ガイドブログ「横浜ウォッチャー」

 

【横浜駅西口】HOUSE MADE(ハウスメイド)

「自家製」がコンセプトのカフェ食堂「HOUSE MADE(ハウスメイド)」(2018年1月19日撮影)

「自家製」がコンセプトのカフェ食堂「HOUSE MADE(ハウスメイド)」(2018年1月19日撮影)


ジョイナス地下1階「JOINUS DINING」に2017年10月31日にオープンしたカフェ食堂。「自家製」がコンセプトで、朝食から夕食まで幅広いニーズに対応するメニューがラインナップしています。名物メニューはハンバーグですが、小鍋で焼き上げるというパンケーキがとにかくボリューム満点なのです。

チョコナッツホットケーキ(1180円)……ふわふわながら、しっかりと目のつまった生地でおなかいっぱいに!(2018年1月19日撮影)

チョコナッツホットケーキ(1180円)……ふわふわながら、しっかりと目のつまった生地でおなかいっぱいに!(2018年1月19日撮影)


パンケーキのメニューは、メイプル&バターパンケーキ(950円)、ソフトクリームホットケーキ(980円)、チョコナッツホットケーキ(1180円)、キャラメルバナナホットケーキ(1180円)の4種類。直径約20cm、高さ約6cm。あらかじめ4つに切ってあります。ふわふわながら、しっかりと目のつまった生地でおなかがいっぱいになりました! ランチ替わりにおすすめです。

朝から夜まで、さまざまなシーンに対応するメニューがいろいろ(2018年1月19日撮影)

朝から夜まで、さまざまなシーンに対応するメニューがいろいろ(2018年1月19日撮影)


朝7:00からオープンしていて、10:00までは分厚いトーストセット(500円)が人気だそうです。

【DATA】
住所:横浜市西区南幸1-5-1JOINUS 地下1F「JOINUS DINING」
TEL:045-534-8620
営業時間:朝食7:00~10:00、ランチ10:00~15:00、ティー15:00~17:00、ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休
アクセス:横浜駅直結
URL:HOUSE MADE(ハウスメイド)
 

【元町・中華街】CANTIK-MANIS (チャンティックマニス)

レトロなビルの2階にある和カフェ「CANTIK-MANIS (チャンティックマニス)」(2018年1月23日撮影)

レトロなビルの2階にある和カフェ「CANTIK-MANIS (チャンティックマニス)」(2018年1月23日撮影)


2017年7月9日にみなとみらい線 元町・中華街駅近くにオープンした、和カフェ。ビル2階にあり、「隠れ家的」という表現がピッタリです。

米粉を使ったさくら型のパンケーキが評判で、パンケーキ8種類(プレーン、かぼちゃ、抹茶、よもぎ、ほうじ茶、ココア、さくら、紫いも)+アイスクリーム8種類(いちご、黒ごま、抹茶、かぼちゃ、バニラ、チョコ、紫いも、ほうじ茶)、各1種類ずつ、計64種類の組み合わせの中から好きな1つを選べます。オーダー後にメレンゲを立てて焼き始めるので、15分ぐらい時間がかかります。

米粉のさくら型スフレパンケーキ(980円)。「さくら味」×「抹茶アイス」の組み合わせ(2018年1月23日撮影)

米粉のさくら型スフレパンケーキ(980円)。「さくら味」×「抹茶アイス」の組み合わせ(2018年1月23日撮影)


米粉を使ったスフレパンケーキは、しっとりしていて弾力があります。生地にバターは使われておらず、口どけのよい、軽やかな味わい。添えられている生クリームとアイスクリームをつけて食べると、ちょうどよい甘さに。「罪悪感の少ない」パンケーキだと思います。茶葉や豆にこだわったドリンク(+200円)と一緒にぜひ。

店内はギャラリーを兼ねていて、アートの展示・販売も行われています(2018年1月23日撮影)

店内はギャラリーを兼ねていて、アートの展示・販売も行われています(2018年1月23日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区山下町98 GSハイム山下町2階
TEL:045-264-8396
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:30)
定休日:不定休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅 3番出口より徒歩約2分
URL:CANTIK-MANIS (チャンティックマニス)
※さらに詳しい情報は⇒オールアバウト公式ガイドブログ「横浜ウォッチャー」

 

【みなとみらい】Merengue(メレンゲ)みなとみらい店

オフィス街にオープンした、ハワイアンカフェ「Merengue(メレンゲ)みなとみらい店」(2017年6月12日撮影)

オフィス街にオープンした、ハワイアンカフェ「Merengue(メレンゲ)みなとみらい店」(2017年6月12日撮影)


2017年6月16日にグランドオープンした「横浜野村ビル」1階にあるハワイアンカフェ&レストラン。ゆったりとしたハワイリゾートの雰囲気の中、手作りにこだわったロコフードが楽しめます。

看板メニューは、生地にたっぷりのメレンゲ(=泡立てた卵白)を使った、マシュマロのようなパンケーキです。日本一ふわっふわなパンケーキを提供したい、という思いから「つくりたて、焼きたて」にこだわり、オーダー後に、ふんわりツヤツヤのメレンゲを立てるところから始めるので、焼き上がるまでに約20~30分ほどかかります。パンケーキを焼くことができるのは「マイスターバッジ」をつけた厳しい社内規定をクリアしたスタッフだけだそう。

ハワイアンフルーツパンケーキ(1350円)+コナ・ブレンド オリジナルコーヒー(450円undefined※10:00~15:00はグランドメニューに+280円で提供)(2017年6月12日撮影)

ハワイアンフルーツパンケーキ(1350円)+コナ・ブレンド オリジナルコーヒー(450円 ※10:00~15:00はグランドメニューに+280円で提供)(2017年6月12日撮影)


パンケーキの厚みは約2.5cm、全部で3枚。パンケーキそのものは甘さ控えめなので、フルーツの甘さが引き立ちます。1枚目はそのまま、2枚目からはメープルシロップをかけて。トッピングされているクランブルがアクセントになり、あっという間に完食してしまいました。

ハワイの雰囲気たっぷりの空間(2017年6月12日撮影)

ハワイの雰囲気たっぷりの空間(2017年6月12日撮影)


ナチュラルな自然光が差し込む、グリーンに囲まれた空間で、ハワイの風を感じてみては。

【DATA】
住所:横浜市西区みなとみらい4-4-1 横浜野村ビル1階
TEL:045-227-2171
営業時間:8:00~22:00(L.O.21:30、フードL.O.21:00)
定休日:不定休
アクセス:みなとみらい線 新高島駅 徒歩5分
URL:Merengue(メレンゲ)
※さらに詳しい情報は⇒オールアバウト公式ガイドブログ「横浜ウォッチャー」

 

【横浜駅東口】tables cook&LIVING HOUSE (タブレスクック&リビングハウス)

インテリアショップ「リビングハウス」併設のカフェ「tables cook&LIVING HOUSE (タブレスクック&リビングハウス)」(2017年4月28日撮影)

インテリアショップ「リビングハウス」併設のカフェ「tables cook&LIVING HOUSE (タブレスクック&リビングハウス)」(2017年4月28日撮影)


横浜駅東口のショッピングモール・横浜ベイクォーター4階に、2017年4月28日にオープンした大阪・南堀江発のインテリアショップ「リビングハウス」併設のオールデイカフェ。フレンチ出身のシェフが、神奈川県産の野菜などを使い、世界各国のエッセンスを取り入れた自由な発想で作る「大人の女性のための料理」が楽しめます。

店内には、インテリアショップ併設のカフェならではのファニチャーが並び、どんなシーンでもくつろぎながら過ごせそう(2017年4月28日撮影)

店内には、インテリアショップ併設のカフェならではのファニチャーが並び、どんなシーンでもくつろぎながら過ごせそう(2017年4月28日撮影)


評判のパンケーキは、生地にクリームチーズを練り込んであり、薄めのタイプなのにふんわり、やわらか。パンケーキのメニューは、オーガニックメイプル&AOPバター(980円)、ブルーベリーコンポート&AOPバター(980円)、バナナキャラメリゼ(1080円)、ストロベリーミルク(1080円)、コームハニー&フレッシュフルーツ(1380円)があります。好みに応じて、オーガニックメイプルやAOPバター(フランス ポワトゥー・シャラントゥ地方で昔ながらの製法で作られた貴重な発酵バター)などのトッピングが追加オーダー可能です。

コームハニー&フレッシュフルーツ(1380円)……ミツバチの巣蜜「コームハニー」とフレッシュフルーツ、ホイップクリームが添えてあります(2017年4月28日撮影)

コームハニー&フレッシュフルーツ(1380円)……ミツバチの巣蜜「コームハニー」とフレッシュフルーツ、ホイップクリームが添えてあります(2017年4月28日撮影)


パンケーキのほかにも、野菜にこだわったパスタやサラダ、グリルなどの料理も豊富で、ランチはもちろん、女子会や「会社帰りにワインとおつまみ」など、いろいろなシチュエーションで使えます。

【DATA】
住所:横浜市神奈川区金港町1-10 横浜ベイクォーター 4階
TEL:045-620-8970
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00) ※ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休
アクセス:横浜駅きた東口Aからベイクォーターウォークで徒歩約3分
URL:tables cook&LIVING HOUSE (タブレスクック&リビングハウス)

【みなとみらい】gram(グラム)みなとみらい店

横浜ワールドポーターズ5階にあるパンケーキカフェ「gram(グラム)」(2018年2月7日撮影)

横浜ワールドポーターズ5階にあるパンケーキカフェ「gram(グラム)」(2018年2月7日撮影)


2017年4月21日に横浜ワールドポーターズ5階にオープンした、大阪生まれのパンケーキカフェ。素材にこだわり、オーダー後に1枚1枚ていねいに焼かれるパンケーキは、いろいろな種類があります。

1日3回(11:00~、15:00~、18:00~)、各20食限定で提供される「プレミアムパンケーキ(950円)」(2018年2月7日撮影)

1日3回(11:00~、15:00~、18:00~)、各20食限定で提供される「プレミアムパンケーキ(950円)」(2018年2月7日撮影)


中でも大人気なのが「プレミアムパンケーキ(950円)」。1日3回(11:00~、15:00~、18:00~)、各20食限定で提供されるというもの。事前受付を行うので、各時間の前に到着しておくことをおすすめします。受付後に生地から作って焼きあげるため、席についてから20~30分ほどかかります。1回に5人分しか作れないため、さらに時間がかかることもあるそうです。しかし、待ってでも食べたいほど、他店にはない、ぷるぷる食感のパンケーキです。

運ばれてくるところから、ぷるぷる……! 大きさは直径約8cm、高さは3枚重ねで10cm以上。パンケーキの上にのっているのはバターで、ホイップクリームとメイプルシロップが添えられています。

まずはバターのみで。スフレよりも繊細で、口の中でふわっと消えるような軽い生地です。2枚目からはホイップクリームやメイプルシロップをかけていただきました。「プレミアム」の名にふさわしい、スペシャルな味わいでした。

白いナチュラルな壁で落ち着いた雰囲気(2018年2月7日撮影)

白いナチュラルな壁で落ち着いた雰囲気(2018年2月7日撮影)


「プレミアムパンケーキ」のほかにも、スイーツ系や食事系のメニューも豊富なので、食べてみたいです。

【DATA】
住所:横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ 5階
TEL:045-264-8109
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休
アクセス:みなとみらい線 みなとみらい駅または馬車道駅から徒歩約5分
URL:gram(グラム)

2016年~2017年オープンのパンケーキ、ホットケーキが美味しいカフェレストラン

2016年~2017年にかけて登場した、横浜で美味しいパンケーキ、ホットケーキが食べられるカフェ、レストランを5軒紹介します。

【横浜中華街】幸せのパンケーキ 横浜中華街店

行列の絶えないふわふわパンケーキの人気店が横浜中華街に出店(2017年1月19日撮影)

行列の絶えないふわふわパンケーキの人気店が横浜中華街に出店(2017年1月19日撮影)


大阪で誕生し、行列の絶えない人気店「幸せのパンケーキ」が、2017年1月、横浜に初進出。店名にもなっている「幸せのパンケーキ」は、厚みがあり、しっとり・ふわふわ、スフレのような食感が特徴です。表面は弾力があって形が崩れないのに、ナイフでカットすると、中は驚きのやわらかさ。ベーキングパウダーは使わず、厳選した国産小麦粉と契約養鶏所から取り寄せる新鮮な卵をしっかりと泡立て、低温で20分かけてじっくりと焼き上げることで、実現しています。
店名にもなっている、一番人気の「幸せのパンケーキ(1100円)」。3cmほどの厚みがあるパンケーキが3枚も(2017年1月20日)

店名にもなっている、一番人気の「幸せのパンケーキ(1100円)」。3cmほどの厚みがあるパンケーキが3枚も(2017年1月20日)


トッピングされているのは、北海道産の生乳で作った発酵バターとニュージーランドから直輸入した高純度のマヌカハニーをブレンドしたホイップクリーム。ふわふわのパンケーキとの相性はバツグン。ほろ苦いカラメルソースもたっぷりとかけて。これまで味わったことのない、名前の通り「幸せ」が感じられるパンケーキです。

14:30までは、Meal Pancake(お食事パンケーキ)の提供も。こちらは100%全粒粉の生地で、オムレツやスクランブルエッグなどとセットになっています。こちらもふわふわ食感なので、味わってみては。
期間限定の「国産いちごのストロベリーチーズフォンデュパンケーキ(1480円)」。生クリームがトッピングされ、クリームチーズが添えてあります(画像提供:幸せのパンケーキ)

期間限定の「国産いちごのストロベリーチーズフォンデュパンケーキ(1480円)」。生クリームがトッピングされ、クリームチーズが添えてあります(画像提供:幸せのパンケーキ)

ナチュラルな雰囲気のインテリアが印象的(2017年1月13日撮影)

ナチュラルな雰囲気のインテリアが印象的(2017年1月13日撮影)

ハンモック席があるのは横浜中華街店だけ!undefinedとってもくつろげそう(2017年1月13日撮影)

ハンモック席があるのは横浜中華街店だけ! とってもくつろげそう(2017年1月13日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区山下町97 一石屋ビル1階
TEL:045-681-8686 ※平日のみWEBにて予約受付可
営業時間:平日10:00~20:00(L.O.19:15)、土日祝10:00~20:30(L.O.19:40)
定休日:不定休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅3番出口から徒歩約3分
地図:Yahoo!地図
URL:幸せのパンケーキ


【横浜中華街】CHILLULU COFFEE(チルルコーヒー)

横浜中華街に2016年12月にオープンしたカフェ。2階はホステル(=簡易宿泊所)になっており、カフェはフロントを兼ねています。
駐車場だったスペースに建てられた「CHILLULU COFFEE & HOSTEL」(画像提供:CHILLULU COFFEE)

駐車場だったスペースに建てられた「CHILLULU COFFEE & HOSTEL」(画像提供:CHILLULU COFFEE)


特製ホットケーキは、オーダー後に焼き始めるため、15分ほどかかります。きめの細かい小麦粉が入ったオリジナルミックスを使っており、鮮度を保つため、その日に使う分のみ仕込んでいるとのこと。専用の銅板で、熟練スタッフが焼き上げる姿を見ながら待ちましょう。
特製ホットケーキ(600円)。シロップはメイプルとはちみつのどちらかが選べます。濃厚な味わいのブレンド珈琲(450円)とともに(2017年1月13日撮影)

特製ホットケーキ(600円)。シロップはメイプルとはちみつのどちらかが選べます。濃厚な味わいのブレンド珈琲(450円)とともに(2017年1月13日撮影)


ホットケーキは1.5cmほどの厚みがあり、2枚重ねになっています。ナイフを入れると、外はさっくり、中はふんわり。絵に描いたような美しい姿のホットケーキ、シロップをたっぷりかけてどうぞ。

ホットケーキと合わせたいのは、濃厚な味わいのブレンド珈琲。オーナーが日本中のコーヒーを飲み歩き、「ここ」と決めた老舗ロースターで修業、自分のコーヒーを追い求めて辿り着いた味。中南米原産のフェアトレードの最高級豆(取材時はグァテマラ、ニカラグア、コロンビアの豆を使用)を独自焙煎しています。最強コンビのホットケーキ&コーヒー、お試しあれ。
店内は大小のテーブル席があり、大きなテーブルには電源がたくさん。Wi-Fiにも接続OK。屋外のテラス席もあり(2017年1月13日撮影)

店内は大小のテーブル席があり、大きなテーブルには電源がたくさん。Wi-Fiにも接続OK。屋外のテラス席もあり(2017年1月13日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区山下町188-12 CHILLULU ビル1F
TEL:045-319-4451
営業時間:8:30~20:30
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩約4分
地図:Yahoo!地図
URL:チルルコーヒー

【山下公園】ホテルニューグランド コーヒーハウス「ザ・カフェ」

日本を代表するクラシックホテルであるホテルニューグランド外観(画像提供:ホテルニューグランド)

日本を代表するクラシックホテルであるホテルニューグランド外観(画像提供:ホテルニューグランド)


昭和2年に開業した、ホテル ニューグランド。開業当時の意匠や雰囲気をそのままに残す本館は、2016年10月に耐震性を高めるための工事が完了し、リニューアルオープンしました。本館1階にあるコーヒーハウス ザ・カフェでは、改装に合わせて、新しいメニューが登場。そのひとつがパンケーキです。
本館1階のコーヒーハウス ザ・カフェもより明るい雰囲気にリニューアル(2016年10月3日撮影)

本館1階のコーヒーハウス ザ・カフェもより明るい雰囲気にリニューアル(2016年10月3日撮影)


ホテルに伝わるレシピで作られたパンケーキは、薄めのスタイルで3枚。上にはホテル特製プラムがのっています。ナイフをいれると、ふんわり、しっとり。生地だけほおばっても「美味しい~」と笑顔になってしまう、上質な味わいです。原田パティシェに話を伺うと、「特筆すべき材料は使っていませんが、焼き加減には熟練を要します」とのこと。厚い鉄板で焼き上げるため、こんなに美しい焼き色に。
お客さまの要望で「ザ・カフェ」にパンケーキが登場!undefined美しい焼き色が上品(2017年1月19日撮影)

お客さまの要望で「ザ・カフェ」にパンケーキが登場! 美しい焼き色が上品(2017年1月19日撮影)


添えられているのは、ホイップクリーム、シロップ、はちみつ。どれも軽い味わいで、パンケーキにマッチします。食後でも“別腹”で入ってしまいますよ(笑)。とっておきのティータイムにどうぞ。
パンケーキ(1296円)、コーヒー(810円、おかわり可)※価格は税込、サ料別(2017年1月19日撮影)

パンケーキ(1296円)、コーヒー(810円、おかわり可)※価格は税込、サ料別(2017年1月19日撮影)


【DATA】
住所:横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド本館1階
TEL:045-681-1841
営業時間:10:00~21:30(L.O. 21:00)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅1番出口から徒歩約1分
地図:Yahoo!地図
URL:コーヒーハウス ザ・カフェ
※本館リニューアルの記事はこちら⇒横浜・ホテルニューグランド本館がリニューアル(2016年10月)

【みなとみらい】湘南パンケーキ ランドマークプラザ店

2016年4月にランドマークプラザ1階に登場した「湘南パンケーキ」(画像提供:湘南パンケーキ)

2016年4月にランドマークプラザ1階に登場した「湘南パンケーキ」(画像提供:湘南パンケーキ)

2016年4月、ランドマークプラザ1階に登場した「湘南パンケーキ」。神奈川県・小田原発、カリフォルニアスタイルのローカルパンケーキレストランです。看板メニューのパンケーキすべてに、和麦の先駆けともいわれる湘南エリアで栽培された「湘南小麦」が使われています。オーダーを受けてから生地とメレンゲを合わせて焼きあげるので、ふわふわの食感。
京都の老舗抹茶店「森半」の抹茶が生地に練り込まれている「抹茶大納言パンケーキ」(1480円、休日1580円)は、ランドマークプラザ店限定メニュー(2017年1月20日撮影)

京都の老舗抹茶店「森半」の抹茶が生地に練り込まれている「抹茶大納言パンケーキ」(1480円、休日1580円)は、ランドマークプラザ店限定メニュー(2017年1月20日撮影)


ランドマークプラザ店限定パンケーキは、アメリカンチェリー&シナモン、抹茶大納言、ティラミス、ローストパイン&塩キャラメルソースの4種類。抹茶大納言パンケーキは、湘南パンケーキ初の和風メニューで、京都の老舗抹茶店「森半」の抹茶が生地に練り込まれています。ほどよい甘さの煮豆、抹茶ジェラート、ホイップクリームが添えられていて、飽きることなく食べられます。
湘南パンケーキを代表するメニュー「フレッシュストロベリーとチョコフォンデュパンケーキ(1880円、休日1990円)(画像提供:湘南パンケーキ)

湘南パンケーキを代表するメニュー「フレッシュストロベリーとチョコフォンデュパンケーキ(1880円、休日1990円)(画像提供:湘南パンケーキ)


パンケーキ以外のお食事メニューも豊富。看板メニューのシーフードカレーや湘南を代表するベーカリーである辻堂の「リップル」のパンを使用したクラフトサンド、ふわふわフレンチトーストを使った「オールデイズブレックファスト」などがあります。パンケーキとお食事メニューを1品ずつオーダーし、パンケーキが焼けるまでの間、お食事メニューをシェアして食べても楽しいですね。ランチやディナーにも使えるパンケーキ店です。
店内は古材を使ったアンティーク調のインテリアで、木の温もりが感じられるテーブルやチェアーが並びます。テラス席はペット連れOK(画像提供:湘南パンケーキ)

店内は古材を使ったアンティーク調のインテリアで、木の温もりが感じられるテーブルやチェアーが並びます。テラス席はペット連れOK(画像提供:湘南パンケーキ)


【DATA】
住所:横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ1階
TEL:045-222-7761
営業時間:月~金11:00~21:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.20:30)、土・日・祝日
10:00~21:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.20:30)
定休日:ランドマークプラザに準ずる
アクセス:みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩6分
地図:Yahoo!地図
URL:湘南パンケーキ ランドマークプラザ店(Retty)

【みなとみらい】KAKA'AKO DINING&CAFE(カカアコ ダイニング アンド カフェ)

「KAKA’AKO DINING & CAFE(カカアコ ダイニング アンド カフェ)外観。ハワイで人気の「カメハメハベーカリー」がインショップとして入っています(画像提供:KAKA’AKO DINING & CAFE)

「KAKA’AKO DINING & CAFE(カカアコ ダイニング アンド カフェ)外観。ハワイで人気の「カメハメハベーカリー」がインショップとして入っています(画像提供:KAKA’AKO DINING & CAFE)


2016年3月にオープンしたショッピングモール「MARINE & WALK YOKOHAMA」内にあるカフェレストラン。ハワイで注目のエリア「カカアコ」がテーマで、ロコモコやハンバーガー、グリルなどのハワイアングルメが楽しめます。スイーツメニューの中で、ひときわ目を引くのが「マウナラニパンケーキ」です。

マウナラニとは「天国に届く丘」という意味で、ハワイ島にある世界三大パワースポットのひとつとされています。その「天国に届く丘」をイメージした、オリジナルパンケーキがこちら!
マウナラニパンケーキ(1600円税別)。直径約15cm、高さ約5cmのビッグサイズ。2~3人でシェアして食べる方が多いとのこと(2017年1月21日撮影)

マウナラニパンケーキ(1600円税別)。直径約15cm、高さ約5cmのビッグサイズ。2~3人でシェアして食べる方が多いとのこと(2017年1月21日撮影)


ピンク色のビックリパンケーキ! サイズは直径約15cm、高さ約5cm。パンケーキが数枚重なっているのかと思いきや、そうではありません。パンケーキ生地を型に流し込み、オーブンで焼き上げているので、シフォンケーキのような生地となっています。焼き上がるまでの時間は15~20分ほど。
マウナラニパンケーキをカットしたところ。シフォンケーキのような食感(2017年1月21日撮影)

マウナラニパンケーキをカットしたところ。シフォンケーキのような食感(2017年1月21日撮影)


上にかかっているのは泡状のラズベリーソース。その下には生クリームが隠れています。すべてが甘さ控えめで、軽い食感。運ばれてきた時には、「大きい~! 食べきれるかな?」と心配になりましたが、あっという間に2人で完食。Sサイズ(850円)もありますので、他では味わえないパンケーキ、ぜひ楽しんでみて。
ハワイの最先端カルチャーの空気が感じられる壁面アートのほかに、グリーンがあしらわれており、くつろげる雰囲気(画像提供: KAKA'AKO DINING&CAFE)

ハワイの最先端カルチャーの空気が感じられる壁面アートのほかに、グリーンがあしらわれており、くつろげる雰囲気(画像提供: KAKA'AKO DINING&CAFE)


【DATA】
住所:横浜市中区新港1丁目3-1 マリン アンド ウォーク ヨコハマ2階
TEL:045-226-3040
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:MARINE & WALK YOKOHAMAに準ずる
アクセス:みなとみらい線 馬車道駅6番出口より徒歩9分
地図:Yahoo!地図
URL:KAKA'AKO DINING&CAFE
※「MARINE & WALK YOKOHAMA」を紹介する記事はこちら⇒みなとみらいに商業施設MARINE & WALK YOKOHAMA誕生(2016年3月)

【関連記事】
横浜パンケーキ・パラダイス!(2012年9月)……エッグスンシングス、bills、バビーズ、パンケーキリストランテ、ニューオータニイン横浜のパンケーキを紹介
ブームは終わらない!横浜で絶品パンケーキを(2015年9月)……ローズホテル横浜、シナモンズ、Butter、J.S. PANCAKE CAFEのパンケーキを紹介
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。