2016年~2017年にかけて横浜にオープンした
パンケーキ、ホットケーキが美味しいカフェレストラン

2016年~2017年にかけて登場した、横浜で美味しいパンケーキ、ホットケーキが食べられるカフェ、レストランを5軒紹介します。

幸せのパンケーキ 横浜中華街店:“世界一”といわれるふわふわパンケーキ

行列の絶えないふわふわパンケーキの人気店が横浜中華街に出店(2017年1月19日撮影)

行列の絶えないふわふわパンケーキの人気店が横浜中華街に出店(2017年1月19日撮影)


大阪で誕生し、行列の絶えない人気店「幸せのパンケーキ」が、2017年1月、横浜に初進出。店名にもなっている「幸せのパンケーキ」は、厚みがあり、しっとり・ふわふわ、スフレのような食感が特徴です。表面は弾力があって形が崩れないのに、ナイフでカットすると、中は驚きのやわらかさ。ベーキングパウダーは使わず、厳選した国産小麦粉と契約養鶏所から取り寄せる新鮮な卵をしっかりと泡立て、低温で20分かけてじっくりと焼き上げることで、実現しています。
店名にもなっている、一番人気の「幸せのパンケーキ(1100円)」。3cmほどの厚みがあるパンケーキが3枚も(2017年1月20日)

店名にもなっている、一番人気の「幸せのパンケーキ(1100円)」。3cmほどの厚みがあるパンケーキが3枚も(2017年1月20日)


トッピングされているのは、北海道産の生乳で作った発酵バターとニュージーランドから直輸入した高純度のマヌカハニーをブレンドしたホイップクリーム。ふわふわのパンケーキとの相性はバツグン。ほろ苦いカラメルソースもたっぷりとかけて。これまで味わったことのない、名前の通り「幸せ」が感じられるパンケーキです。

14:30までは、Meal Pancake(お食事パンケーキ)の提供も。こちらは100%全粒粉の生地で、オムレツやスクランブルエッグなどとセットになっています。こちらもふわふわ食感なので、味わってみては。
期間限定の「国産いちごのストロベリーチーズフォンデュパンケーキ(1480円)」。生クリームがトッピングされ、クリームチーズが添えてあります(画像提供:幸せのパンケーキ)

期間限定の「国産いちごのストロベリーチーズフォンデュパンケーキ(1480円)」。生クリームがトッピングされ、クリームチーズが添えてあります(画像提供:幸せのパンケーキ)

ナチュラルな雰囲気のインテリアが印象的。平日は前日までに電話すれば、席の予約を受け付けてもらえます(2017年1月13日撮影)

ナチュラルな雰囲気のインテリアが印象的。平日は前日までに電話すれば、席の予約を受け付けてもらえます(2017年1月13日撮影)

ハンモック席があるのは横浜中華街店だけ!undefinedとってもくつろげそう(2017年1月13日撮影)

ハンモック席があるのは横浜中華街店だけ! とってもくつろげそう(2017年1月13日撮影)


  • 幸せのパンケーキ 横浜中華街店
住所:横浜市中区山下町97 一石屋ビル1階
TEL:045-681-8686 ※平日のみ予約可能(前日までに電話で予約を)
営業時間:10:00~20:30(L.O.19:40)
定休日:不定休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅3番出口から徒歩約3分
地図:Yahoo!地図
URL:幸せのパンケーキ 横浜中華街店(食べログ)


CHILLULU COFFEE(チルルコーヒー):昔懐かしい味わいのホットケーキ

横浜中華街に2016年12月にオープンしたカフェ。2階はホステル(=簡易宿泊所)になっており、カフェはフロントを兼ねています。
駐車場だったスペースに建てられた「CHILLULU COFFEE & HOSTEL」(画像提供:CHILLULU COFFEE)

駐車場だったスペースに建てられた「CHILLULU COFFEE & HOSTEL」(画像提供:CHILLULU COFFEE)


特製ホットケーキは、オーダー後に焼き始めるため、15分ほどかかります。きめの細かい小麦粉が入ったオリジナルミックスを使っており、鮮度を保つため、その日に使う分のみ仕込んでいるとのこと。専用の銅板で、熟練スタッフが焼き上げる姿を見ながら待ちましょう。
特製ホットケーキ(600円)。シロップはメイプルとはちみつのどちらかが選べます。濃厚な味わいのブレンド珈琲(450円)とともに(2017年1月13日撮影)

特製ホットケーキ(600円)。シロップはメイプルとはちみつのどちらかが選べます。濃厚な味わいのブレンド珈琲(450円)とともに(2017年1月13日撮影)


ホットケーキは1.5cmほどの厚みがあり、2枚重ねになっています。ナイフを入れると、外はさっくり、中はふんわり。絵に描いたような美しい姿のホットケーキ、シロップをたっぷりかけてどうぞ。

ホットケーキと合わせたいのは、濃厚な味わいのブレンド珈琲。オーナーが日本中のコーヒーを飲み歩き、「ここ」と決めた老舗ロースターで修業、自分のコーヒーを追い求めて辿り着いた味。中南米原産のフェアトレードの最高級豆(取材時はグァテマラ、ニカラグア、コロンビアの豆を使用)を独自焙煎しています。最強コンビのホットケーキ&コーヒー、お試しあれ。
店内は大小のテーブル席があり、大きなテーブルには電源がたくさん。Wi-Fiにも接続OK。屋外のテラス席もあり(2017年1月13日撮影)

店内は大小のテーブル席があり、大きなテーブルには電源がたくさん。Wi-Fiにも接続OK。屋外のテラス席もあり(2017年1月13日撮影)


  • CHILLULU COFFEE(チルルコーヒー)
住所:横浜市中区山下町188-12 CHILLULU ビル1F
TEL:045-319-4451
営業時間:8:30~20:30
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩約4分
地図:Yahoo!地図
URL:CHILLULU COFFEE(食べログ)

コーヒーハウス ザ・カフェ:伝統を受け継ぐホテルメイドのパンケーキ

日本を代表するクラシックホテルであるホテルニューグランド外観(画像提供:ホテルニューグランド)

日本を代表するクラシックホテルであるホテルニューグランド外観(画像提供:ホテルニューグランド)


昭和2年に開業した、ホテル ニューグランド。開業当時の意匠や雰囲気をそのままに残す本館は、2016年10月に耐震性を高めるための工事が完了し、リニューアルオープンしました。本館1階にあるコーヒーハウス ザ・カフェでは、改装に合わせて、新しいメニューが登場。そのひとつがパンケーキです。
本館1階のコーヒーハウス ザ・カフェもより明るい雰囲気にリニューアル(2016年10月3日撮影)

本館1階のコーヒーハウス ザ・カフェもより明るい雰囲気にリニューアル(2016年10月3日撮影)


ホテルに伝わるレシピで作られたパンケーキは、薄めのスタイルで3枚。上にはホテル特製プラムがのっています。ナイフをいれると、ふんわり、しっとり。生地だけほおばっても「美味しい~」と笑顔になってしまう、上質な味わいです。原田パティシェに話を伺うと、「特筆すべき材料は使っていませんが、焼き加減には熟練を要します」とのこと。厚い鉄板で焼き上げるため、こんなに美しい焼き色に。
お客さまの要望で「ザ・カフェ」にパンケーキが登場!undefined美しい焼き色が上品(2017年1月19日撮影)

お客さまの要望で「ザ・カフェ」にパンケーキが登場! 美しい焼き色が上品(2017年1月19日撮影)


添えられているのは、ホイップクリーム、シロップ、はちみつ。どれも軽い味わいで、パンケーキにマッチします。食後でも“別腹”で入ってしまいますよ(笑)。とっておきのティータイムにどうぞ。
パンケーキ(1296円)、コーヒー(810円、おかわり可)※価格は税込、サ料別(2017年1月19日撮影)

パンケーキ(1296円)、コーヒー(810円、おかわり可)※価格は税込、サ料別(2017年1月19日撮影)


  • コーヒーハウス ザ・カフェ
住所:横浜市中区山下町10 ホテルニューグランド本館1階
TEL:045-681-1841
営業時間:10:00~21:30(L.O. 21:00)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅1番出口から徒歩約1分
地図:Yahoo!地図
URL:コーヒーハウス ザ・カフェ
※本館リニューアルの記事はこちら⇒横浜・ホテルニューグランド本館がリニューアル(2016年10月)

湘南パンケーキ ランドマークプラザ店:湘南小麦を使った、ローカル発パンケーキ

2016年4月にランドマークプラザ1階に登場した「湘南パンケーキ」(画像提供:湘南パンケーキ)

2016年4月にランドマークプラザ1階に登場した「湘南パンケーキ」(画像提供:湘南パンケーキ)

2016年4月、ランドマークプラザ1階に登場した「湘南パンケーキ」。神奈川県・小田原発、カリフォルニアスタイルのローカルパンケーキレストランです。看板メニューのパンケーキすべてに、和麦の先駆けともいわれる湘南エリアで栽培された「湘南小麦」が使われています。オーダーを受けてから生地とメレンゲを合わせて焼きあげるので、ふわふわの食感。
京都の老舗抹茶店「森半」の抹茶が生地に練り込まれている「抹茶大納言パンケーキ」(1480円、休日1580円)は、ランドマークプラザ店限定メニュー(2017年1月20日撮影)

京都の老舗抹茶店「森半」の抹茶が生地に練り込まれている「抹茶大納言パンケーキ」(1480円、休日1580円)は、ランドマークプラザ店限定メニュー(2017年1月20日撮影)


ランドマークプラザ店限定パンケーキは、アメリカンチェリー&シナモン、抹茶大納言、ティラミス、ローストパイン&塩キャラメルソースの4種類。抹茶大納言パンケーキは、湘南パンケーキ初の和風メニューで、京都の老舗抹茶店「森半」の抹茶が生地に練り込まれています。ほどよい甘さの煮豆、抹茶ジェラート、ホイップクリームが添えられていて、飽きることなく食べられます。
湘南パンケーキを代表するメニュー「フレッシュストロベリーとチョコフォンデュパンケーキ(1880円、休日1990円)(画像提供:湘南パンケーキ)

湘南パンケーキを代表するメニュー「フレッシュストロベリーとチョコフォンデュパンケーキ(1880円、休日1990円)(画像提供:湘南パンケーキ)


パンケーキ以外のお食事メニューも豊富。看板メニューのシーフードカレーや湘南を代表するベーカリーである辻堂の「リップル」のパンを使用したクラフトサンド、ふわふわフレンチトーストを使った「オールデイズブレックファスト」などがあります。パンケーキとお食事メニューを1品ずつオーダーし、パンケーキが焼けるまでの間、お食事メニューをシェアして食べても楽しいですね。ランチやディナーにも使えるパンケーキ店です。
店内は古材を使ったアンティーク調のインテリアで、木の温もりが感じられるテーブルやチェアーが並びます。テラス席はペット連れOK(画像提供:湘南パンケーキ)

店内は古材を使ったアンティーク調のインテリアで、木の温もりが感じられるテーブルやチェアーが並びます。テラス席はペット連れOK(画像提供:湘南パンケーキ)

  • 湘南パンケーキ ランドマークプラザ店
住所:横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ1階
TEL:045-222-7761
営業時間:月~金11:00~21:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.20:30)、土・日・祝日
10:00~21:00(L.O.20:00、ドリンクL.O.20:30)
定休日:ランドマークプラザに準ずる
アクセス:みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩6分
地図:Yahoo!地図
URL:湘南パンケーキ ランドマークプラザ店(ぐるなび)

KAKA'AKO DINING&CAFE(カカアコ ダイニング アンド カフェ):ハワイのパワースポットをテーマにしたピンク色のパンケーキ

「KAKA’AKO DINING & CAFE(カカアコ ダイニング アンド カフェ)外観。ハワイで人気の「カメハメハベーカリー」がインショップとして入っています(画像提供:KAKA’AKO DINING & CAFE)

「KAKA’AKO DINING & CAFE(カカアコ ダイニング アンド カフェ)外観。ハワイで人気の「カメハメハベーカリー」がインショップとして入っています(画像提供:KAKA’AKO DINING & CAFE)


2016年3月にオープンしたショッピングモール「MARINE & WALK YOKOHAMA」内にあるカフェレストラン。ハワイで注目のエリア「カカアコ」がテーマで、ロコモコやハンバーガー、グリルなどのハワイアングルメが楽しめます。スイーツメニューの中で、ひときわ目を引くのが「マウナラニパンケーキ」です。

マウナラニとは「天国に届く丘」という意味で、ハワイ島にある世界三大パワースポットのひとつとされています。その「天国に届く丘」をイメージした、オリジナルパンケーキがこちら!
マウナラニパンケーキ(1500円)。直径約15cm、高さ約5cmのビッグサイズ。2~3人でシェアして食べる方が多いとのこと(2017年1月21日撮影)

マウナラニパンケーキ(1500円)。直径約15cm、高さ約5cmのビッグサイズ。2~3人でシェアして食べる方が多いとのこと(2017年1月21日撮影)


ピンク色のビックリパンケーキ! サイズは直径約15cm、高さ約5cm。パンケーキが数枚重なっているのかと思いきや、そうではありません。パンケーキ生地を型に流し込み、オーブンで焼き上げているので、シフォンケーキのような生地となっています。焼き上がるまでの時間は15~20分ほど。
マウナラニパンケーキをカットしたところ。シフォンケーキのような食感(2017年1月21日撮影)

マウナラニパンケーキをカットしたところ。シフォンケーキのような食感(2017年1月21日撮影)


上にかかっているのは泡状のラズベリーソース。その下には生クリームが隠れています。すべてが甘さ控えめで、軽い食感。運ばれてきた時には、「大きい~! 食べきれるかな?」と心配になりましたが、あっという間に2人で完食。他では味わえないパンケーキ、ぜひ楽しんでみて。
ハワイの最先端カルチャーの空気が感じられる壁面アートのほかに、グリーンがあしらわれており、くつろげる雰囲気(画像提供: KAKA'AKO DINING&CAFE)

ハワイの最先端カルチャーの空気が感じられる壁面アートのほかに、グリーンがあしらわれており、くつろげる雰囲気(画像提供: KAKA'AKO DINING&CAFE)

  • KAKA'AKO DINING&CAFE(カカアコ ダイニング アンド カフェ)
住所:横浜市中区新港1丁目3-1 マリン アンド ウォーク ヨコハマ2階
TEL:045-226-3040
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:MARINE & WALK YOKOHAMAに準ずる
アクセス:みなとみらい線 馬車道駅6番出口より徒歩9分
地図:Yahoo!地図
URL:KAKA'AKO DINING&CAFE
※「MARINE & WALK YOKOHAMA」を紹介する記事はこちら⇒みなとみらいに商業施設MARINE & WALK YOKOHAMA誕生(2016年3月)

【関連記事】
横浜パンケーキ・パラダイス!(2012年9月)……エッグスンシングス、bills、バビーズ、パンケーキリストランテ、ニューオータニイン横浜のパンケーキを紹介
ブームは終わらない!横浜で絶品パンケーキを(2015年9月)……ローズホテル横浜、シナモンズ、Butter、J.S. PANCAKE CAFEのパンケーキを紹介
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。