2018年の横浜花火大会を楽しもう!

2018年の横浜花火大会は、6月の「横浜開港祭」、7月の「横浜スパークリングトワイライト」、8月には「鶴見川サマーフェスティバル」「金沢まつり花火大会」が行われる予定です。このほか、横浜・八景島シーパラダイスでは「花火シンフォニア」もサマーバージョン、オータムバージョンなどが開催。なお、毎年8月に行われていた「神奈川新聞花火大会」ですが、残念ながら2017年から休止となっています。

追記(6/11):第1回目となる「新横浜花火大会2018」の開催が発表
 

【6月】第37回 横浜開港祭

光・音・花火のショーを演出する「ビームスペクタクルinハーバー」(2016年6月2日撮影)

光・音・花火のショーを演出する「ビームスペクタクルinハーバー」(2016年6月2日撮影)


横浜の開港記念日である6月2日を中心に開催される市民祭。2018年は6月1日、2日に、みなとみらい21地区 新港パーク周辺で開催されます。「ビームスペクタクルinハーバー」は、6月2日(19:20~20:00)に開催予定。約4000発の花火とともに、レーザー光線、音楽が一体となったショーが繰り広げられます。

入場無料の花火観覧エリアは、当日に限り場所取り可。ただしブルーシート1.8m×2.7m対して必ず1名いることが条件で、条件を満たさない場合は撤去対象となります。海に近い観覧エリアは、早い時間にいっぱいになり、周辺はたいへんな混雑となるので、花火観覧の際は早めに到着しておくことをおすすめします。当日の交通規制などは、実行委員会発行の花火観覧エリア・交通規制マップを参照ください。⇒http://www.kaikosai.com/event/beamspectacle.html

【DATA】
日時:2018年6月1日(金)~6月2日(土)
※「ビームスペクタクルinハーバー」は6月2日(土)19:20~20:00(予定)
※荒天の場合、中止(順延なし)
会場:みなとみらい21地区 新港パーク周辺
アクセス:みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩約5分、みなとみらい線新高島駅から徒歩約10分、JR桜木町駅から徒歩約15分
※横浜駅、関内駅などの利用も推奨
問い合わせ:045-212-5511(横浜開港祭実行委員会)
URL:横浜開港祭 http://www.kaikosai.com/
※6月2日のステージイベントが臨港パーク特設会場で観覧できる「市民協賛観覧席(芝生席)」はこちら⇒チケットぴあ


【7月】横浜スパークリングトワイライト2018

山下公園沖合いから打ち上げられる、スパークリング花火。スターホテル横浜の協力で高層階の部屋のバルコニーから撮影(2017年7月15日撮影)

山下公園沖合いから打ち上げられる、スパークリング花火。スターホテル横浜の協力で高層階の部屋のバルコニーから撮影(2017年7月15日撮影)

横浜の海を満喫できるイベント「横浜スパークリングトワイライト」。「スパークリングパレード」「ジュエリーボート」「シーサイドレストラン&バー」など、家族みんなで楽しめる、さまざまなイベントが開催されます。その一環として「スパークリング花火」が開催。山下公園沖合いから打ち上げられる約3000発の花火は迫力満点です。

山下公園全体が観覧エリアになりますが、場所取りは16:00から可能です。それまでは、イベントなどを楽しみながら待ちましょう。花火撮影を楽しみたい方は、山下ふ頭へ(2017年は16:00から開放されました)。奥のほうに三脚使用可能の写真撮影エリアが設けられます。山下公園内では三脚は使えませんのでご注意を。
 

山下公園の横浜赤レンガ倉庫側は、花火開始時間近く(この日は19:00ごろ到着)でもまだ座るスペースがありました。山下公園内は三脚使用NGなので手持ちで撮影(2017年7月16日撮影)

山下公園の横浜赤レンガ倉庫側は、花火開始時間近く(この日は19:00ごろ到着)でもまだ座るスペースがありました。山下公園内は三脚使用NGなので手持ちで撮影(2017年7月16日撮影)


【DATA】
日時:2018年7月14日(土)~7月15日(日)11:30~20:30
※音と光と花火による「スパークリング花火」は19:30~20:00
会場:山下公園、山下公園前海上、その周辺
アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅もしくは日本大通り駅から徒歩約5分、JR石川町駅もしくは関内駅から徒歩約15分
問い合わせ:045-681-2353(横浜スパークリングトワイライト実行委員会運営事務局)
URL:横浜スパークリングトワイライト

※スパークリング花火が真正面で見られるスターホテル横浜の屋上ビアガーデン情報⇒ハマ風に吹かれてグイっ! 横浜ビアガーデン
※スターホテル横浜の高層階から撮影(2017年)⇒公式ガイドブログ
※スパークリング花火の動画を提供(2017年)⇒スターホテル横浜 You Tubeチャンネル
 

【7月】新横浜花火大会2018

第1回目となる「新横浜花火大会2018」の開催は7月26日(画像はイメージ、画像提供:新横浜花火大会実行委員会 事務局)

第1回目となる「新横浜花火大会2018」の開催は7月26日(画像はイメージ、画像提供:新横浜花火大会実行委員会 事務局)


第1回目となる、4000発(予定)の花火と音楽イベントを融合した新感覚花火フェス。有料観覧席や音楽イベントの入場者(有料、3万5千人超)を含め、約20万人が鑑賞できる花火大会となります。

今回の音楽イベントには、「MY FIRST STORY」が出演。2016年は初の日本武道館で1万2千人動員、昨年は幕張メッセで1万8千人動員、そして2018年7月から開催されるツアーの最終公演では初の横浜アリーナで2日間公演を行う予定と、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍しているバンドです。MY FIRST STORYのライブがクライマックスを迎えると同時に花火大会がスタートし、そのままライブ会場から観覧することができます。
 

新横浜花火大会2018会場図(画像提供:新横浜花火大会 事務局)

新横浜花火大会2018会場図(画像提供:新横浜花火大会 事務局)


有料観覧席のチケットは2018年6月8日(金)から発売開始。くわしくは公式サイトにてご確認を。

  • 桟敷A席エリア自由席 8000円(4名/2m角シート席 発券4枚)
  • 桟敷B席エリア自由席 3000円(1名/1m角シート席 発券1枚)
  • 日産スタジアム4階リング通路ガーデンテーブル席 1万6000円(4名/ガーデンテーブル席 発券4枚)
  • テニスコート法人協賛席 5万円(6名/テーブル席 主催側発券6枚)
  • MY FIRST STORY ライブ 3500円(オールスタンディング)

【DATA】
日時:2018年7月26日(木)19:15~19:45 ※荒天、河川増水時の場合は中止、順延なし
メイン会場の開場は12:00、MY FIRST STORYライブ開演は18:15
会場:新横浜公園一帯
アクセス:JR新横浜駅・横浜市営地下鉄新横浜駅・北新横浜駅より徒歩20分、JR小机駅より徒歩15分
問い合わせ:045-594-7257(新横浜花火大会実行委員会 事務局)
URL:新横浜花火大会2018 http://shinyokohama-hanabi.com/
 

【8月】第32回 鶴見川サマーフェスティバル

鶴見川サマーフェスティバ」では鶴見川に美しいスターマインが咲き乱れます。例年の打ち上げ数は約1700発。当日は午前中から「鶴見川クルーズ・Eボート体験」「模擬店」「企業PRブース」「鶴見川ダンス&コンサート」などが開催されます。鶴見川周辺は見晴らしがよいので、18:00ごろに到着してもスペースは確保できます。

また「イトーヨーカドー 鶴見店」では、当日、屋上が花火鑑賞スペースとして開放されます。例年16:00から開放され、飲食の屋台も出店します。お手洗いも近いので、小さなお子様連れの家族に人気のスペースです。周辺道路が渋滞し、車の出入庫には時間がかかりますので、余裕を持ってお出掛けください。

【DATA】
日時:2018年8月18日(土)19:00~19:45 ※荒天の場合は翌日に順延
会場:佃野公園・鶴見川周辺
アクセス:JR京浜東北線 鶴見駅から徒歩約15分、または京急 京急鶴見駅から徒歩約15分
問い合わせ:045-521-8288(鶴見川サマーフェスティバル実行委員会)
URL:鶴見川サマーフェスティバル

【8月】第44回 金沢まつり花火大会

横浜・八景島シーパラダイス内から見た金沢まつり花火大会(2017年8月26日撮影)

横浜・八景島シーパラダイス内から見た金沢まつり花火大会(2017年8月26日撮影)

横浜市で唯一、浜辺から花火が見られる花火大会「金沢まつり花火大会」。ラストに打ち上げられる特大スターマインの連続は見逃せません! 2018年は区政70周年を記念し、打ち上げ数は例年より500発多い約4000発を予定。
海の公園では、砂浜に座って花火が楽しめます。17:00ごろの様子(2017年8月26日撮影)

海の公園では、砂浜に座って花火が楽しめます。17:00ごろの様子(2017年8月26日撮影)

海の公園をはじめ、八景島、野島公園など、広範囲から見えるので、観覧場所の確保は比較的容易です。

【DATA】
日時:2018年8月25日(土)19:00~20:00 ※荒天の場合は中止
会場:海の公園
アクセス:金沢シーサイドライン「海の公園柴口駅」「海の公園南口駅」よりすぐ、京急本線「金沢文庫駅」より徒歩約20分
問い合わせ:045-788-7801(金沢まつり実行委員会事務局)
URL:第44回金沢まつり(横浜市金沢区)


【7月~8月】花火シンフォニア~サマーバージョン~

横浜・八景島シーパラダイスオリジナルの花火ショー「花火シンフォニア」(画像提供:横浜・八景島シーパラダイス)

横浜・八景島シーパラダイスオリジナルの花火ショー「花火シンフォニア」(画像提供:横浜・八景島シーパラダイス)


花火シンフォニア」は、コンピューターにより音楽とシンクロさせて花火が打ち上げられる、横浜・八景島シーパラダイスオリジナルの花火ショー。サマーバージョンは7月~8月の土曜日を中心に行われます。打ち上げ数は約2500発。

シーパラ自体の混雑具合によって状況は大きく異なりますが、例年、花火観覧場所のボードウォーク(無料ゾーン)は1時間ほど前から待機する方が増え始めます。直前に開催されている「海の動物たちのショー」(ナイトショー)を見終わった方が流れ込んでくるため、30分~15分前には座って見るスペースはほぼ埋まるとのこと。

場所取りの心配をしたくない方は「特別観覧席」の利用をおすすめします。前売りで完売していなければ、当日でも購入可能です。⇒花火シンフォニア

【DATA】
日時:2018年7月14日(土)、15日(日)、21日(土)、28日(土)、8月4日(土)、11日(土・祝)~18日(土) 20:30~20:40
※荒天の場合、内容を変更、中止する場合もあり
※オータムバージョン、クリスマス、ニューイヤーも予定
会場:横浜・八景島シーパラダイス ボードウォーク
※入島、観覧無料
アクセス:シーサイドライン 八景島駅下車 ※駐車場が満車となる場合がありますので公共交通機関の利用がおすすめ
問い合わせ:045-788-8888(テレフォンインフォメーション)
URL:横浜・八景島シーパラダイス

2018年も横浜の花火大会を楽しんでください!

【関連リンク】
ハマ風に吹かれてグイっ! 横浜ビアガーデン
大人も子どもも楽しめる横浜の夏イベント特集
夏の横浜ホテル情報 中華街にある屋上プールも!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。