横浜でおいしい焼餃子・水餃子を食べるならここ! 横浜中華街の定番の店から、横浜駅・桜木町駅近のおすすめ店まで、6店舗を厳選して紹介します。

【横浜中華街】山東(サントン)1号店、2号店

山東「水餃子(10個、700円税別)」(2017年10月14日撮影)

山東「水餃子(10個、700円税別)」(2017年10月14日撮影)


横浜中華街で水餃子がおいしい店といえば、山東ははずせません。山東省出身の李家蘭子(りのいえ らんこ)さんが約30年前に家庭料理を提供する店としてオープン、横浜中華街で屈指の行列店となりました。本館は「1号店」として2013年にリニューアル、その並びに「2号店」が2012年にオープンし、行列することなく入店できるようになりました。横浜中華街で初めてミシュランガイド(ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版 ビブグルマンカテゴリ)に掲載されたことで、さらに有名に。
同店オリジナル、ココナッツが入ったタレをたっぷりとつけて(2017年10月14日撮影)

同店オリジナル、ココナッツが入ったタレをたっぷりとつけて(2017年10月14日撮影)


こちらの水餃子は、厚めの皮の中には、国産豚肉とニラがたっぷり詰まっていて、とってもジューシー。同店オリジナルのココナッツを使ったタレが独特です。たっぷり小皿にとって召し上がれ!
水餃子がゆであがるまで10分ほどかかるので、すぐに出てくる炒め物をオーダーするのがおすすめ。青菜炒め(1000円税別)(2017年10月14日撮影)

水餃子がゆであがるまで10分ほどかかるので、すぐに出てくる炒め物をオーダーするのがおすすめ。青菜炒め(1000円税別)(2017年10月14日撮影)


山東1号店外観。すぐ近くに2号店もあります(2017年10月14日撮影)

山東1号店外観。すぐ近くに2号店もあります(2017年10月14日撮影)


【DATA】
<山東1号店>
場所:横浜市中区山下町150
TEL:050-5869-6205(予約専用番号)
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅(2番または3番出口) より徒歩約5分、JR石川町駅北口より徒歩約7分
地図:Yahoo!地図

<山東2号店>
場所:横浜市中区山下町150-3
TEL:050-5869-6205(予約専用番号)
営業時間:11:00~翌1:00(L.O.24:30)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅(2番または3番出口) より徒歩約7分、JR石川町駅北口より徒歩約8分
地図:Yahoo!地図
URL:山東


【横浜中華街】揚州麺房(ヨウシュウメンボウ)

揚州麺房「鹿児島県産黒豚焼餃子(5個600円、10個1200円税込)(2017年5月20日撮影)

揚州麺房「鹿児島県産黒豚焼餃子(5個600円、10個1200円税込)(2017年5月20日撮影)


横浜中華街の老舗「揚州飯店」が手掛ける麺専門店。カウンター席が多く、一人でも入りやすい、気軽なお店です。麺専門店ということで、食券機で麺のかたさや油の量をチョイスできるのが特徴。
鹿児島県産黒豚を使用した餃子は、肉の旨みがたまらない!(2017年5月20日撮影)

鹿児島県産黒豚を使用した餃子は、肉の旨みがたまらない!(2017年5月20日撮影)


「鹿児島県産黒豚焼餃子」は、点心師が手づくりしているとのこと。皮が厚めで、モチモチとした食感、中の餡は豚肉の甘さ、ジュワっと出る肉汁がたまりません。一番人気の「タンタンメン」などの麺類やパラパラの「チャーハン」とともにどうぞ。
一番人気のメニュー「タンタンメン(850円税込)」とともに(2017年5月20日撮影)

一番人気のメニュー「タンタンメン(850円税込)」とともに(2017年5月20日撮影)

揚州麺房外観(2017年5月20日撮影)

揚州麺房外観(2017年5月20日撮影)


【DATA】
場所:横浜市中区山下町150
TEL:045-212-9630
営業時間:11:30~15:00(L.O.)、17:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅2番出口)より徒歩約3分、JR石川町駅北口より徒歩約9分
地図:Yahoo!地図
URL:揚州麺房


【横浜中華街】大連餃子基地 DALIAN(ダリアン)中華街店

パリパリの羽根がついた「大連焼餃子(7個630円税別)」。ランチセットは960円(ごはん、スープ、サラダ、漬物付き)(2017年10月14日撮影)

パリパリの羽根がついた「大連焼餃子(7個630円税別)」。ランチセットは960円(ごはん、スープ、サラダ、漬物付き)(2017年10月14日撮影)


パリパリの「羽」がついているのが特徴の「大連焼餃子」は、はずせないメニュー。ぶ厚い皮の中から肉汁がたっぷり飛び出してくるので、こぼさないように。水餃子やパクチー、しそなどの変わり餃子もあります。餃子以外のメニューもリーズナブルで、またインテリアがウッディな雰囲気なので、デートにもおすすめです。
横浜中華街大通りにある「ダリアン中華街店」外観(2017年10月14日撮影)

横浜中華街大通りにある「ダリアン中華街店」外観(2017年10月14日撮影)


【DATA】
場所:横浜市中区山下町148
TEL:045-633-9199
営業時間:11:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅2番出口より徒歩約5分、JR石川町駅北口より徒歩約5分
地図:Yahoo!地図
URL:大連餃子基地 ダリアン中華街店
※横浜駅西口モアーズ8階にも店舗あり


【桜木町駅エリア】翠葉(スイヨウ) 桜木町店

翠葉の看板メニュー「餃子(5個320円税込)」(2017年7月8日撮影)

翠葉の看板メニュー「餃子(5個320円税込)」(2017年7月8日撮影)


日ノ出町に本店がある「餃子の翠葉」。支店のひとつである桜木町店は、JR桜木町駅から野毛方面に向かったにぎやかな路地裏にあります。自慢の餃子は、国産豚バラ肉と契約農家から仕入れるキャベツやニラを使った餡を、手作りの皮で包んでいるそう。モチモチ食感とあふれる肉汁、餡のおいしさを堪能あれ。火曜日は「餃子特売日」でなんと半額(通常5個320円⇒160円)に!
パラッパラの「小松菜炒飯」と餃子5個セットは1050円(税込)(2017年7月8日撮影)

パラッパラの「小松菜炒飯」と餃子5個セットは1050円(税込)(2017年7月8日撮影)


翠葉 桜木町店外観(2017年7月8日撮影)

翠葉 桜木町店外観(2017年7月8日撮影)


【DATA】
場所:横浜市中区花咲町2-62
TEL:045-242-5866
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休
アクセス:JR桜木町駅より徒歩約3分
地図:Yahoo!地図
URL:餃子の翠葉 http://www.suiyo.com/


【桜木町駅エリア】重慶茶樓 CIAL桜木町

重慶茶樓 CIAL桜木町オリジナル「重慶餃子(3個248円、6個486円税込)」。味がついているのでそのままでおいしい(2017年9月29日撮影)

重慶茶樓 CIAL桜木町オリジナル「重慶餃子(3個248円、6個486円税込)」。味がついているのでそのままでおいしい(2017年9月29日撮影)


横浜中華街にある老舗四川料理店「重慶飯店」の味が気軽に楽しめる「重慶茶樓」。JR桜木町駅に直結しており、アクセス抜群です。同店のみで提供されている「重慶餃子」は、四川料理ならではのピリ辛味がついていて、山椒のさわやかな香りが特徴。何もつけず、そのままでどうぞ。餡の中にニンジンが入っていて、女性にも人気です。単品(3個248円、6個486円)のほか、ランチタイムには「餃子定食(864円)」などのセットもあります。
3大人気メニューのミニ麻婆丼、ハーフ担担麺、重慶餃子にサラダがつく「よくばりセット(1274円税込)」(2017年7月7日撮影)

3大人気メニューのミニ麻婆丼、ハーフ担担麺、重慶餃子にサラダがつく「よくばりセット(1274円税込)」(2017年7月7日撮影)

重慶茶樓 CIAL桜木町undefined外観(2017年7月7日撮影)

重慶茶樓 CIAL桜木町 外観(2017年7月7日撮影)

CIAL桜木町にあるショップでは「重慶餃子」のテイクアウト販売も(2017年7月7日撮影)

CIAL桜木町にあるショップでは「重慶餃子」のテイクアウト販売も(2017年7月7日撮影)


【DATA】
場所:横浜市中区桜木町1-1 CIAL桜木町1階 停車場ビュッフェ(野毛側)
TEL:045-228-9361
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00) ※ランチは11:00~16:00(L.O.)
定休日:シァル桜木町店に準ずる
アクセス:JR桜木町駅からすぐ
地図:Yahoo!地図
URL:重慶茶樓 CIAL桜木町


【横浜駅西口】まん天餃子 横浜店

まん天餃子(奥、5個250円)としそ餃子(手前、5個290円)」※いずれも税別(2017年10月6日撮影)

まん天餃子(奥、5個250円)としそ餃子(手前、5個290円)」※いずれも税別(2017年10月6日撮影)

持ち帰り餃子専門店の味をイートインで。看板メニューの「まん天餃子」は、薄めの皮の中に野菜たっぷりの餡が詰まっており、野菜の甘みが口いっぱいに広がります。シソが入った「しそ餃子」や「水餃子」もおすすめ。期間限定の変わり餃子もお試しあれ。餃子につけるタレは、味噌ダレにラー油・醤油・酢を入れて、自分好みの味に調整できます。ビールのお供はもちろん、ごはん(スープ付、小130円、中160円、大190円)とセットでも楽しめます。
横浜駅西口すぐ「ダイヤ・キッチン」にあります。カウンターのみ10席ほどのイートインはいつも満席(2017年10月6日撮影)

横浜駅西口すぐ「ダイヤ・キッチン」にあります。カウンターのみ10席ほどのイートインはいつも満席(2017年10月6日撮影)


【DATA】
場所:横浜市西区南幸1-4 ダイヤ・キッチン
TEL:045-311-4303
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:ジョイナスに準ずる
アクセス:JR横浜駅西口すぐ
地図:Yahoo!地図
URL:まん天餃子 横浜店(ジョイナス)

【関連記事】
駅近!みなとみらいのおすすめカフェ&レストラン10選
中華風カレーも!横浜のおすすめカレー店6選
ひと口で幸せ!デートで行きたい、横浜の洋食店8選



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。