新横浜でおすすめのカフェ、ベーカリー

新横浜でモーニングが食べられるおすすめカフェ・ベーカリー

新横浜駅直結の駅ビル「キュービックプラザ新横浜」(2017年9月10日撮影)

新幹線を利用して横浜に訪れる際、玄関口となるのが新横浜。横浜アリーナでのライブ、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)でのサッカーなどの試合で訪れる方も多いでしょう。公演や試合開始までの空き時間や新幹線の乗車時間待ちなどに利用したい、早朝から開いているベーカリー、おすすめのカフェを紹介します。

<INDEX>
 

キュービックプラザ新横浜にあるカフェ&レストラン

新横浜駅に直結する駅ビル「キュービックプラザ新横浜」。1階~10階までのフロアには、ショップ、レストラン・カフェなどが並びます。おすすめのカフェ&レストランをピックアップ。
 
  • アマルフィイ ノベッロ(10階)
2008年3月のキュービックプラザ新横浜開業時からある「Amalfi NOVELLO」(2019年2月17日撮影)

2008年3月のキュービックプラザ新横浜開業時からある「Amalfi NOVELLO」(2019年2月17日撮影)


鎌倉・七里ヶ浜にあるイタリアン「アマルフィイ」の姉妹店。三崎漁港直送鮮魚や鎌倉・三浦の野菜を使ったシンプルなイタリアンが味わえます。カジュアルなダイニング(1階)のほか、個室もあり。カフェタイム15:00~16:30 (L.O.)は、気軽にドリンクのみの利用もOK。

【DATA】
場所:横浜市港北区新横浜2-100-45 キュービックプラザ新横浜 10階
TEL:045-478-6731
営業時間:ランチ11:00~15:00 (L.O.)、カフェタイム15:00~16:30 (L.O.)、ディナー17:00~21:00 (L.O.)
定休日:無休 ※年末年始のぞく
アクセス:JR新横浜駅直結
地図:Googleマップ
URL:アマルフィイ ノベッロ
 
  • ロイヤルホスト新横浜駅ビル店(10階)
吹き抜け空間と合わせて全128席。パリのビストロをイメージした「ロイヤルホスト新横浜駅ビル店」がオープン(2019年7月29日撮影)

吹き抜け空間と合わせて全128席。パリのビストロをイメージした「ロイヤルホスト新横浜駅ビル店」がオープン(2019年7月29日撮影)


レジャーやビジネスなど多くの方が利用するターミナル駅に直結し、商業施設内のレストランとして、また館内のホテル「ホテルアソシア新横浜」の宿泊客に向けて、幅広いシーンで利用可能。ロイヤルホストの通常メニューに加え、豊富な種類の朝食ブッフェサービスも提供しています。

店内は、パリのビストロをイメージしたアール・ヌーヴォー調の上品で落ち着いた空間です。新型ドリンクバー「ロイヤルビバレッジカウンター」も設置されており、豊かなミルクフォームのカフェラテをはじめ、フレーバードリンク、パラダイストロピカルアイスティーなどを自由に楽しめます。

【DATA】
場所:横浜市港北区新横浜2-100-45 キュービックプラザ新横浜 10階
TEL:045-478-6731
営業時間:6:30~23:00 (L.O.22:00)
定休日:無休 ※年末年始のぞく
アクセス:JR新横浜駅直結
地図:Googleマップ
URL:ロイヤルホスト新横浜駅ビル店
 
  • 横濱カフェ壹番館(いちばんかん)(4階)
横濱壹番館ブレンドコーヒー(550円)をはじめ、横濱クラシックブレンド(750円)、有機栽培グァテマラ(850円)など世界各地の豆を使ったドリップコーヒーが楽しめます。ストレートコーヒーは大倉陶園のカップを使用。レトロな雰囲気のパフェ(画像はマロンパフェ1000円)もおすすめ(画像提供:横浜タカシマヤ)

横濱壹番館ブレンドコーヒー(550円)をはじめ、横濱クラシックブレンド(750円)、有機栽培グァテマラ(850円)など世界各地の豆を使ったドリップコーヒーが楽しめます。ストレートコーヒーは大倉陶園のカップを使用。レトロな雰囲気のパフェ(画像はマロンパフェ1000円)もおすすめ(画像提供:横浜タカシマヤ)

1978年創業の珈琲専門店。横浜駅西口 ジョイナスにあった壹番館が閉店後、2015年6月にキュービックプラザ新横浜4階 タカシマヤ フードメゾンに移転オープンしました。世界各地から選んだコーヒー豆を用い、一杯ずつドリップしてくれます。ストレートコーヒーをオーダーすると絵付けが美しい大倉陶園のカップで提供され、好きなカップを選ぶことも(ブレンドは対象外)。
 
新横浜駅上にありながら、落ち着いた雰囲気(画像提供:横浜タカシマヤ)

新横浜駅上にありながら、落ち着いた雰囲気(画像提供:横浜タカシマヤ)

2015年6月に移転・オープン。移転前の店舗の歴史をそのまま受け継いだかのような印象。ナポリタンやミックスサンドウィッチ、ソーダフロートなどの“喫茶店”メニューも味わってみて(画像提供:横浜タカシマヤ)

2015年6月に移転・オープン。移転前の店舗の歴史をそのまま受け継いだかのような印象。ナポリタンやミックスサンドウィッチ、ソーダフロートなどの“喫茶店”メニューも味わってみて(画像提供:横浜タカシマヤ)


【DATA】
場所:横浜市港北区新横浜2-100-45 キュービックプラザ新横浜4階 タカシマヤ フードメゾン
TEL:045-311-6111(タカシマヤ フードメゾン代表)
営業時間:10:00~20:00(L.O.フード19:15、ドリンク19:30)
定休日:無休 ※年末年始のぞく
アクセス:JR新横浜駅直結
地図:Googleマップ
URL:横濱カフェ壹番館(キュービックプラザ新横浜)
URL:タカシマヤ フードメゾン 新横浜店

※このほかのカフェ&レストランの一覧はキュービックプラザ新横浜のサイトへ⇒http://www.cubicplaza.com/restaurant-cafe/
 

駅近のホテルでいただくアフタヌーンティ

新横浜プリンスホテルは円柱形の建物が目印。ショッピングモール「新横浜プリンスペペ」を併設(2017年9月10日撮影)

新横浜プリンスホテルは円柱形の建物が目印。ショッピングモール「新横浜プリンスペペ」を併設(2017年9月10日撮影)

新横浜駅近くにあるホテルでは、アフタヌーンティーが楽しめます。こちらは「待ち時間」で行くにはもったいない! 時間をたっぷりとって、優雅な気分を味わって。
 
  • トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ(新横浜プリンスホテル42階)
 
「アフタヌーンティーセット(3630円)」※内容は季節によって変わります、提供除外日あり(画像提供:新横浜プリンスホテル)

「アフタヌーンティーセット(3630円)」※内容は季節によって変わります、提供除外日あり(画像提供:新横浜プリンスホテル)


ホテル最上階42階のバーラウンジ「トップ オブ ヨコハマ」では、地上150mからの眺望とともにスイーツが楽しめる「アフタヌーンティセット」や「スイーツブッフェ」が人気です。
 
夜は横浜の夜景を一望できる、ロマンティックな空間に(画像提供:新横浜プリンスホテル)

夜は横浜の夜景を一望できる、ロマンティックな空間に(画像提供:新横浜プリンスホテル)

 
「トワイライトガールズフリードリンクプラン」は予約制で利用人数は女性2~6名、利用時間は17:00~21:00、料金は1名5500円(税・サ料込)(画像提供:新横浜プリンスホテル)

「トワイライトガールズフリードリンクプラン」は予約制で利用人数は女性2~6名、利用時間は17:00~21:00、料金は1名5500円(税・サ料込)(画像提供:新横浜プリンスホテル)


夜は、夜景とともに心ゆくまでお酒を楽しめる「トワイライトガールズフリードリンクプラン」が女性グループにおすすめです。

【DATA】
場所:横浜市港北区新横浜3-4 新横浜プリンスホテル 42階
予約・問い合わせ:045-471-1115(10:00~18:00 ※平日は19:00まで)
営業時間:平日17:00~翌1:00(L.O.翌0:30)
土曜日14:00~翌1:00(L.O.翌0:30)
日・祝日14:00~翌0:00(L.O.23:30)
定休日:無休
アクセス:JR新横浜駅から徒歩約2分
地図:Googleマップ
URL:トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ(新横浜プリンスホテル)
 
  • ティーラウンジ パレグレイス(新横浜グレイスホテル 1階)
新横浜駅近く、新横浜グレイスホテルのティーラウンジでアフタヌーンティーを楽しんではundefined※内容は季節によって変化します(画像提供:新横浜グレイスホテル)

新横浜駅近く、新横浜グレイスホテルのティーラウンジでアフタヌーンティーを楽しんでは ※内容は季節によって変化します(画像提供:新横浜グレイスホテル)


スワロフスキーのシャンデリアが輝く空間で「アフタヌーンティーセット」が楽しめます。プチオリジナルケーキ、フレッシュフルーツ、サンドウィッチ、スコーン、ジャムなどが3段のプレートに。ドリンクは、コーヒー、紅茶(ホットまたはアイス)から選べます。
 
ティーラウンジ パレグレイスは、スワロフスキーのシャンデリアがきらめく、ゴージャスな空間(画像提供:新横浜グレイスホテル)

ティーラウンジ パレグレイスは、スワロフスキーのシャンデリアがきらめく、ゴージャスな空間(画像提供:新横浜グレイスホテル)

スイーツだけでなく、ランチメニューもいろいろ。エッグベネディクトは3種類から2種類が選べ、サラダ・スープ付き(1550円)(画像提供:新横浜グレイスホテル)

スイーツだけでなく、ランチメニューもいろいろ。エッグベネディクトは3種類から2種類が選べ、サラダ・スープ付き(1550円)(画像提供:新横浜グレイスホテル)


【DATA】
場所:横浜市港北区新横浜3-6-15 新横浜グレイスホテル 1階
予約・問い合わせ:045-474-9511
営業時間:平日10:00~19:30、土日祝8:00~20:30
アフタヌーンティーセット提供時間:14:00以降
料金:2060円(税込)
定休日:無休
アクセス:JR新横浜駅から徒歩約1分
地図:Googleマップ
URL:ティーラウンジ パレグレイス(新横浜グレイスホテル)

 

新横浜ならではのカフェ&ベーカリー

新横浜にお店を構える、新横浜ならではのカフェ&ベーカリーを紹介します。
 
  • 【一時閉店中】新横浜ラントラクト カフェ&ダイニング
「ラントラクト」とは、フランス語で「幕間(=休憩時間)」を意味しています。1階~3階に、カフェ、フレンチレストラン、ジャズバー、アーユルヴェーダサロン、占いの部屋がある複合施設。非日常感を演出する、滝が流れる空間が印象的(画像提供:新横浜ラントラクト)

「ラントラクト」とは、フランス語で「幕間(=休憩時間)」を意味しています。1階~3階に、カフェ、フレンチレストラン、ジャズバー、アーユルヴェーダサロン、占いの部屋がある複合施設。非日常感を演出する、滝が流れる空間が印象的(画像提供:新横浜ラントラクト)


新横浜ラーメン博物館の道路をはさんで向かい側、山肌に滝が流れているビルが「新横浜ラントラクト」。1階カフェ&ダイニングは、昼はランチ、夜はアラカルトを提供しており、気軽に利用できます。
※2018年6月16日からリニューアルのため閉店中
 
ソファー席のあるサロン、個室感のあるダイニング、開放的な滝つぼ前のテラス、食前・食後に立ち寄るカウンターバーと、4つの空間が用意されています(画像提供:新横浜ラントラクト)

ソファー席のあるサロン、個室感のあるダイニング、開放的な滝つぼ前のテラス、食前・食後に立ち寄るカウンターバーと、4つの空間が用意されています(画像提供:新横浜ラントラクト)


【DATA】
場所:横浜市港北区新横浜2-15-4 新横浜ラントラクト 1階
TEL:045-475-9331(11:30~23:00)
アクセス:JR新横浜駅から徒歩約5分
地図:Googleマップ
URL:新横浜ラントラクト
※1階「カフェ&ダイニング」は2018年6月16日からリニューアルのため閉店中。BBQForest、アーユルヴェーダサロン、ジャズバー、占いの部屋 しるべは営業。
 
  • パン工房 シャン ド ブレ
階段を上がった2階にある「シャン ド ブレ」。小さなショップなので入店待ちの列が長くなることも(2017年9月10日撮影)

階段を上がった2階にある「シャン ド ブレ」。小さなショップなので入店待ちの列が長くなることも(2017年9月10日撮影)

フレンチレストラン「ハンゾウヤ」が手掛けるパン工房。生地に合わせて産地が異なる小麦粉や塩を使い分けたり、富士山麓に湧き出る天然水を定期的に採水し、生地の仕込みに使用したりと、厳選した素材を使っているそう。自家製種で醗酵させるパンは、仕込みから焼き上がるまで約20時間かかるものも。ショップに併設された工房で焼きたてパンを購入し、敷地内のベンチに座ってすぐに食べることもできます。
 
ハード系、ソフト系、デニッシュ系、惣菜パン、焼き菓子などが並びます。旬の素材を使った期間限定パンもお見逃しなく。画像はselワッサン(150円)、プティアンファン(110円)、きんぴらのキッシュ(320円)※すべて税別(2017年9月10日撮影)

ハード系、ソフト系、デニッシュ系、惣菜パン、焼き菓子などが並びます。旬の素材を使った期間限定パンもお見逃しなく。画像はselワッサン(150円)、プティアンファン(110円)、きんぴらのキッシュ(320円)※すべて税別(2017年9月10日撮影)


【DATA】
場所:横浜市港北区大豆戸町1149 2階
TEL:045-431-7788
営業時間:11:00~16:00
定休日:月・火曜
アクセス:JR新横浜駅から徒歩約5分
地図:Googleマップ
URL:シャン ド ブレ
※系列のカフェ「ラ ・ピエスモンテ」は2017年11月12日に閉店

 

新横浜でモーニングが食べられる早朝オープンのカフェ・モーニング

新横浜駅(新幹線)構内にある「caffe LAT.(カフェラット)25°新横浜駅店」のほか、新横浜駅近辺の朝からオープンしているカフェ、チェーン店をピックアップ。

■横浜ならではのカフェ
  • caffe LAT.25°新横浜駅店(5:45~21:30、電源あり)
横浜の老舗ロースター「M.M.C 三本コーヒー」が手掛けるカフェ。新横浜駅構内(新幹線 東口改札内待合室)にあり、待合室や新幹線でおいしいコーヒーが楽しめます。棚に並んでいる惣菜系、スイーツ系パンのほか、カウンターで焼き上げる「焼き立てホットサンド(3種、580円)」もおすすめ。
焼き立てホットサンド(3種、580円)5分ほどで焼きあがります(2017年9月4日撮影)

焼き立てホットサンド(3種、580円)5分ほどで焼きあがります(2017年9月4日撮影)


URL:caffe LAT.25°新横浜駅店 http://lat25.jp/
 
  • ポティエコーヒー 新横浜店(7:00~L.O.19:00、電源・Wi-Fiあり)
横浜の自家焙煎コーヒーの店「ポティエコーヒー」。直近に収穫された世界各国のハイグレードな生豆を仕入れ、欠点豆をハンドピックし、店内で自家焙煎しています。約30種類から好みのコーヒーが選べます。オーダー後に焙煎する、コーヒー豆販売も。石川町駅元町口(南口)横にも店舗があります。
オープン~11:00までのモーニングタイムには、コーヒーなどのドリンクをオーダーすると、トーストとゆでたまごが無料でついてきます(2019年2月17日撮影)

オープン~11:00までのモーニングタイムには、コーヒーなどのドリンクをオーダーすると、トーストとゆでたまごが無料でついてきます(2019年2月17日撮影)

URL:ポティエコーヒー


■早朝からオープンしているチェーン店など
  • マクドナルド 新横浜駅前店(24時間営業、電源・Wi-Fiあり)
URL:マクドナルド 新横浜駅前店
 
  • キュービックプラザ新横浜
キュービックプラザ新横浜で早朝からオープンしているお店のPRポスター(2019年2月17日撮影)

キュービックプラザ新横浜で早朝からオープンしているお店のPRポスター(2019年2月17日撮影)


神戸屋キッチン 7:00~21:00
スターバックス コーヒー 7:00~21:00
クリスピークリームドーナツ 8:00~21:00
ぐるめストリート カフェ&バープロント 7:00~23:00
ぐるめストリート バーガーキング 7:00~23:00
ぐるめストリート 吉野家 7:00~23:00
ぐるめストリート 丸亀製麺 7:30~22:00

URL:キュービックプラザ新横浜(レストラン/カフェ)http://www.cubicplaza.com/restaurant-cafe/
 
  • ドトールコーヒーショップ 新横浜駅前店(平日6:30~22:00、土7:00~22:00、日祝7:30~21:00、電源・Wi-Fiあり)
URL:ドトールコーヒーショップ 新横浜駅前店
 
  • モリバコーヒー 新横浜アリーナ通り店(6:45~22:00、電源・Wi-Fiあり
URL:モリバコーヒー 新横浜アリーナ通り店
 
  • カフェ・ベローチェ 新横浜店(7:00~22:00、Wi-Fiあり)
URL:カフェ・ベローチェ 新横浜店
 
  • カフェミラノ 新横浜店(7:00~23:00)
URL:カフェミラノ 新横浜店
 
  • 星乃珈琲店 新横浜店(平日8:00~20:30、土日祝7:00~20:30)
URL:星乃珈琲店 新横浜店(Retty)
 
  • カフェ・ド・クリエ 新横浜国際ホテル店(7:00~21:00、Wi-Fiあり)
URL:カフェ・ド・クリエ 新横浜国際ホテル店
 
  • タリーズコーヒー 新横浜店(平日7:00~21:00、土8:00~21:00、日祝8:00~20:00、電源・Wi-Fiあり)
URL:タリーズコーヒー 新横浜店
 
  • スターバックス・コーヒー 新横浜店 (7:00~22:00、電源・Wi-Fiあり)
URL:スターバックス・コーヒー 新横浜店
 
  • スターバックス・コーヒー 新横浜3丁目店 (7:00~22:00、電源・Wi-Fiあり)
URL:スターバックス・コーヒー 新横浜3丁目店
 
  • イタリアントマト カフェJr.(8:00~22:00、電源・Wi-Fiあり)
URL:イタリアントマト カフェJr.(新横浜プリンスペペ)
 
  • サブウェイ新横浜店(8:00~21:00、土日祝8:30~20:00)
URL:サブウェイ新横浜店
 
  • 新横浜ファーストキッチン・ウェンディーズ(月~金7:30~22:00、土日祝 7:30~21:00、電源電源・Wi-Fiあり)
URL:新横浜【WFK】

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。