英語の勉強にもなるワードサーチゲーム!

英語の勉強に疲れてしまったらゲームで気分転換をはかりましょう。

英語の勉強に疲れてしまったらゲームで気分転換をはかりましょう。


英語の勉強に疲れたときは息抜きをしましょう。今回はちょっと楽しいゲームサイトのご紹介です。ワードサーチって知っていますか? たくさん並んだ文字の中から隠れている単語を探し当てるゲームです。

自分の好きな単語を隠してワードサーチのゲームが作れてしまう、Word Turtle というサイトのご紹介です。

ビンゴゲームはよく知られていますが、いつもビンゴゲームではつまらない、というようなとき、ワードサーチで楽しんでみませんか? コピーすれば、みんなが集まるパーティーなどでも使えます。ヨーイドンで誰が一番早く指定された単語を探し当てられるか、早く終わった人から商品をゲットなんていかがですか?

もちろんひとりで楽しむこともできます。遊んでいるうちに、知らず知らずに語彙も増えます。たとえ子供だましのゲームでもあなどれませんよ。

 
ワードサーチゲーム
たくさん並ぶアルファベットの中からお目当ての単語を探し出すのがワードサーチゲーム。

ゲームで知らないうちに英語彙が増える!

では遊び方のご紹介、右のページをみてください。たくさん並んでいる文字の間に果物の名前が隠されています。Apple, Orange, Grape, Pear, Melon などの単語を探し出すものです。

ワードサーチは、簡単バージョン(Easy)、中級バージョン(Medium)、難しいバージョン(Hard)、さらに超難関バージョン(SuperBrain) と分かれていますので、自分にレベルにあったものを選ぶことができます。種類もいろいろなものから選ぶことができます。飲み物シリーズ、ペットシリーズ、ハリーポッター特集など、ジャンルごとに単語がまとまっています。

World War II なんていうジャンルがあったので、どんな言葉を探すのかと思いきや、Hitler(ヒットラー)、Roosevelt(ルーズベルト)、MacArthur(マッカーサー)、Hiroshima(広島)などでした。

 
ワードサーチゲーム
自分や友達の名前をワードサーチの中に埋め込んで楽しむのはいかがですか?

世界にたったひとつ、あなただけのオリジナル ワードサーチ

Word Turtle の トップページ、左側 Make Your Own Puzzle のところでは、世界にたったひとつしかない、あなただけのオリジナルワードサーチゲームを作ることができるんですよ。

まず、レベルを選んで、次に好きな単語を打ち込みましょう。ここに自分の名前や友達の名前を忍び込ませて、パーティーのときなどに、ビンゴの代わりに遊ぶなんていかがですか? 例えば、Bob, Sanae, Ken, Paul, Kelly などの名前をタイプすると、あとはコンピューターが勝手にワードサーチゲームを作ってくれます。今までとちょっと違った宴会の楽しみ方ができます。

これは一番簡単なバージョンで作ってみましたが、難しいバージョンにすると文字数も増えますし、探し出す単語も縦、横、斜め、あるいは、下から読んだり、右から読んだりしなければならないため、より複雑になります。チャレンジしてみてくださいね。

こうして生活の中に英語に触れられる時間を散りばめていくのが賢い英語学習者といえましょう。勉強したくなくなってしまったときは、こんな英語ゲームで頭をやわらげ、気楽に構えてみませんか? そのうち、またモリモリとやる気も湧き上がってきますって!

【関連記事】


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。