英語を勉強している人なら一度は憧れる同時通訳の世界。どんな世界なのでしょう? 覗いてみたいと思いませんか? 今回は、フリーの通訳者・翻訳者としてご活躍の寺田真理子さんにお話を伺ってみました。寺田さんは、さらに執筆活動もしていらっしゃるスーパーウーマンです。英語学習者に向けて的確なアドバイスをいただきました。

現役同時通訳者から英語学習者へのアドバイス

同時通訳者 寺田真理子さん
フリーの通訳者・翻訳者、さらに執筆活動でもご活躍の寺田真理子さん
ガイド:寺田さんは現在、同時通訳者としてご活躍ですが、ズバリ、寺田さんのご経験から全国の英語学習者にアドバイスをいただけませんか?

寺田真理子さん:私は大学在学中から通訳学校「サイマルアカデミー」に通い始めました。しかし、通訳者として仕事をしている今現在が一番勉強しているかもしれません。英語を学び始めるにあたっては、次の3点にポイントを置くといいかもしれませんよ。

(1) 英語を自分の好きなことと結びつける
何でも自分の興味のあること、好きなことなら、もっと知りたいと思えるし、ある程度予備知識も持っているので、英語がそんなに苦になりません。自分が趣味としていることを英語で学ぶのはもちろん、「英語の先生が好き」 という単純な理由でもかまわないと思うんですよ。外国の好きな俳優や女優のことを調べたり、来日の際に一言声をかける日を夢みたりしてもいいでしょうね。

同時通訳者 寺田真理子さん
「同時通訳の仕事をしている今が、一番勉強しているかも…」
(2) 現在地点と到達地点を明確にする
自分の今の英語の実力を見極め、目標地点をはっきりとさせる、ということが大事だと思います。そうすることによって、どんな勉強をしたらいいのか、どれくらい勉強したらいいのかが見えてくると思います。ただ漠然と 「英語が話せるようになったらいいなあ」 と思っているだけでは進歩はしないかもしれませんね。

(3) 地道に続ける
コツコツと長く続ける ―― やはり、これに限ると思います。よく 「どうやったら英語が話せるようになるのでしょう?」 と聞く人が多くいますが、必死になってやれば誰でも話せるようになりますよ。通訳になるような人たちは、もう嫌になるというほど英文を読みこなし、何度も繰り返し勉強し、泣くほどの努力をしています。そうやって初めて他の言語は習得できるのではないでしょうか。


寺田さんは翻訳家としてもご活躍です。寺田さんが翻訳した本、のぞいてみましょう。