書いてある英語と聞こえてくる英語は違う

旗
アメリカ英語に顕著な音の崩れ
皆さんすでにご存じのように、英語は、書いてある文字と聞こえてくる音が違ってきます。音の脱落があったり、重なり具合によっては、まったく違った音になってくるからです。例えば「and」という単語、実際のネイティブたちの会話の中では、「ン」という音でしか聞こえてこなかったり、「Would you like some more?(もう少しいかがですか?)」の「would you」の部分は、「ウッドゥ ユー」ではなく「ウッジュー」となるのが普通です。これらを総称して「音の崩れ」と呼ぶようですね。

音の崩れの代表例

代表的な音のくずれをいくつか下記にあげてみましょうか。カタカナで表記してしまうと実際の音とはズレが出てきてしまうので、本来は耳で確認するのが原則ですが、ここでは、典型的な例を何点かあげてみます。

but I バライ
gonna ( = going to ) ガナ
wanna ( = want to ) ワナ
cut it out ( = stop it ) カリルアウト
coming up カメナップ

ちょっと極端な例をあげてみましたが、いかがでしょうか? この現象は、特にアメリカ英語に顕著に表れるようですが、程度の差こそあれ、イギリス英語にも他の国で話される英語にも起こる現象で、これを理解することによって、さらにリスニング力、会話力が増すというものだと思います。

では、上記のフレーズが入ったダイアログで、実際に「音を崩した状態で」音読をしてみてください。


Kanko : Gee. Susan is really beautiful and smart.
(カンコ : うわぁ~。スーザンってすっごくきれいで頭がいいのね。)

Mark : Yeah, it is true. But I think YOU are more attractive.
(マーク : そうだね。でも僕は君のほうが魅力的だと思うな。)

Kanko : Cut it out! Next you're gonna tell me I'd win the Miss Universe Beauty Pageant. Are you trying to make me buy you lunch or something?
(カンコ : やめてよ!次は私がミスユニバース美人コンテストで優勝するんじゃないかって言うんでしょ。私にランチでもご馳走させようっていうの?)

Mark : Nope. I just wanna receive a gorgeous present. Christmas is coming up soon.
(マーク : いぃや。豪華なプレゼトが欲しいなぁ。もうすぐクリスマスだしね。)

Kanko & Mark : Ha ha ha!!!
(カンコ & マーク : あっはっは!)
 

音の崩れを知るとリスニングに大きな差が

外国人
これからはもっと聞き取れるようになる!
「coming up=カメナップ」これは極端な例かもしれませんが、英語を始めた頃、米軍のラジオ放送「AFN」を聞いていると、よく耳にするのが「カメナップ スーン」とか「カメナップ サンディ」なんていう言葉。私は真剣に「カメナップ」なる単語を辞書で探しました。しかし、あらゆるスペルを当てはめて辞書をひっくり返してみても、この単語は見つかりません。ついに降参した私は、アメリカ人に「カメナップ サンディ」の意味を聞いてしまいました。「Coming up Sunday」だとわかったときの驚きといったらありません!

私たち学習者がわざわざ好んで崩れた英語を使う必要はないかも知れません。ですが、これを知っているのと知らないのとでは、聞き取りに大きな差がでてきます。ラジオやTV、映画など、あるいは、ネイティブのお友だちと話すときなど。生の英語に触れるとき「音の崩れ」に耳を澄まし、英語を楽しんでみませんか?

笑いの音は世界共通! 楽しみながら英語を伸ばしましょう

笑いの音は世界共通ということに気付きましたか?「笑いの音」はどうやら万国共通のようです。失敗しても笑って英語を口から出しているうちに、あなたの英語はみるみる上達しますよ。

次回は、この口から英語を出す訓練、シャドーイングに焦点を当ててみたいと思います。

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。