どのように勉強する?

英語を始めるにあたって、『どのように英語を勉強したら良いの?』という疑問を抱くと思います。実は、英語を学ぶってそんなに難しいことじゃないんですよ。

★ポイントはたったの3つ
「真似っ子する!」
「仲間を作る!」
「毎日続ける!」


たったコレだけです。なぁ~んだ、簡単じゃない!とお思いでしょうか?そう、簡単なんです。これだけを忠実に守ればいいのです。

イギリスやアメリカの子供達が英語を話しているのを聞いて、どうしてあんなに小さな子でも英語が話せるのに自分にはできないの?と思ったことはありませんか?特に天才君じゃなくたって、ごくごく普通のおじさんやおばさんだって英語を操っているではありませんか。そう、理屈じゃないんです。真似っ子から入れば、そんなに遠い道じゃないんですよ。

ここでは、これだけは頭に入れておいて欲しいというポイントをお伝えしますね。


音声を使った勉強が大事

英語を話せるようになりたかったら、音声を使った勉強が効果があるんだそうですよ。ネイティブが吹き込んだテープを聞いて真似をする作業があなたを達人へと導くのです。英検準1級レベルの実力を持っていても話せない人、英語を読めても話すのは苦手というのがかつての日本人のパターンでした。音声をもとにした訓練をしていないという盲点があったからです。でも、これからは違います。ちまたには、きれいな英語があふれているし、簡単に手に入る時代となりました。


ラジオの活用

たくさんの英会話番組がありますが、ラジオが手軽!テレビは画像が出るので、その動きで何となくわかったような気になってしまうので、おもわぬ盲点があるんだそうな。「はぁ、なるほど、わかった!」と思っても、いざしゃべってみようとすると話せない、といった問題に陥ってしまうのですね。お薦めは、A) NHKラジオ英会話レッツスピーク B) NHKビジネス英会話、C) NHKリスニング入門、この3点です。


テキストは1本に絞る

3つやることは、ないんですよ。自分のレベルにあったものをひとつだけ選びましょう。この『ひとつ』、というのもポイントです。あれもこれも手をだすと、結局どれも中途半端で終わってしまいます。『これ!』と決めたら、それだけを集中してやります。本屋さんに行くとあれこれ目がいって、英語関係の本を買いたくなりますよね。お金があり余っている人以外は、我慢、我慢!新聞広告を見ても教材のうたい文句に引かれてしまいます。すぐに手を出す必要はありません。本は買っても結局棚に飾って安心してしまった経験ありませんか?広告につられて高いお金を払って教材を手に入れ、そのCDを毎日聞けるのなら、ラジオで十分なのです。忙しいからラジオは聞けない?じゃ、購入したCDだって一緒です。