エラー値「#VALUE!」がでる原因と修正する方法

Excelの計算結果が「#VALUE!」になっている場合、どのように解決すればいいのでしょう? これは、引数が正しくないために#VALUE!(読み:バリュー)というエラーがでているのです。その原因と解消方法をご説明します。

#VALUE!【読み:バリュー】

【原因】
参照値(引数[ひきすう])が違っている。

【回避法】
参照する値を正しいものにする。
 

エラー値「#VALUE!」判定が出る例と、修正方法
「欠席」→「0」に変えて回避!

数をひとつずつ入れたもの(左表)、関数で計算したもの(右表)

数をひとつずつ入れたもの(左表)、関数で計算したもの(右表)

上の2つの表はそれぞれ、数をひとつずつ入れたもの(左表)と関数で計算したもの(右表)を並べています。合計を出した上の表では、単に数値の入ったセル値で数式を出した方は、エラーになっています。しかし、SUM関数で出した方は、引数に数値でない「欠席」という文字も認識して数値のみで計算ができています。
数をひとつずつ入れたもの(左表)、関数で計算したもの(右表)

数をひとつずつ入れたもの(左表)、関数で計算したもの(右表)

こちらの表では、平均を出すのに合計を数値で入れてから個数で割った方は、エラー値になっていますが、関数AVERAGEで出した方は答えを出しています。

#VALUE!の表示が出た場合は何か間違った値を入れていると考え、数式の中に入っている範囲の確認をしましょう。
 

今まで「欠席」と入力されていたセルを0か、空欄のままにすると、エラー値が数値に変わります。
 

「#VALUE!」を表示させない(非表示・空白にする)方法

「#VALUE!」判定が出る可能性があり、エラーが出たときには空白のセル(何も表示されていないセル)にしたい、というケースもあります。その場合はIFERROR関数を使いましょう。

IFERROR関数では、1つめの引数に「エラーが発生したかどうかを判定したい数式」を指定し、2つめの引数に「エラーが発生したときに表示させたいデータ」を指定します。

=IFERROR(D2+D3+D4+D5+D6+D7,"")
#VALUE エラー 非表示 空白 表示させない 

IFERROR関数を利用しエラーが出たときに空白を返す

1つめの引数の数式でエラーが発生しなければ数式の結果が表示され、エラーが発生したら2つめの引数に指定したデータ(今回は空白)が表示されるわけです。


~~~Excelエラーの関連記事~~~

【連載INDEX】
▼エクセルで####とエラーが!
▼エクセルで#NULL!とエラーが!
▼エクセルで#DIV/0!とエラーが!
▼エクセルで#VALUE!とエラーが!
▼エクセルで#NAME?とエラーが!
▼エクセルで#REFとエラーが!
▼エクセルで#NUM!とエラーが!
▼エクセルで#N/Aとエラーが!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。