図形の中でも、「線」は図の補助的な役割で描く頻度が高い図形と言えます。ポイントは「線の種類による描き方の違い」と「他の図形とのつなぎ方」です。


線の種類

Excelの図形では、次の12種類の線を描画できます。描き方の違いで、大きく「直線、矢印、双方向矢印」「フリーハンド」「フリーフォーム」「曲線」「カギ線コネクタと曲線コネクタ」の5つに分類できます。
線の種類

線の種類

Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面



直線、矢印、双方向矢印の描き方

「直線」「矢印」「双方向矢印」を描くには、描きたい線の種類をメニューから選択した後、線の始点から終点までマウスポインタをドラッグします。ドラッグせずにワークシート上をクリックすると、既定の角度と長さで線が描画されます。
矢印を描く

矢印を描く

ワークシート上をクリックして既定の矢印を描画

ワークシート上をクリックして既定の矢印を描画



この3種類の線は、図形のメニュー上では区別されていますが、矢印、双方向矢印は、直線の始点または終点に矢頭が付いただけなので、本質的にはすべて直線です。したがって、直線の終点に矢頭を設定すれば矢印になりますし、始点にも矢頭を設定すれば双方向矢印になります。
直線、矢印、双方向矢印の違い

直線、矢印、双方向矢印の違い

矢頭を設定するには、線をクリックして「Ctrl」キー+「1」キーを押し、表示された「図形の書式設定」ダイアログボックスの「線のスタイル」で「始点の種類」または「終点の種類」を設定します。
矢頭の設定

矢頭の設定

Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面  

 

線・矢印をまっすぐ引く方法

線や矢印を引くときに、微妙に曲がってしまう……と悩む人も多いようですが「Shift」キーで解決できます。「Shift」キーを押しながら操作すると、直線を引く時に水平垂直45度の斜め線を引くことができます。


フリーハンドの描き方

「フリーハンド」は、文字通り自由に線を描くことができます。マウスポインタをドラッグして描きます。
フリーハンドの描き方

フリーハンドの描き方


続いて、フリーフォームの描き方です。次ページへどうぞ!