複数行×複数列のセルを選択して[横方向に結合]を設定すると、セルが行ごとに結合され、複数行×1列になります。っとこだわった表を作成したり、セルの幅と高さを小さく調整してワークシートを方眼紙のように利用したりするときなどは必須の機能といえます。

この記事では、セル結合を利用する上での便利ワザをご紹介します!


まずは基本から セル範囲をひとつのセルに結合するには?

まず、結合したいセル範囲を選択して、その上で右クリックし、表示されたショートカットメニューから、「セルの書式設定」を選択します。




Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面


表示された「セルの書式設定」ダイアログボックス内の「配置」タブをクリックし、「文字の制御」の「セルを結合する」をクリックします。



「OK」ボタンをクリックして、「セルの書式設定」ダイアログボックスを閉じると……はい!セルが結合されています!





複数のセル範囲を効率的に結合する便利ワザ

結合したいセル範囲がいくつもある場合、いちいちセル範囲を選択して、「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示して、「セルを結合する」をクリックして……といった作業を繰り返すのは面倒ですね。

そこで、結合したいセル範囲をまとめて選択しておいて、セル結合の操作を1回で済ませる方法をご紹介しましょう。

通常、セル範囲を選択してから、別のセル範囲を選択しようとすると、選択されていた状態が解除されてしまいます。



このような、離れたセル範囲を連続して選択する場合は、「Ctrl」キーを押しながらセル範囲を選択します。この方法を使えば、結合したいセル範囲をまとめて選択できますね。



そして、選択されている任意の場所で右クリックして、「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示し、「配置」タブ内の「セルを結合する」をクリックすれば、この通り! 一気に複数のセル範囲をまとめて結合できました!





もっと「簡単に」「手早く」セルを結合する

セルを結合する手順はご理解頂けたと思いますが、実は、これらの操作をもっと簡単に手早く済ませる方法があります! 実は、Excelには「セルの結合」ボタンがあります。通常の設定では表示されていませんが、次の手順で表示させることができます。

Excel2007以降では、[ホーム]タブの[配置]の[セルを結合して中央揃え]があるので、[▼]を押して操作を選べます。

Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面

[▼]では以下の4つのパターンが表示されます。

[セルを結合して中央揃え]…セルが結合され、結合する前の左上のセルの文字のみが保持され、結合したセルの中央に表示される

[横方向に結合]…行単位で結合する。選択セルに複数のデータが入力されている場合、データのあるセルのうち最も左側のデータが保持され、表示される

[セルの結合]…行単位ではなく、全てのセルが結合される。結合する前の左上のデータのみが保持されて表示される

[セル結合の解除]…セル結合が解除される。セル結合によりデータが消えたセルは、解除してもデータは復活しない


Excel2003以前では、「ツール」メニューの「ユーザー設定」を選択します。


 
表示された「ユーザー設定」ダイアログボックスで、「コマンド」タブをクリックし、左側の「分類」の一覧から「書式」を選択します。そして、右側の一覧を見ていくと……「セルの結合」ボタンがありました!しかも、親切に「セルの結合の解除」ボタンまであります!



これを現在表示されているツールバーへドラッグ&ドロップします。ドロップする場所は、どのツールバー上の、どの場所でも問題ありません。最後に「閉じる」ボタンを押して、「ユーザー設定」ダイアログボックスを閉じます。

※ドラッグ&ドロップとは、操作の対象をクリックして、左ボタンを押したまま、目的の場所までズルーッとマウスで移動し(ドラッグ)、目的の場所の上で左ボタンを離す(ドロップ)操作です。



さぁ!表示したボタンを使ってみましょう!結合したいセル範囲を選択して、「セルの結合」ボタンをクリックします。



いかがでしょうか?操作がとても簡単になりましたね!


表示したボタンを消す方法

ツールバーに表示したボタンを消す手順は次の通りです(Excel2007以降では、セルの結合ボタンは常に表示されているので、消去はできません)。

「ツール」メニューの「ユーザー設定」を選択します。




「ユーザー設定」ダイアログボックスが表示された状態で、表示したボタンをツールバーの外へドラッグ&ドロップします。




「ユーザー設定」ダイアログボックスを閉じて操作終了です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。