便利だけど使い方を忘れがちなVLOOKUP関数

VLOOKUP」とは、検索したデータに該当した行の指定列からデータを取り出す関数です。データを検索する関数の中でもっともポピュラーな関数といえます。しかし、その使用方法が理解しづらかったり、何度もヘルプにお世話になったりしている方も多いと思います。この記事を読んで、一気にVLOOKUP関数を制覇してしまいましょう!

index

まず、VLOOKUP関数とは何か?を知って頂くために、簡単なサンプルをご覧ください。



このサンプルでは、「商品検索」の「No」に商品Noが入力されると、「商品マスタ」内でそのNoを検索し、そのNoに該当する商品の「商品名」と「単価」を取り出して表示します。つまり、VLOOKUP関数は、データを検索し、そのデータに該当した行の指定列からデータを取り出す関数なのです。

それでは、VLOOKUP関数が入力されているセルのうち、商品名を表示するセルC16の内容を詳しく見てみましょう。


1番目の引数【検索するデータ】

セルC16の数式は
=VOOLKUP(B16,B3:G12,3,FALSE)
です。()の中の引数をひとつずつ解説します。

1番目の引数(今回の場合は「B16」)には、検索したいデータ、もしくは、そのデータを入力するセルを指定します。サンプルでは、「商品検索」の「No」のセルが指定されています。
入力されている関数


指定されたセルの位置

>>次のページ:2番目の引数【検索する表の範囲】