ブリッジポート大学
キャンパスの目の前には370エーカーに及ぶ州立公園とビーチが広がっている。
University of Bridgeport(ブリッジポート大学)は1927年にアメリカ北東部で最初の短期大学としてJunior College of Connecticutの名前で設立され、1947年に現在のUniversity of Bridgeportに改組された私立の総合大学です。

ニューヨークとボストンの間という好立地

キャンパスはアメリカ東海岸のロングアイランドの海岸沿いに面し、ニューヨークまで車で1時間、ボストンまで3時間という好立地。週末などに日帰りや1泊で買い物や観光に出かけられます。

大学のキャンパスは86エーカーと広く、また、キャンパスの目の前には370エーカーに及ぶ州立公園とビーチが広がっているので、とても恵まれた自然環境の中にあると言えます。

学生が安心して学べるように24時間体制で警備員を配置し、全学生に緊急時対応の小型アラームを配布していることも、留学生にとっては安心です。ボタンを押すと、警備室のコンピュータが学生の現在地を認識し、即座に救助できるシステムを導入しているそうです。

留学生の受け入れ率が全米一

ブリッジポート大学はアメリカの中でも留学生の受け入れ率が一番高い国際的な大学として知られ、世界91カ国、全米34州から学生達が集まっています。大学では「インターナショナル・ナイト」というイベントを開催して各国の料理や音楽などを紹介しあうなど、学生同士の交流を図っていますので、世界各国から集まった学生と交流するなかで、世界の文化への理解を深め、問題をみつめる良い機会になるでしょう。

留学生への学習環境も抜群

ブリッジポート大学は留学生が安心して学べる学習環境を提供しています。授業についていくためのサポート機関としてアカデミック・リソース・センターを設置し、そこには上級生や大学院生が一日中スタンバイしており、授業で分からなかった内容やリーディング、レポート作成などの指導と成績アップに繋がるサポートが気軽に受けられます。

また、教授が設けるオフィスアワーでは、授業についてのあらゆる相談、質問などができ、懇切丁寧な指導を受けられます。そして、オフィスアワー以外でも教授とのEメール交換によるサポートを受けることも可能です。

次のページは付属の語学学校と滞在方法についてです。