最近顔が疲れているかも……と感じたことはありませんか? 疲れた顔は老け顔のモト! まずはメイクで改善して、理想の輝きのある表情をキープしましょう!

疲れ顔改善に即効性があって、最も効果的なのは、眉や目元の印象を変えること。

強弱が効いていて適度に濃さもある太眉、顔に上手に馴染んだマットなアイラインがポイントです。言葉にすると難しそうですが、カンタンです。

NGポイントも交えつつ、目元をパッと明るく見せるメイク技をご紹介しましょう。

まずはNGポイントから。

違和感大!
ズンドウ眉&妙な光沢感のアイライン

NGメイク
細い眉は昔はやっていたという事もあって、老け顔に見えがち。アイラインに関しては、リキッド特有の光沢感が妙に目立ってしまう場合があります。この二つに気をつけて!
細すぎる眉や、切りすぎた眉は目元に大きな影響を与えてきます。眉が細すぎると目元の印象が薄くなったり、アイメイクが強調されすぎたりする場合があるので気をつけて。

また、太すぎるアイラインは目が一重に見えてしまったり、リキッドアイライナーのツヤ感は上手に使わないと妙な光沢感だけが残ってしまいます。


以上の点を踏まえて、改善メイクをご紹介!まずは眉改善から。

太さに強弱! 眉毛の流れは上向きに!

■ 強弱のある眉の作り方
強弱のついた眉

左は細い部分は細く、しかし太い部分は太く、といった様にしっかりと強弱がつけられています。逆に右は一直線の細い眉。

見て分かる様に、明らかに左の方が目にインパクトがあるし、何より元気な印象。逆に右の方はちょっと寂しい印象が目元に影響を及ぼしています

作り方は簡単。眉頭の方から眉尻に行くにしたがって徐々に細くしていくだけ。ポイントは二つあって、まずは眉尻が眉山より下がらない事。眉尻が眉山より下がっていると、若干バランスが崩れて仕上がりが綺麗に見えないのです。
もう一つはシーンによってカーブを使い分ける事。ちょっとキリッと見せたいときはへの字のカーブを強調して、優しい印象にしたい場合はカーブを少なめに作るだけ。


■ 眉毛の流れの整え方
眉毛の流れを上向きに
人によっては、せっかく綺麗に丁度良い長さにカット出来ても、毛流れが下向きで、眉が下がって見えてしまうという方も多いはず。

そんな時に使うのがハードスプレーとスクリューブラシ。
少量ハードスプレーをスクリューブラシにシュシュっと噴いたら、後は眉を上向きにとかしてあげるだけ。

理想的な毛流れを作ることで、非常にアイブロウが楽になる事と思います。ただしスプレーの使いすぎは眉を痛めてしまうので気をつけましょう。


>>次ページでアイラインの改善メイクをご紹介! >>