50代で老後破産を防ぐポイントとは?

50代になると、子どもは独立していきます。支出が減り、生活は落ち着いてきます。その一方で、今後得られる収入も、ある程度予想ができてしまうのではないでしょうか。50代を迎えたら、今まで以上に計画的にお金を使うことが大事になります。

退職後は収入が限られます。無計画なままお金を使っていると、老後破産してしまう可能性があります。破産を防止するためにも「キャッシュフロー表」を作り、自分の収支がこれからどうなるのかを、シミュレーションしておくことが大切です。
 

まずはライフイベント表を作ってみる

50代は仕事やプライベートについても、どのようになるのか、どのようにしたいのかがおおむね見えてくる頃合いです。

キャッシュフロー表でシミュレーションする前に取り組んでほしいのが、これからの「ライフイベント表」を作ることです。

・参考:日本FP協会 ライフイベント表
https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

ライフイベント表を作ると、人生のイベントを把握することに役立ちます。ライフイベントというと大げさに聞こえるかもしれませんが、いつ、どこに旅行をする、子どもの結婚資金を援助する、マイホームを住み替えるなどの希望するイベントを書きだし、そのイベントにかかる費用を把握しておきます。

いつ、何に、いくらくらいのお金が必要なのかが分かれば、シミュレーションする際に、より自分の希望に沿ったキャッシュフローを作ることができるようになります。

50代は「最後の貯め時」でもあります。退職までの間にがんばって働き、老後に使うための貯金を積み上げておくことが大事です。
ライフイベント表、キャッシュフローを作成する

現状のお金の流れとともに、セカンドライフを迎えてからどのような暮らしがしたいのかを認識することは大切です。自分が思い描く生活が分かれば、どれくらいのお金が必要なのかが分かりますし、お金を貯めるモチベーションアップにもなります

 

少なくとも男性85歳まで、女性90歳までのキャッシュフローを把握する

キャッシュフロー表は自分で作成しても、各社サイトにある表に入力してもOKですが、おすすめは日本FP協会のサイトです。誰でも無料でダウンロードできます。「家計のキャッシュフロー表」と書かれているものをクリックしてください。

・参考:日本FP協会 キャッシュフロー表
https://www.jafp.or.jp/know/fp/sheet/

エクセル版をダウンロードしたら、あとはデータを入力していくだけです。20年後までのキャッシュフローの状態が分かりますよ。ちなみに、ここでダウンロードできるキャッシュフロー表は、スタートが2021年で、エンドがその20年後の2041年になっていますが、エクセル版なら自分で年数を先に延ばすこともできますので、好きなようにカスタマイズしてみましょう。

50代で作成するときには、余裕を持って男性なら85歳まで、女性なら90歳までのお金の流れを把握しておいた方がよいでしょう。

いくらキャッシュフロー表を作成しても、人生にアクシデントはつきものです。定期的に見直しをし、シミュレーションし直す、お金の支出タイミングを見直すことも必要です。

【関連記事をチェック!】
100万円預けるならどこがいいですか? 元本保証でオススメの定期預金を紹介
50代で老後資金をあまり準備できない人が、老後貧乏にならないコツ
非正規雇用やアルバイトだったら、老後に備えてどのようにお金を貯めたらいい?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。