「普段は“グロスちょんちょん”でおしまい!」なんてあなたに警告! 「なんだかメイクがぼやけてる」「最近急に老けたみたい……」、その原因はリップメイクの手抜きにあるのかも知れません

口紅やリップグロスは正しく塗ってこそ、その効果を発揮してくれるアイテム。今こそ普段のリップメイク、見直してみませんか?


基本編――まずは正しい塗り方をマスター

A. 口紅のみで仕上げる場合

【1】リップペンシル(先はとがらせすぎないこと)で唇の輪郭をとります。このラインは唇の色の境界ではなく、ふくらみの境界線をなぞるのが基本

まず上唇上部の山(左右のバランスに注意)のラインを描き、次に下唇底辺のライン、最後に口角から上下のラインへとつなぎます(右図)。この際、口角のラインは上下をきちんとつなげること。軽く口をあけてみて、上下のライン間に隙間がなければOKです。

【2】ラインが完成したら、ブラシに口紅を取って塗っていきます。まずは下唇の中央部にブラシを乗せ(左図)、徐々に広げる感じで全体に口紅をのばしていきます。

リップペンシルを使わない場合は、まずブラシにとった口紅を下唇中央にのせたあとに、そのブラシを使ってラインをとります。口紅を取ったあとに、いきなりラインからはじめるとライン部に口紅が乗りすぎるので注意

【3】唇全体に色を乗せたら、今度はリップライン上にブラシを置き(右図)、ラインをなぞるようにして色とラインをなじませます。自然に仕上げるための重要なステップ。

【4】塗り終わったら、ティッシュで全体をおさえ(左図)、余分な色・つやを取り除いて完成。この一手間で、唇と口紅がなじんで自然な仕上がりに

このあと仕上がりをチェック。必要なら口紅を重ねたり、もう一度おさえたりして好みの発色に調整すれば出来上がり。

POINT 唇の老化に気付いたら……

目元以上に「老け顔」を演出してしまうのが唇の老化。口角の位置が下がっていたり、上唇が痩せて薄くなってきたりしたら要注意です。

とはいえ、どちらの現象もリップラインを描く時にある程度補正可能。口角は多少上に、上唇のラインはふくらませ気味に描けば(右図)、若々しい印象を取り戻せます。

次のページでは、グロスを使ったリップメイクの基本と化粧直しのポイントを解説します。


もっと知りたい! 関連リンク集
もっともっとメイク上達したい!
→「
All About メイクアップレッスン」へ
ガイドいちおしの口紅は?
→「
公開! ガイドのハマリ口紅」へ
さらに深くリップメイクのコツを知りたい!
→「
正解リップのメイク法」へ
アーティストのリップメイク術を知りたい!
→「
メイク上達間違いナシ! の本3冊」へ
口コミで人気の口紅って?
→「
コスメ口コミ情報」へ
たくさんの色から私だけの口紅を選びたい!
→「
未来の口紅は……こんな感じ?」へ
今シーズン、どんな色の口紅を買えばいい?
→「
速報! 秋冬新色 <前編>」へ
→「
速報! 秋冬新色 <後編>」へ