老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、年金を受給しながらアルバイトをする場合、年金がカットされない収入がいくらなのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年金受給しつつバイトをする場合、いくらまでなら年金カットされないのですか?

「65歳未満で、年金をもらいながらパートやアルバイトをするとしたらいくらまで働いてもいいのですか?」(相談者)
 

A:65歳未満の場合は、厚生年金加入で、年金月額と賃金月額の合計が28万円を超えると減額されます

65歳未満の方が厚生年金に加入し、パート・アルバイトをする場合、年金月額(厚生年金÷12)と賃金月額の合計が28万円(2022年・令和4年4月以降は47万円)を超えると、年金が減額されます。ただしパートやアルバイトであっても、厚生年金に加入しないで働けば、いくら働いても年金はカットされません。
 
厚生年金適用事業所にパート・アルバイトとして、常時雇用されている従業員の所定労働時間の
3/4以上働けば、社会保険に入ることになります。

従業員数(厚生年金加入者数)500人以下の事業所の場合は、週の労働時間がフルタイムの4分の3以上、賃金月額8万8000円以上などの要件を満たすと厚生年金に加入することになります。

パート・アルバイトが社会保険に加入できるよう、厚生年金・健康保険の適用範囲を順次拡大していくことが、法律で決まっています。週20時間以上働くことが多く、賃金月額8万8000円以上のパート、アルバイトの方は、勤務先の従業員数(厚生年金加入者)によって、将来的には、厚生年金に加入し、賃金と年金の合計で年金が調整される可能性がありますので、知っておきましょう。
 
※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
50歳を過ぎた人がやっておいたほうがいい、60代に向けた「お金の老い支度」って?
特別支給の老年厚生年金とバイト収入がある場合、合計されて税金が引かれるの?
18歳から会社員。63歳になる前に、年金の44年特例で、退職を選択してもいい?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。