特徴


ラテラル・サイ・トレーナー
いわゆる足踏み運動を主に行なうステッパーです。
従来の上下の足踏み運動のみを行なうステッパーと違い、右足を踏み込めば左右のペダルとも右方向へ(かかとのみ)、左足を踏み込めば左右とも左方向へスライドする特徴があります。

この横への動きが加わるために、大腿(太股)の筋肉全体が刺激され、特に大腿の左右の側面の筋肉への付加を強く感じます。


ラテラル・サイ・トレーナー
右足を踏み込むと、このように左右のペダルが上下しながら右にスライドします。
また、上記の下半身の変則的な動きをスムーズに行なうためには、上半身でウエストのねじれを伴いながらバランスをとらなければなりません。結果ウエスト周りの筋肉も運動させることになり、単に上下に移動するステッパーよりも広範囲な筋肉を刺激することができます。


使い方


ラテラル・サイ・トレーナー
上の写真を真後ろから見るとこうなります。
負荷の調節が可能になっていますので、有酸素トレーニングを重視するときは軽めの負荷で早めのスピードでペダルを踏みます。一方大腿の無酸素(筋肉)トレーニングを重視するときは強めの負荷で力をこめてペダルを踏みます。

また、別売のゴムチューブやダンベルを同時に使うことにより、アームカール(肘を曲げのばしすることにより主に上腕の”力こぶ”を鍛える運動)やサイドレイズ(両腕を横に広げることにより、肩や背中を鍛える運動)もできます。


注意点


■モチベーションの維持の難しさ

ラテラル・サイ・トレーナー
サイズはやや大きめです。
やや変則的な動きではあるものの、単調な運動であることには違いありませんので、実際に一人でこの器具を使い続けるには飽きないための工夫か強力な動機が必要になると思われます。

■場所の確保

一番長いパーツで約60センチあり、ステッパーとしてはかなり大きめです。また移動可能ではありますが、利便性を考えると出し入れして使用するのは(長期間使用するためには)現実的ではありません。固定して設置できる場所を確保するべきでしょう(確保できる方のみにおすすめです)。


■関節の動きがやや不自然

ラテラル・サイ・トレーナー
取り外しが可能なカウンターがついていて、歩数や使用時間などが表示されます。
ペダルが左右に動きながら上下するために、慣れるまでは特に膝関節にねじれを感じます。筋力が弱い方やバランスをとるのが苦手な方は使いづらさを感じることでしょう。

また、特に太ももの側面への刺激が強いために、人によっては筋肉の発達により太もものサイズが大きくなることも考えられます。サイズにこだわる方は、負荷を軽くしたり、他の運動とのバランスをとって、太ももだけが大きくなりすぎないように注意が必要です。


<<関連記事>>なぜ運動が続かないのか?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。