老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、60歳で退職して嘱託社員となり、3年間働いた場合、年金はいくら増えるのかについてです。
 

Q:60歳から嘱託社員として3年間は働きたいと思います。年金への影響は?

「私は昭和41年(1966年)1月15日生まれで現在55歳のサラリーマン。60歳で退職して嘱託社員となります。63歳ぐらいまでは、嘱託社員として働きたいと思っています。月収は20万円ほどの予定です。3年間厚生年金に入ることで、将来もらえる年金は、いくらぐらい増えるのでしょうか?」(55歳・男性・会社員)
60歳以降に厚生年金に入り、増える年金額はどうやって計算する?

60歳以降に厚生年金に入り、増える年金額はどうやって計算する?

 

A:ねんきんネットで試算が可能

ご相談者が嘱託社員の期間も厚生年金に加入し続け、老齢基礎年金を満額受給できるという前提で回答します。
 
まず、老齢厚生年金額は、生年月日が昭和21年4月2日以降の人の場合は、原則として下記の計算をします。

【1】平均標準報酬月額×7.125/1000×平成15年3月までの被保険者期間の月数
【2】平均標準報酬額×5.481/1000×平成15年4月以降の被保険者期間の月数

老齢厚生年金額は 【1】+【2】の合計額になります。
 
この式を見ると、相談者が60歳からの3年間、月額20万円で厚生年金に加入した場合には【2】の式の「平均標準報酬額」と「平成15年4月以降の被保険者期間の月数」に影響が出ることになります。
 
「平均標準報酬額」は、平成15年4月以降の被保険者期間の各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成15年4月以降の被保険者期間の月数で割った金額です。この方の過去の給与や賞与などの状況により異なることになります。平均標準報酬額には、月額20万円の3年分がプラスされ、「平成15年4月以降の被保険者期間の月数」には、36カ月が加算されることになります。

例えば平均標準報酬額が20万円で36カ月、厚生年金に加入した場合は、

20万円×5.481/1000×36カ月=年額3万9463円
が単純に増額することになります。※過去(60歳まで)の平均標準報酬額が20万円で、その後の3年間(36カ月)も20万円の場合と仮定
 
具体的には、ねんきんネットでも試算することが可能なので、ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事をチェック!】
56歳の夫は60歳から年金をもらうことができないのでしょうか?
70歳以降も会社員として働きます。厚生年金保険料は払い続けるのでしょうか?


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。