初心者のための相続税・税金 ガイド 坂口 猛

さかぐち たけし

税務・会計からの視点による、物事の本質を重視した、実務派FP

税務大学校を卒業後、税務・会計業務に従事して参りました。

税務・会計で培った数々の経験(視点)を活かし、相続・会計に強いファイナンシャルプランナーとして、少しでも多くの方々に貢献したいと思っております。

得意分野

相続 (相続税、相続手続き、遺言、遺産分割協議など)、税務(不動産所得、事業所得、譲渡所得ほか)、会計システム構築など

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数82

ガイドからの挨拶

相続におけるお悩みは数多くあり、その対応方法も、人それぞれです。昨今では、インターネット等の普及により、いろいろな情報が比較的容易に入手できるようになりました。

しかし、一つ一つの情報は正しくても、自分自身にとって正しいとは限りません。ある人にとっては正しくても、ある人にとっては誤りであるケースも多いものです。

また、税務・会計の視点は、実際に起こった事象を金額という物差しで表現することにより、多くの方々の理解を手助けする手法だと考えております。

この視点を活かし、少しでも多くの方々に、最適な情報の選択をして頂けるよう、物事の本質を分かりやすく、丁寧にお伝えしたいと思っております。

微力ではございますが、どうぞ、宜しくお願い致します。
 

 

ガイドの新着記事

  • 住民税が給与天引きされない場合はどうする?7月から変えられる?

    住民税が給与天引きされない場合はどうする?7月から変えられる?

    サラリーマンが支払う住民税は、原則として、前年分の所得に対する分が給与等から差し引かれることになっています。これを特別徴収といいます。給与支払者は、法人・個人を問わず、特別徴収義務者として、すべての従業員について、住民税を特別徴収しなければなりません。退職した・転職した場合年度の途中でも、普通徴収から特別徴収へ切り替えをすることが可能です。切り替えを希望する場合は、特別徴収への切替依頼書に必要事項を記入の上、市町村等に提出することになります。

    掲載日:2019年06月25日税金
  • 住民税の特別徴収税額の決定通知書ってどう見るの?

    住民税の特別徴収税額の決定通知書ってどう見るの?

    サラリーマンなどの給与所得者は、原則として毎年5月31日までに、会社などの給与の支払者を経由して、住民税の特別徴収税額の決定通知書を受け取ることになっています。何が書いてあるのでしょうか? 住民税の決定通知書の見方を解説します。

    掲載日:2019年06月25日税金