初心者のための相続税・税金 ガイド 坂口 猛

さかぐち たけし

税務・会計からの視点による、物事の本質を重視した、実務派FP

税務大学校を卒業後、税務・会計業務に従事して参りました。

税務・会計で培った数々の経験(視点)を活かし、相続・会計に強いファイナンシャルプランナーとして、少しでも多くの方々に貢献したいと思っております。

得意分野

相続 (相続税、相続手続き、遺言、遺産分割協議など)、税務(不動産所得、事業所得、譲渡所得ほか)、会計システム構築など

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数27

ガイドからの挨拶

相続におけるお悩みは数多くあり、その対応方法も、人それぞれです。昨今では、インターネット等の普及により、いろいろな情報が比較的容易に入手できるようになりました。

しかし、一つ一つの情報は正しくても、自分自身にとって正しいとは限りません。ある人にとっては正しくても、ある人にとっては誤りであるケースも多いものです。

また、税務・会計の視点は、実際に起こった事象を金額という物差しで表現することにより、多くの方々の理解を手助けする手法だと考えております。

この視点を活かし、少しでも多くの方々に、最適な情報の選択をして頂けるよう、物事の本質を分かりやすく、丁寧にお伝えしたいと思っております。

微力ではございますが、どうぞ、宜しくお願い致します。
 

 

ガイドの新着記事

  • 年収200万円・年収300万円の人のふるさと納税の上限額の目安は?

    年収200万円・年収300万円の人のふるさと納税の上限額の目安は?

    今回は年収200万円と年収300万円のサラリーマンのふるさと納税の上限額を紹介します。上限額とは、最低負担額2000円で済む寄付金額の目安とします。 独身者又は夫婦共働きの場合、妻が 専業主婦やパートの場合、高校生がいる場合について上限額を解説します。例えば、年収300万円のサラリーマンの上限額は、独身者又は夫婦共働きの場合は約28,000円となります。

    掲載日:2018年11月13日確定申告
  • ふるさと納税ワンストップ特例を申請後に確定申告が必要になったら?

    ふるさと納税ワンストップ特例を申請後に確定申告が必要になったら?

    ふるさと納税先の自治体に「ワンストップ特例の適用に関する申請書」を提出した後に、医療費控除ができることがわかった、年末調整で生命保険料控除やiDeCoなどの申請も書き忘れてしまった、などの場合はどうすればいいのでしょうか?この場合は、ふるさと納税のワンストップ申請書を提出しなかったものとして、確定申告を行えばよいことになります。確定申告を行うと、ワンストップ特例制度の申請が自動的に無効となります。 

    掲載日:2018年11月12日確定申告