初心者のための相続税・税金 ガイド 坂口 猛

さかぐち たけし

税務・会計からの視点による、物事の本質を重視した、実務派FP

税務大学校を卒業後、税務・会計業務に従事して参りました。

税務・会計で培った数々の経験(視点)を活かし、相続・会計に強いファイナンシャルプランナーとして、少しでも多くの方々に貢献したいと思っております。

得意分野

相続 (相続税、相続手続き、遺言、遺産分割協議など)、税務(不動産所得、事業所得、譲渡所得ほか)、会計システム構築など

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数84

ガイドからの挨拶

相続におけるお悩みは数多くあり、その対応方法も、人それぞれです。昨今では、インターネット等の普及により、いろいろな情報が比較的容易に入手できるようになりました。

しかし、一つ一つの情報は正しくても、自分自身にとって正しいとは限りません。ある人にとっては正しくても、ある人にとっては誤りであるケースも多いものです。

また、税務・会計の視点は、実際に起こった事象を金額という物差しで表現することにより、多くの方々の理解を手助けする手法だと考えております。

この視点を活かし、少しでも多くの方々に、最適な情報の選択をして頂けるよう、物事の本質を分かりやすく、丁寧にお伝えしたいと思っております。

微力ではございますが、どうぞ、宜しくお願い致します。
 

 

ガイドの新着記事

  • ノンアルコールビールは8%?消費税の軽減税率で適用されるものは?

    ノンアルコールビールは8%?消費税の軽減税率で適用されるものは?

    2019年10月1日から消費税等が10%になりますが、飲食料品代や新聞代などは8%のままになる制度を「軽減税率」といいます。飲食料品が8%ということは知っているものの具体的内容はよくわからないという人も多いと思います。酒や栄養ドリンク、サプリメント、フードイベントでの飲食など、何が10%でどれが8%のままなのでしょうか?どうやって見分ければいいのでしょうか?

    掲載日:2019年09月04日税金
  • 消費税増税の経過措置って?2019年3月31日もポイント!

    消費税増税の経過措置って?2019年3月31日もポイント!

    2019年10月1日から消費税等が10%に引き上げられる予定です。飲食料品と新聞は、軽減税率として8%のまま据え置かれることがよく報道されていますが、他にも旅客運賃や、請負工事などが該当する経過措置というものがあります。今回はその内容を解説します。

    掲載日:2019年08月01日税金