ダイエットガイド歴3年。全てのダイエットグッズに夢をはせたあのころの愚かしくも輝いていた自分にはもうもどれないのか?省みるは一介のダイエッター。つーか、初心に返って、いろいろなダイエット関連食品を再度食べてみることにしました(今回のシリーズは効く効かないの話は追求しないと心に決めておりますので「そんな商品もあるんだね」という参考程度に読んでください)。

その第一回目はいきなり最終兵器のようなダイエット補助食品「BOWS(株式会社バリアスラボラトリーズ)」。
サイリウム(食物繊維)を主成分とするいわゆるカロリーカット系の補助食品で、何が最終兵器かといえば、その販売促進用のパンフレットに書いてある宣伝文句がスゴイ!

一部抜粋すると…。

『太りたくない!食べたい!リバウンドしたくない!でも食べたい!痩せたい!どうぞ、食べて戴いてOKです。BOWSは食べた油分、糖分、塩分などを包み込んで、身体吸収をブロック(平均で約80%)。当然、便の量も増大します。また、BOWSは油分の腸への再付着を防止するコーティングシステムを有していますから、「宿便」の元となる酸化した油のカスの滞留を許しません。BOWSに含まれるビフィズス菌が、ミセル化された油分の10%程を餌としながら増殖していき、腸内はいつも善玉菌優勢状態。だから便が太くなり、色も黒く(腸内に長期間滞留していたコールタール状のヘドロが少しづつ剥離)なります。その量と太さに驚かないでください。BOWS1包で約720kcalに有効です。1回で何包という制限はありません。食べたカロリーを数値に見合う量をご飲用ください(例、2100kcalの食事の場合は、720kcal×3包となります)。』

とのこと。

ん~、これが本当だとすると「食べた油分、糖分、塩分などを包み込んで、身体吸収を平均で約80%ブロックして排出する」わけだから、逆にいうと必須脂肪酸などの身体に絶対に必要な栄養素の摂り方を研究しないと大変なことになりそうな印象を受けます。

また、最後の方に書いてある『BOWS1包で約720kcalに有効です』は何が何に有効なのか?と頭を悩ましていたら、そのパンフレットの下の方にこんな補足説明が。

次ページにつづく…