公的年金は毎年改定され令和3年度は0.1%の減少となりました。今後も受け取る年金額が減ることはあっても増えることはなさそうです。今回は公的年金が減らされる中で、それを乗り切る家計の見直し方法を考えてみたいと思います。

《目次》
令和3年度から年金額は0.1%減少します
年金減を乗り切るには現役時代から家計の見直しを
意味のない出費をなくす
お金の使い方に優先順位をつける
固定費を削減する方法を考える
まとめ
 

令和3年度から年金額は0.1%減少します

厚生労働省の発表によると、令和3年度の年金改定率は0.1%のマイナスとなりました。これは令和3年4月以降、新たに年金をもらう方(新規裁定者)だけでなく既に年金をもらっている方(既裁定者)も同様です。
令和3年度,新規裁定者,年金減少額

令和3年度の年金減少率は0.1%になりました

公的年金制度は現役世代が納める保険料を年金受給者の財源にあてる賦課方式のため、現役世代の賃金が下がれば年金も下げるのが基本ですが、これまでは既に年金をもらっている方の年金額が減らないよう、賃金が下がっても物価が下がっていない場合には年金額を据え置いたり、物価よりも賃金の下がり幅が大きい場合には物価の下がり幅を用いたりしていました。

しかしながら現役世代の賃金が下がるのに年金額が据え置かれるのはどうかとの意見もあり、令和3年度からは、物価よりも賃金の下げ幅が大きい場合には賃金に合わせて年金額を改定するという原則が用いられることになりました。

注:毎年の年金改定には「物価」「賃金」「マクロ経済スライド」の3要素が加味されますが「マクロ経済スライド」の率は翌年度以降に繰り越されました。

《参考》厚生労働省 Press Releass
 

年金減を乗り切るには現役時代から家計の見直しを

年金をもらうようになって現役時代と同じような支出をしていたのでは家計は赤字になるのは目に見えています。現役時代から老後に備えた生活のダウンサイジングをし、その生活を身につけておくと年金生活となっても慌てなくて済みます。

次に現役時代からとれる家計の工夫で効果的なものを3つあげてみます。
 

意味のない出費をなくす

何に使ったか分からないけど、いつのまにか財布の中身がなくなっている。誰しもそのような経験はあるのではないでしょうか。まずは本人が意識せず使っている「意味のない出費」をなくしてみましょう。

そのために効果的なのは「家計簿」をつけることです。ただ注意したいのは家計簿をつけるのが目的ではなく「意味のない出費」を振り返るためのツールなので1円単位まで合わせる必要はありません。面倒になり途中で投げ出してしまっては意味がないので、何にいくら使ったのか傾向が分かる程度でかまいません。

1カ月つけたならば月の収入と家計簿の支出を見比べてみてください。差があればそれが「使途不明金」です。それは何に使ったのでしょうか? まずはそこをなくすことを考えましょう。

なおスマートフォンのアプリにはカメラ機能でレシートを読み込み、月の収支をグラフ化してくれるものがあります。いちいち計算機を用いる必要もなく手軽に家計簿がつけられますので試してみてはいかがでしょうか。

《参考》
家計簿アプリ マネーフォワード
家計簿アプリ Zaim
 

お金の使い方に優先順位をつける

家計簿をつけてみたら飲み会が多い、コンビニでの支出が多い、スマホ代が高い、などいろいろなことが分かるかと思います。もちろんご自身にこだわりがある支出であればよいですが、そうでないものもあるはずですので、まずは各項目に優先順位をつけましょう。

「本当はそこまでお金をかける必要はないのに……」と思った項目は優先順位の低い項目です。その項目を減らす方法はないでしょうか?
 

固定費の削減方法を考える

家計簿をつけてみると毎月決まって出ていくお金、いわゆる「固定費」も分かるはずです。こまめに電気を消す、水道を出しっぱなしにせず光熱費を少なくする、それは当然に身につけておけば年金生活になった時にも役に立つでしょう。

しかしそれ以上に効果的なものとして「保険料」「住居費」「車にかけるお金」などは見直しどころです。お子様が大きいのに多額の死亡保険に入っていないでしょうか? 賃貸にお住まいの方は年金生活になってもその額は支払い可能でしょうか? 持ち家の方でローンを組まれている方は年金生活後も無理のない額でしょうか? 現在住んでいる自宅の固定資産税は年金生活を考えると高くないでしょうか?

また車は固定費の高い代表格です。こだわりがないのであれば最近はカーリースもかなり普及していますので、選択枝の一つに考えてもよいと思います。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。この先、公的年金は減らされることはあっても増えていくことはないでしょう。そのため年金をもらう年になって現役時代と同じ感覚で生活すると家計が苦しくなるかと思います。その時になって家計の見直しをするのは非常にストレスかと思いますので、収入に余裕のある現役時代から家計改善に取り組んでいくことをお勧めいたします。

【関連情報をチェック】
老後の生活はいくらかかる、気をつけたい出費とは?
年金受給しながら働く人は確定申告が必要?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。