メルカリのマイページでは出品した商品、購入した商品、「いいね!」の管理などができますが、「いいね!」と並んで「閲覧履歴」があるのに気づくと思います。メルカリで商品ページを見ると、それが閲覧履歴として残るのですが、普段はあまり気にしないかもしれませんね。実は意外と便利な機能だったりもするので、この記事で閲覧履歴について、詳しく解説していきます。
 

メルカリの閲覧履歴とは?

メルカリの閲覧履歴は、マイページの「いいね!・閲覧履歴」から見ることができます。
閲覧履歴

閲覧履歴

ユーザーが見た商品の一覧のことで、意図的に見た商品でも間違ってページを開いてしまった商品でも履歴として残ります。
上から新しい順に並ぶ

上から新しい順に並ぶ

上に表示される商品が一番直近で見た商品で、過去3カ月以内で200件が閲覧履歴に残っています。
 

閲覧履歴は消すことができない

2021年4月時点では、閲覧履歴は自分で消すことができません。200件以上になるか、見てから3カ月が経つと古い順から自動的に消えていく仕組みです。ただし、出品者が商品を削除した場合には、閲覧履歴から消えます。また相手からブロックされていると、閲覧履歴でも表示されなくなります。
 

閲覧履歴の使い方

ではメルカリの閲覧履歴は、どんなときに使えるのでしょうか?

■過去に見た商品に戻る
まずは、単純に過去に見た商品を確認するときです。いいね!をすれば、いいね!一覧で管理ができるのですが、見ているときには特に欲しいと思わなかったので「いいね!」をしない商品もありますよね。でも後になって「やっぱり気になる」というときに、戻ることができるのです。
 
■「いいね!禁止」に対応する
メルカリは「いいね!」を禁止する出品者もいるので、いいね!ができず商品管理ができないケースがあります。そのような場合にも、閲覧履歴に戻れば商品の確認が簡単にできます。
 
■売り切れた商品の出品者が他に出品している商品を探す
閲覧をした商品が後になって気になっても、売り切れになってしまうことも少なくありません。そのような場合でも閲覧履歴に残るので、同じ出品者の商品を探すことも可能です。例えば「みかん」をチェックした後にすぐに売り切れになってしまったとしたら、閲覧履歴で出品者の他の出品物を見て、出品していたら購入ができるということです。
 

自分の記憶にない商品が閲覧履歴にあったら?

もし閲覧履歴に自分が見た記憶がない商品があったら、他の人がメルカリを使っている可能性が考えられます。そのような場合には、家族に確認をしてみるといいですよ。以前筆者が閲覧履歴を見たら、筆者が見た覚えがない商品が並んでいました。

そのときには子供が見ていたと分かったのですが、他人に使われてしまう可能性も否定できないので、閲覧履歴は定期的に見た方がいいかもしれませんね。
 
もし家族も見ていないとなったら、全くの他人が見ている可能性があるので、パスワードを変更しましょう。「マイページ」の「個人情報設定」から再設定ができます。
パスワードの変更をする

パスワードの変更をする

また、念のためメルカリ事務局に連絡をしておいてもいいですね。もしかしたら他にも被害が出ているかもしれませんし、思った以上に大きな被害につながるかもしれません。それを防ぐために情報共有をしておきましょう。
 

【メルカリの使い方おすすめ記事】
メルカリの使い方を徹底解説! 始め方を出品/購入別に分かりやすく紹介
メルカリ発送方法の種類と比較! 安いのは?
メルカリで即売れる10のコツ!
メルカリで売れないのはなぜ? 
メルカリで多いトラブル事例8選!
メルカリでいいねがつく意味とついても売れない理由

【こちらもチェック!】
100均など安い商品をメルカリで売るコツは?
4月にメルカリで売れやすい商品はコレ!
教科書はメルカリに出品してもいい? 新年度に気をつけたいフリマアプリの使い方
 

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。