親子で手作りも楽しい! こどもの日メニュー4選

子どもの日には、華やかで楽しい、子どもが大喜びのメニューで食卓を飾りましょう! 親子で一緒に作ったり、盛り付けたりする工程も楽しめるレシピを集めました。見るだけでワクワクする鯉のぼり型のお寿司や伝統のかしわ餅、豪華なデザートまで、子どもの日をお祝いするメニュー4選です。
 

1:鯉のぼりの押し寿司

こどもの日メニュー 鯉のぼりの押し寿司

鯉のぼりの押し寿司(出典:こどもの日に……鯉のぼりの押し寿司

こどもの日の主役になる、華やかでインパクト大の鯉のぼり型お寿司に子どもも大喜び! サーモンやホタテ以外にも真鯛やとびこなど、お好みのお刺身で、とびきり美味しいお寿司を作りましょう。押し寿司の型は、パウンドケーキの型2つで代用できます。子どもと一緒に飾り付けをしても楽しいですね。

【作り方】4人分
  1. 昆布1片を入れてご飯を2合分、固めに炊き上げる
  2. ご飯を炊いている間に、具を用意。卵(L)1個にみりん小さじ1と塩ひとつまみを加えてよく溶き、薄焼きにする。千切りにして錦糸玉子を作る。うずらの卵1個はゆで卵にして半分に切り、とがった両端を切り落とす。刺身用サーモン1/2サクは縦半分に切って薄切りに。刺身用のホタテ4個も薄切りにする。焼き海苔適量も用意しておく
  3. 炊き上がったご飯に酢大さじ4、砂糖小さじ1、塩小さじ1/4をよく混ぜて作った寿司酢と桜でんぶ大さじ2、千切りにした大葉5枚分、白ごま大さじ1を加え、うちわなどであおいで冷ましながら混ぜ、寿司飯を作る
  4. 長方形の押し型に半量の寿司飯を平らにならして詰め、その上に錦糸玉子をまんべんなく敷く。覆うように、残りの寿司飯を平らにならして敷き、型で押して角型にする
  5. 型抜きした寿司飯の片方を、尾の形になるように三角に切る。尾のほうからサーモンとホタテを交互に並べてウロコのように飾る。海苔で顔との仕切りをし、目の位置にうずらの卵をのせて、黄身の上に丸く切った海苔をのせて目玉にしたら、完成
 

2:お弁当に! 鯉のぼりにぎり

こどもの日メニュー お弁当に! 鯉のぼりにぎり

お弁当に! 鯉のぼりにぎり(出典:簡単でかわいい、鯉のぼりにぎり

こどもの日のお弁当やプレートにも映える、カラフルなかわいい鯉のぼりのおにぎり。それぞれ違った味が楽しめて、小さなお子さんでも食べやすいサイズ。扱いにくいスライスチーズもストローで型抜きするので簡単です。細かい工程が少ないので、キャラ弁に自信がない人にもおすすめ!

【作り方】300mlお弁当箱用
  1. ピーラー、キッチンばさみ、楊枝、ストロー、タピオカストローを用意。120g程のご飯を3等分にして、ツナの缶詰適量とマヨネーズ適量、醤油少々を混ぜたツナマヨの具を入れ、丸い形の平たいおにぎりを3個作る
  2. カニカマ1本は赤い部分を剥ぎ、きゅうりは種の少ない外側をピーラーで1枚スライスしてキッチンペーパーで水分をとる。海苔をハサミで細く4本切る
  3. 3個のおにぎりそれぞれの中心に、海苔、カニカマ、きゅうりをのせ、具材の両端を留めるように海苔を巻く
  4. 海苔を切って、鯉のぼりの黒目を3個作る。白目はタピオカストロー、模様の部分はストローを使って、スライスチーズを丸く型抜きする。ヒレは楊枝でカットする
  5. おにぎりに楊枝を使ってパーツをのせて、完成
 

3:柏餅

こどもの日メニュー 柏餅

柏餅(出典:こどもの日に…柏餅の簡単な作り方(味噌あん・粒あん)

こどもの日といえば、柏餅! 市販のあんこと電子レンジを利用して作る、味噌あんと粒あん2種類の簡単柏餅のレシピです。餅生地をこねたり成型したりする作業は、子どもも大喜びで参加してくれるはず。一緒に楽しみながら作りましょう!

【作り方】8個分
  1. 市販の白あん100gに三温糖(または上白糖)大さじ2を加え、よく混ぜる。電子レンジ(600W)で30秒加熱して一度取り出し、あんを練る。この作業を合計3回繰り返す
  2. 【1】に白味噌20gを加えてよく混ぜる。電子レンジ(600W)で20秒加熱したら取り出して練る、という作業を合計2回繰り返す。つやが出るまでよく練ったら、室温に置いて常温になるまで冷ます
  3. 上新粉150gと餅粉30g、三温糖(または上白糖)大さじ1、塩ふたつまみをボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜる。60℃程度のお湯180㏄を全体に回しかけ、木ベラで湯を全体になじませるようによく混ぜる。全体がなじんだら、生地がまとまってなめらかになるまで、手でよくこねる
  4. なめらかになった生地をまとめ、袋またはラップでくるみ、30分ほど室温に寝かせる
  5. 生地を寝かせている間に、市販の粒あん100gと【2】の味噌あんをそれぞれ4等分にし、丸めて成形しておく
  6. 寝かせた生地を適当な大きさに小さくちぎって丸め、蒸し器の台に固く絞った濡れぶきんを敷いて上にのせ、強火で約30分蒸す
  7. 蒸しあがった餅をふきんごと蒸し器から取り出し、ボウルに移して全体が1つにまとまるまで、すりこぎなどでよくつく
  8. 全体が1つにまとまったら一度冷水につけ、粗熱をとります。まだ温かさが残る間に水から取り出し、手でよくこねる
  9. 餅を8等分にして、それぞれ小判型にのばし、中にあんを入れて半月型に包む。包んだら、あんが飛び出さないようしっかりと端をくっつける
  10. 蒸し器の台に固く絞った濡れぶきんを敷いて、成形した餅を上にのせ、中火で約10分蒸す。蒸しあがったらそのまま冷まし、餅が冷えたら、味噌あんは柏の葉っぱの表側を表にして、粒あんは裏側を表にして包む
 

4:フルーツシフォンケーキ

こどもの日メニュー フルーツシフォンケーキ

フルーツシフォンケーキ(出典:こどもの日のフルーツシフォンケーキ

炊飯器で焼くシフォンケーキは、生地がキメ細かく、しっとりふわふわ。生地の調理時間は10分で、ケーキを焼くのは炊飯器のスイッチを入れるだけ。豆乳とハチミツの入ったしっとりシフォン生地に、ホイップクリームとお好みのフルーツをたっぷりと飾った、豪華なケーキを囲んで子どもの日をお祝いしましょう。

【作り方】3合炊き炊飯器用
  1. 卵(L)2個は卵黄と卵白に分けて、それぞれ別のボウルに入れる。卵白は冷たいものを用意。薄力粉55gは2~3回ふるっておく
  2. 卵白をハンドミキサーで泡立て、白っぽくなったら塩を耳掻き1杯程度と砂糖25gを加え、角がピンと立つまで泡立て、しっかりとしたメレンゲを作る
  3. 同じハンドミキサーで卵黄を混ぜ、ハチミツ25gを加えてもったりするまで混ぜる。サラダ油35ccを少しずつ加えながら混ぜ、豆乳45ccも同じように少しずつ加えながら、混ぜる
  4. ふるっておいた薄力粉を広げて入れ、ハンドミキサーの低速で、粉っぽさがなくなるまで10~15秒程混ぜる
  5. メレンゲの1/4量を加え、低速で混ぜてなめらかな生地にする。ハンドミキサーをゴムベラに替えて残りのメレンゲを加え、泡をつぶさないようにさっくりと手早く、生地にムラがなくなるまで混ぜる
  6. 炊飯器の内釜に流し入れる。布巾の上に軽くトントンと2~3回落として泡切りする。ケーキ炊きコースか、なければ普通に炊く
  7. スイッチが切れたら、素早く試し串をして、少し生焼けのようなら数分追い炊きする。40分程度炊いていて、釜いっぱいに膨らんで表面が水っぽくなければOK。すぐに取り出し、ケーキクーラーの上に逆さにし、ザルにのせて冷ます。ケーキが自然に下に落ちたら、釜を外して完全に冷ます
  8. ホイップクリームを塗り、イチゴやキウイ、バナナ、パイナップルなど、お好みのフルーツを刻んで飾ったら、完成
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。