【編集部より無料オンライン講座のお知らせ】
ベテラン介護福祉士のガイドが解説「今から備える介護の基礎講座」開催!
◆4月15日(木)20:00~21:00 開催◆
無料お申し込みは、コチラのリンクから(締切: 4月14日(水)17:00)


運動不足解消におすすめのエクササイズ動画は?

運動不足解消にエクササイズ動画

運動不足解消にも効果的なエクササイズ動画。その中で注目を集める「自衛隊体操」とは?

「運動不足を解消したい!」という気持ちはあるのに、ハードルが高くて始められないという人はいませんか? 外出自粛の期間中、日常的な活動量まで低下してしまい、運動不足によるさまざまな不調に悩んでいる方も少なくないかもしれません。

最近は動画でエクササイズやストレッチを紹介するチャンネルも増えています。「自宅にいながら」「手軽に楽しめる」運動を探している人も多いのではないでしょうか? 今回は自宅でできる手軽な運動として、今注目を集めている「自衛隊体操」についてご紹介します。
 

自衛隊体操とは何か……種類・内容・消費カロリー

「自衛隊体操」とは、現役自衛官の体力づくりとして、1952年頃に警察予備隊普通科学校体育班によって考案されたエクササイズです。朝に行うラジオ体操のように準備運動として、陸上・航空の両自衛隊で実践され続けています。

ラジオ体操のような動きながらも、全身を使ってさらにダイナミックな動きを行うため、一回で消費されるカロリーは平均31kcal。ラジオ体操第一と比較して2倍以上のカロリーを消費するという測定データ※もあります。
 
ちなみに海上自衛隊は「海上自衛隊体操」という独自の体操を取り入れており、こちらは18種目4分程度のエクササイズです。自衛隊体操よりもやや短く、エクササイズの運動強度も軽いため、これから運動を始めるという方には海上自衛隊体操の方が取り組みやすいでしょう。
 

自衛隊体操の運動効果・健康効果・体操方法の動画リンク

自衛隊体操は「振る」「回す」「ひねる」「倒す」「跳ぶ」といった筋肉と関節を動かすために必要な動作が網羅されています。関節可動域いっぱいに体を大きく使って行うと、「ラジオ体操以上、筋トレ未満」という運動強度が運動不足解消につながり、短い時間で実践できるところもいいですね。今まで運動習慣がなかった人を想定してみると、筋力はもちろん柔軟性やバランス能力、姿勢の改善などを始め、運動不足によって起こる肩こりや腰痛などの改善も期待できます。また運動そのものによる睡眠の質の向上や心身のリフレッシュにもつながるものと考えられます。

具体的な自衛隊体操の方法は、YouTubeの陸上自衛隊の広報チャンネルに「自衛隊体操」の動画が載せられています。海上自衛隊体操については、防衛省海上自衛隊公式チャンネルの「【運動不足解消】自宅で「海上自衛隊第1体操」をやってみよう!」で紹介されていますので、自分に合う方を試してみてはいかがでしょうか。
 

自衛隊体操を始める際の注意点……強度の調節と軽いストレッチも忘れずに

特に陸上・航空自衛隊が行っている自衛隊体操はダイナミックな動きが多く、運動強度が高いです。いきなり21種目をすべて行おうとせず、できるものを中心に4~5つのエクササイズから始め、慣れてきたら少しずつ実施種目を増やしていくのが良いと思います。急に体操を始めるのではなく、準備段階として全身の関節を軽くほぐすことも忘れずに。

また、自宅でできる運動ではあるものの、大きな動きを伴うため、手足を十分にひろげられるスペースを確保することも必要です。

海上自衛隊が行っている体操は陸上・航空自衛隊のものに比べると運動強度がゆるやかですが、こちらも体調に合わせてエクササイズの種目を増やしていくようにしましょう。
 

自衛隊体操で健康促進、シェイプアップも!

自衛隊体操のような全身運動を習慣化することで、健康促進のみならず、体を引き締めるシェイプアップ効果も期待できます。短時間で取り組みやすい自衛隊体操ですが、関節の動く範囲である「関節可動域」をめいいっぱいにまでひろげて、ダイナミックに行うと運動強度もかなり高くなると考えられます。これから運動を始めようかなという方はまずできそうなエクササイズを選んで行い、そこから少しずつ種目を増やしていくようにしましょう。
 
■参考書籍

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項