人生100年といわれる時代の中で、40代はどんなことにお金を使っていけばいいのでしょうか。高年齢者雇用安定法の改正があり、働く時間が長くなってきます。40代の社会での立ち位置を踏まえたお金の使い方を、セゾン投信株式会社の中野晴啓会長に伺います。

今回の質問はこちら。

Q:40代はどんなことにお金を使っていけばいいのでしょうか?

 

30代よりも経験や知識がある40代

中野さん:30代と同様、今の40代も昔の40代とは大きく異なってきています。人生100年という長いスパンで見たら、まだまだ若者世代に位置しますよね。実際に40歳になってみたら、自分がイメージしていた40代とは違うと感じる人も少なくありません。人生の折り返し地点にもなっていないのですが、何にお金を使っていくべきかは、30代よりも真剣に考える必要があるのは事実です。
 
40代になっても自分への投資にお金を使っていくのが、最もスマートな方法だと思います。会社の中でスキルアップもしていますし、もしかしたら転職によってキャリアアップをするかもしれません。ただ30代と比べたら、社会での経験値が全然違いますよね。仕事をする中で培った能力や知識は、30代よりも10年分多いわけです。経験は財産だと考えていいでしょう。
 

70歳まで現役になる時代が見えてきた

中野さん:そういった経験や知識がある中でさらに自分を高めていくには、時間がまだまだあると考えるといいと思います。少し前までは60歳で定年を迎えたので、40代になるとそろそろ先が見えてきたかなと考えることもありました。でも現代は65歳以上の雇用者も増えています。

参考記事:定年退職の平均年齢。かつては55歳が主流。現在は?

高年齢者雇用安定法の改正が行われて、令和3年4月1日から施行されます(※1)。これによって70歳まで仕事をする機会が得られやすくなるのです。要するに、70歳までは現役で働けるということですよね。
 
ということは、40歳ではまだまだ働く時間がたっぷりあると言ってもいいでしょう。だからこそ、先が見えてきたなんて思ってはいけないし、むしろもっと自分のスキルを高めるためにお金を使うことが大切です。

国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査」によると、40~44歳の平均給与は476万円、45~49歳は499万円です(※2)。平均で見ると40代は幸い収入は増えていくので、その分は自分に投資していく。これが40代が優先的にすることではないでしょうか。
 
参考資料
※1「高年齢者雇用安定法の改正~70歳までの就業機会確保~」厚生労働省
※2「令和元年分民間給与実態統計調査」国税庁
 

70歳まで現役になることの本当の意義

中野さん:高年齢者雇用安定法の改正は、シンプルにいえば定年を70歳に引き上げるよう企業に努力義務が課せられるということです。なぜこのような改正があるのかというと、その背景には現行の社会保障制度を維持可能なものとする政府の狙いがあります。

公的年金にしても、平成12年の法律改正によって老齢厚生年金の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられました。さらに令和2年の年金制度改正法(※3)によって、老齢厚生年金だけでなく老齢基礎年金も、60~75歳まで受け取り年齢を選べるように改正されました。加えて、受給開始時期が1カ月繰り下がると、もらえる年金が0.7%プラスされるというメリットもあるので、働いているうちは年金を受け取らなくてもいいかなと考える人もいるでしょう。

労働者の人口が減らないことによって、厚生年金など社会保障を負担する側の人数も減りませんよね。逆に社会保障を受け取る側の人口が減るので、社会保障の仕組みが維持されるというわけです。おそらく今後も、このような政策が行われると思います。それを踏まえて人生設計をしていくことが、これからの時代を生きる人に求められることなのです。

参考資料
※3「年金制度改正法(令和2年法律第40号)が成立しました」厚生労働省
50~60代の皆さんへ」厚生労働省
 
――次回は「これからの50代は何にお金を使ったらいい?」について聞いていきます。

教えてくれたのは……
セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO 中野 晴啓(なかの はるひろ)
セゾン投信の中野晴啓会長

セゾン投信の中野晴啓会長

1987年クレディセゾン入社。セゾングループの金融子会社にて資産運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金運用のほか、海外契約資産などの運用アドバイスを手がける。その後、クレディセゾンインベストメント事業部長を経て、2006年セゾン投信株式会社を設立。2020年6月より現職。現在2本の長期投資型ファンドを運用、販売しており、顧客数は約15万人、預かり資産は4000億円を超える。一般社団法人投資信託協会理事。公益財団法人セゾン文化財団理事。著書に『預金バカ』(講談社+α新書)、『つみたてNISAはこの8本から選びなさい』(ダイヤモンド社)など。
 

【記事一覧】
減る年収と増える税金…お金との付き合い方は今後どうするべき?
お金はどうすれば稼げるようになる? 経済のプロに年収を上げる方法を聞いてみた
人生100年時代、これからの30代は何にお金を使ったらいいのだろう
・70歳まで現役が見えてきた今、40代は何にお金を使ったらいいのだろう(本記事)


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。