肩こりや腰痛など……在宅ワーク中の体の苦痛は「活動量の低下」から

苦痛の原因は「活動量の低下」

苦痛の原因は「活動量の低下」

在宅ワークで起こる様々な苦痛は「活動量の低下」が原因です。多くの方が訴える肩こり・首こり・腰痛・むくみですが、会社に出勤していた頃はそれほど感じていなかったはず(少なくとも今よりは……)。何が変わったこといえば、日頃の「活動量」が変化しました。

それまでは、出社するために歩いたり、コピーをとるためにデスクを離れたり、打ち合わせのために別のフロアまで歩いたりと、何かと活動していたはずです。しかし、在宅ワークになってから、それが一切なくなりました。前と同じくらいの活動量に戻すことができれば、様々な苦痛から解放されるはずです。
 

在宅ワーク中に活動量を増やすには? 3つのアイディアをご紹介!

活動量を増やすためのアイディアを3つご紹介します。ぜひお試しください。

■ 活動量を増やすアイディア1:1日2リットルの水を飲む
1日2リットルの水を飲む

水を飲んでお手洗いに行く回数を増やし、活動量を増やすのもアイディア

水を飲む量を増やすとお手洗いに行く回数が増えるので、その度に活動量を増やすことができます。最近ではウェアラブル端末によって運動するよう促されますが、そのような類の忠告は無視することもできますよね。しかし、お手洗いに行くという生理現象を無視することはできません。水を飲むことは体の代謝を維持するうえでも大事なことですから、一石二鳥のアイディアです。

■ 活動量を増やすアイディア2:健康サンダルを履く
いぼいぼが付いたものなど、健康サンダルを履く

いぼいぼが付いたものなど、健康サンダルを履く

スリッパの表面にいぼいぼが付いた商品があります。いぼいぼスリッパに変えるだけで姿勢がよくなり、肩や腰にかかる負担を減らすことができます。

いぼいぼスリッパの効能について、参考になる本の一部を引用します。

いわゆる健康サンダル(インソールに凹凸のあるシューズ)を履くことで、足底の機械的受容器に対する刺激を増強させると、姿勢動揺量が減少するという報告がある。(『姿勢と歩行 協調からひも解く』216ページを参照)


つまり、いぼいぼの凹凸が付いたスリッパを履くことで、姿勢を維持するために必要な筋肉が働きやすくなるのです。普段使っているスリッパを、いぼいぼに変えるだけで姿勢が良くなるので、ぜひお試しください。

■ 活動量を増やすアイディア3:物の配置を変える
物の配置を変えてみる

家具や椅子周りの物の配置を変えてみる

仕事に必要なアイテムの配置を変えてみましょう! 手を伸ばさないと届かない場所に置いてみたり、後ろを振り向かないと確認できないような配置に変えることで、自然と体を動かす機会が増えます。特に、体のひねりが促されるような場所に物を置くのがおすすめ。ひねり運動は一度にたくさんの筋肉が使われるので、活動量を増やすうえでは有利です。準備もいらず、すぐ試せることなのでやってみましょう。
 

在宅ワーク中に活動量を増やすポイントは「強制力」!

体を動かすことは大事とわかっていても、なかなかできないのは「強制力」がないからです。例えば、1時間に1回最低3分は体を動かす! というルールを設けても、面倒になってそのうちルールがあったことすら忘れてしまいます。そうではなく「やらざるを得ない状況」をつくってあげれば、自然と活動量は増えていくはずです。

この先も在宅ワークは続いていくわけですから、何かしらの対策は取らなければいけません。「強制力」というポイントをおさえて、あなたなりのアイディアを考えて実行してみましょう!
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。